FC2ブログ
07 月<< 2019年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

福島に行ったった〜4



そう言えば。
ゴールデンウィーク中、福島県に行ってまして。









G「ペネロペ....ちょ、ちょっと〜」
L「ペネロペ、美味しいものを独り占めする気?」
P「あら、こんかいの ふくしまりょこうは、わたしが しゅやくよ!というわけで、いただきま〜す。むしゃむしゃ.....」
G「えぇ!?どういう事??」



何故、ペネロペが主役なのか?
それは後程お伝えするとして。

「美味しくてリーズナブルなカフェがある」

と、姪っ子に勧められ行ったのが、さとう珈琲本店(←食べログ)というカフェ。

古民家をリノベしたお店で、雰囲気はとても素敵。
大きな一枚板が天井に張られているのですが、今の住宅では 同じ様に張ることが出来ないそうで。

で、この日頂いたのが、玉子サンドセットとトーストセット。
どちらもヨーグルトと飲み物が付いてます。

P「パンがフワッフワだね〜。とっても いいかおりだね〜」
L「ペネロペ、口の周りジャムまみれよ」
P「えへっ」



あたしはトーストの方をチョイスしたのですが、もっちりとしていて とても美味しかったです。

普段、あたしはコーヒーを飲まないのですが、この日は頂いてみまして。
すっきりとしたお味、香りも素敵で 美味しかったなぁ。






次に向かったのが......







IMG_0934_convert_20190521210620.jpeg
L「いちご園に到着〜。あら?主役のペネロペは?」
G「お腹いっぱいになって 寝てるよ」



自由奔放な主役だなぁ。




あたし。
『〜狩り』的なこと、大人になってから やった記憶がなくてねぇ。
姪っ子に そう伝えましたら、じゃあ 苺狩りしよう!と、なりまして。

今、ちょいと思い出したのが、小さい頃に薩摩芋掘りして、それを絵にしてコンクールに出しましたら、(運良く)賞を頂いたなぁ。
あと、高校生の時の修学旅行で、オーバーオール着て、泥だらけになりながら じゃが芋掘りしたなぁ。

『〜狩り』じゃなくて、『〜掘り』だった。





IMG_0920_convert_20190521210644.jpeg
G「リサ、苺がたぁくさん!」
L「もぐもぐ......とっても美味し〜!」


時期が少し過ぎてるとの事でしたが、いやいや甘いです。
(甘い苺だけを選んで食べたからなんだけど)


4〜5種類の苺が育てられていて、確か30分食べ放題。
蜂を使って受粉させているので、黒い服は避けたほうが宜しいかと。
......あたしは、着て行っちゃいましたけど。

苺狩りを し終えたら、豚汁が頂けます。





その次向かったのが.......








RIMG1977_convert_20190521210724.jpg
G「五色沼に到着〜!そして主役のペネロペは まだ寝てます」
L「車の中で ず〜っと はしゃいでいたから 疲れちゃったのよ、きっと」


旅行サイトで、綺麗なグリーンの水面の写真を見て、あたしもこの目で見たいわ〜と願っていた五色沼。


L「全然グリーンに見えない...」
G「曇っているからなのかなぁ??」





RIMG1980_convert_20190521210744.jpg
G「リサ見て!エメラルドグリーンだよ!」
L「本当!陽の光が差すと綺麗に見えるなんて不思議ね....」



五色沼周辺はハイキングコースになっていまして。
時間があったので、ちょいと奥まで行ってみよう!となりました。
で、そのハイキングコース。
ちょっとした岩を超えたり降りたり、ぬかるんでいたり。

姪っ子はまだ若いので スイスイっと進んで行き、
あたしの母も 歳食ってるくせに スイスイっと進んで行き、
.......あたしゃ、ぜぇはぁしながら ずっとしんがり。

挙げ句の果てには、

「おばちゃん、だらしないわねぇ」

と母に言われる始末...............。





次の日。





IMG_0945_convert_20190521210831.jpeg
L「今日は『苺のトライフル』にしちゃおうっと」
G「昨日から苺ばかり食べてない?それとペネロペ忘れてない?主役なのに」


ここも姪っ子お勧めの、チーズケーキ工房 カフェ風花(←食べログ) というカフェ。


こちらでは、チーズケーキのパフェや苺のムース、チーズのピッツァなどを食しまして。

チーズのピッツァは香りが凄かったのですが、口にすると重くもなく。
別添えの蜂蜜をかけると 違った風味になり ペロリといけちゃいます。


そう言えば。
こちらのカフェに、にしの あきひろさんの絵本が置いてありまして。
気になり読んでみましたら......良かったぁ。

テレビで見たと思うのですが、何だか叩かれていて。
(作家気取りが どうのこうの、と言われていたと思うのですが.......本描いてるんだから作家でしょ?)

にしのさん。
絵上手いし、話も良かったし。
これからも絵本書いて/描いて欲しいなぁと思えました。

カフェには絵本や おもちゃなどが沢山用意されていて、ちびっこ達も楽しめますし、お店全体 女性ウケする感じの 可愛らしいカフェでした。





........で、何故ペネロペが主役なのか?
(殆ど出てきてないのに)





あたしには。
もうすぐ3歳になる姪孫がおりまして。

福島に向かう何日か前に、

「最近知ったんだけど、娘がペネロペ大好きらしい」

と、姪っ子が言うので 急遽Massaペネロペを連れて行くことに。
で、

じゃ〜じゃじゃ〜ん

と、姪孫に見せましたら.....


「あ〜〜っ!!ペネロペだぁ〜!!!」


と、目を輝かせて大騒ぎするじゃ ありませんか。

「ねぇ、ペネロペは お友達?」
(あたしとペネロペは友達なのか?という意味)

「ペネロペ、何処に居るの?寝てるの?」
(あたしの鞄に入れて 姿を見せないから。ケへへ〜)

「ペネロペは 空 飛ぶよね?」
(Eテレで放送したものを言っている)

等、車中で ずぅ〜っと質問攻め。




IMG_1217_convert_20190521210851.png
P「わたしと おともだちだよね?」
姪孫「うん!」

終いにゃ、↑こんな感じで ペネロペを懐に入れ、ニコニコしてました。
あまりの騒ぎっぷりだったので、姪っ子は娘にペネロペの絵本を買い与えたそう。
そしてそれを毎日読み、テレビで放送しているアニメを繰り返し見ているのだとか。

もっと早く知っていれば、銀座のペネロペカフェに連れて行ったのになぁ。

年端も行かぬ子供を夢中にさせるペネロペ。
改めてAnneさんとGeorgさんって、凄い人達だと感じましたよ。


P「わたしの かわいさに メロメロしてるんだって!」
G「僕たちは.....」
L「『ペネロペの友達』なんだって。そうだけど.........はぁ〜」





スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。