FC2ブログ
04 月<< 2019年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 



少し前。
とあるサイトの(って、ドメイン出ちゃってるけど)、コーナーで。





『好きなキャラクターをお選びください』
という設問がありまして。

勿論あたしは

リサとガスパール

にポイント付けました。

ただねぇ。
ペネロペが無いのが ちと不満。


全然関係無いけど。
この表を見て、アンパンマンを思い浮かべていたのですが、『ジャムおじさん』『バタコ』というキャラが居ますよね。
あの2人の関係って、何なんだろ?と、ずっと気になっておりまして。

親子に見えないし。
夫婦に見えないし。
師弟関係に見えないし。
友達に見えないし。


あたしゃ、愛人関係なのでは?と思っていまして。

それを姪っ子に伝えましたら、

「アンパンマンの世界は、ブラックな所もあるけど、愛人という概念は無いよ〜」

と、言われてしまいました。
アンパンマンファンの方、お気を悪くされたら すいません。





スポンサーサイト





少し前。









G「イエ〜イ!」
L「イエ〜イ!」
P「リサとガスパール、どうしたの?」
L「スパークリングワインが当たったのよ!」
G「....あ、僕たち(永遠の)6歳だから、飲めないね」
P「ペロッと するくらいなら いいんじゃない?」
G「リサは『ペロッと』じゃ、済まないと思うよ.....あ!」
L「ゴクゴクゴクゴク.....ヒィ〜ック!」
G「あ!」
P「あ〜ぁ」






地下鉄の駅で配布されているフリーマガジンに。
『スパークリングワイン プレゼント』と載っていて、応募しましたら当たりまして。

多分、皆さんも成城石井とかで見たことがあるかと思いますが、CAFÉ DE PARISという、スパークリングワイン。

この間、姪っ子の家に遊びに行きまして。
晩御飯の時のアペリティフで皆で飲んでみました。
ら、
なかなか美味しくて、甘めでしたが 飲みやすかったです。
(甘めなので、どちらかというとディジェスティフな感じでしたが)

今回頂いたのが『スィートチェリー』という、期間限定(?)の商品だったようで。
ほのかに さくらんぼの香りがして、女性が好きそうなお味でした。

一緒にビターなチョコレートを食すと 良いかもと思えましたよ。




L「グァスパぁ〜ルぅ、もっと注いでぇ......ヒィ〜ック!」
G「僕は『ガスパール』で、『グァスパール』じゃないよ」
L「.......ペネロペぇ、酔っぱらっちゃったのぉ?お鼻が....ピンクよ」
P「わたしの おはなは いつも このいろだよ〜!」
G「.....はぁ」
P「.....はぁ」




実は。
他にも色々当たってるんですけどね。










そう言えば。
ゴールデンウィーク中、福島県に行ってまして。









G「ペネロペ....ちょ、ちょっと〜」
L「ペネロペ、美味しいものを独り占めする気?」
P「あら、こんかいの ふくしまりょこうは、わたしが しゅやくよ!というわけで、いただきま〜す。むしゃむしゃ.....」
G「えぇ!?どういう事??」



何故、ペネロペが主役なのか?
それは後程お伝えするとして。

「美味しくてリーズナブルなカフェがある」

と、姪っ子に勧められ行ったのが、さとう珈琲本店(←食べログ)というカフェ。

古民家をリノベしたお店で、雰囲気はとても素敵。
大きな一枚板が天井に張られているのですが、今の住宅では 同じ様に張ることが出来ないそうで。

で、この日頂いたのが、玉子サンドセットとトーストセット。
どちらもヨーグルトと飲み物が付いてます。

P「パンがフワッフワだね〜。とっても いいかおりだね〜」
L「ペネロペ、口の周りジャムまみれよ」
P「えへっ」



あたしはトーストの方をチョイスしたのですが、もっちりとしていて とても美味しかったです。

普段、あたしはコーヒーを飲まないのですが、この日は頂いてみまして。
すっきりとしたお味、香りも素敵で 美味しかったなぁ。






次に向かったのが......







IMG_0934_convert_20190521210620.jpeg
L「いちご園に到着〜。あら?主役のペネロペは?」
G「お腹いっぱいになって 寝てるよ」



自由奔放な主役だなぁ。




あたし。
『〜狩り』的なこと、大人になってから やった記憶がなくてねぇ。
姪っ子に そう伝えましたら、じゃあ 苺狩りしよう!と、なりまして。

今、ちょいと思い出したのが、小さい頃に薩摩芋掘りして、それを絵にしてコンクールに出しましたら、(運良く)賞を頂いたなぁ。
あと、高校生の時の修学旅行で、オーバーオール着て、泥だらけになりながら じゃが芋掘りしたなぁ。

『〜狩り』じゃなくて、『〜掘り』だった。





IMG_0920_convert_20190521210644.jpeg
G「リサ、苺がたぁくさん!」
L「もぐもぐ......とっても美味し〜!」


時期が少し過ぎてるとの事でしたが、いやいや甘いです。
(甘い苺だけを選んで食べたからなんだけど)


4〜5種類の苺が育てられていて、確か30分食べ放題。
蜂を使って受粉させているので、黒い服は避けたほうが宜しいかと。
......あたしは、着て行っちゃいましたけど。

苺狩りを し終えたら、豚汁が頂けます。





その次向かったのが.......








RIMG1977_convert_20190521210724.jpg
G「五色沼に到着〜!そして主役のペネロペは まだ寝てます」
L「車の中で ず〜っと はしゃいでいたから 疲れちゃったのよ、きっと」


旅行サイトで、綺麗なグリーンの水面の写真を見て、あたしもこの目で見たいわ〜と願っていた五色沼。


L「全然グリーンに見えない...」
G「曇っているからなのかなぁ??」





RIMG1980_convert_20190521210744.jpg
G「リサ見て!エメラルドグリーンだよ!」
L「本当!陽の光が差すと綺麗に見えるなんて不思議ね....」



五色沼周辺はハイキングコースになっていまして。
時間があったので、ちょいと奥まで行ってみよう!となりました。
で、そのハイキングコース。
ちょっとした岩を超えたり降りたり、ぬかるんでいたり。

姪っ子はまだ若いので スイスイっと進んで行き、
あたしの母も 歳食ってるくせに スイスイっと進んで行き、
.......あたしゃ、ぜぇはぁしながら ずっとしんがり。

挙げ句の果てには、

「おばちゃん、だらしないわねぇ」

と母に言われる始末...............。





次の日。





IMG_0945_convert_20190521210831.jpeg
L「今日は『苺のトライフル』にしちゃおうっと」
G「昨日から苺ばかり食べてない?それとペネロペ忘れてない?主役なのに」


ここも姪っ子お勧めの、チーズケーキ工房 カフェ風花(←食べログ) というカフェ。


こちらでは、チーズケーキのパフェや苺のムース、チーズのピッツァなどを食しまして。

チーズのピッツァは香りが凄かったのですが、口にすると重くもなく。
別添えの蜂蜜をかけると 違った風味になり ペロリといけちゃいます。


そう言えば。
こちらのカフェに、にしの あきひろさんの絵本が置いてありまして。
気になり読んでみましたら......良かったぁ。

テレビで見たと思うのですが、何だか叩かれていて。
(作家気取りが どうのこうの、と言われていたと思うのですが.......本描いてるんだから作家でしょ?)

にしのさん。
絵上手いし、話も良かったし。
これからも絵本書いて/描いて欲しいなぁと思えました。

カフェには絵本や おもちゃなどが沢山用意されていて、ちびっこ達も楽しめますし、お店全体 女性ウケする感じの 可愛らしいカフェでした。





........で、何故ペネロペが主役なのか?
(殆ど出てきてないのに)





あたしには。
もうすぐ3歳になる姪孫がおりまして。

福島に向かう何日か前に、

「最近知ったんだけど、娘がペネロペ大好きらしい」

と、姪っ子が言うので 急遽Massaペネロペを連れて行くことに。
で、

じゃ〜じゃじゃ〜ん

と、姪孫に見せましたら.....


「あ〜〜っ!!ペネロペだぁ〜!!!」


と、目を輝かせて大騒ぎするじゃ ありませんか。

「ねぇ、ペネロペは お友達?」
(あたしとペネロペは友達なのか?という意味)

「ペネロペ、何処に居るの?寝てるの?」
(あたしの鞄に入れて 姿を見せないから。ケへへ〜)

「ペネロペは 空 飛ぶよね?」
(Eテレで放送したものを言っている)

等、車中で ずぅ〜っと質問攻め。




IMG_1217_convert_20190521210851.png
P「わたしと おともだちだよね?」
姪孫「うん!」

終いにゃ、↑こんな感じで ペネロペを懐に入れ、ニコニコしてました。
あまりの騒ぎっぷりだったので、姪っ子は娘にペネロペの絵本を買い与えたそう。
そしてそれを毎日読み、テレビで放送しているアニメを繰り返し見ているのだとか。

もっと早く知っていれば、銀座のペネロペカフェに連れて行ったのになぁ。

年端も行かぬ子供を夢中にさせるペネロペ。
改めてAnneさんとGeorgさんって、凄い人達だと感じましたよ。


P「わたしの かわいさに メロメロしてるんだって!」
G「僕たちは.....」
L「『ペネロペの友達』なんだって。そうだけど.........はぁ〜」







G「こんにちは、リポーターのガスパールです」
L「同じくリポーターのリサです」
G 「僕たち今、『リサとガスパール誕生20周年記念 東京×横浜スタンプラリー』やってるんだ!」
L「私たち、誕生してから20年も経つの!?」
G「永遠に6歳だけどね」
L「細かい事は気にしないで、スタンプラリー始めましょ!」







先ずは.....うちから一番近い北参道から。








G「えぇっと...スタンプは何処にあるんだろ?」
L「ガスパール見て!『スタンプはこちら!』って書いてある!」





IMG_1070_convert_20190518203815.jpeg
G & L「あった!1つ目ゲット!」






IMG_1079_convert_20190518203839.jpeg
G「次は四ツ谷〜」





IMG_1085_convert_20190518203907.jpeg
G & L「あった!2つ目ゲット!」


ここがねぇ。
丸ノ内線側ではなく、南北線側にあるので要注意です。




IMG_1087_convert_20190518203928.jpeg
G「次は.....東京〜」






IMG_1091_convert_20190518203953.jpeg
G & L「あった!3つ目ゲット!」


ここで燃料切れたので一旦終了。(は?)
 



そんで翌週。





IMG_1148_convert_20190518204047.jpeg
G「次は自由が丘〜」


G & L「あった!4つ目ゲット!

L「ガスパール、あと1つでコンプリよ!」
G「うん!」





IMG_1187_convert_20190518204112.jpeg
G「次は みなとみらい〜」
L「ガスパール、あっちで何かやってるわ」
G「リサ、その前にスタンプをゲットしなきゃ!」





IMG_1159_convert_20190518204137.jpeg
G & L「最後の1つ、ゲット!!」

L「やったわね、ガスパール!」
G「さぁ、記念品をもらいに行こう!」




IMG_1152_convert_20190518204158.jpeg
G「会場に到着!」
L「ガスパール、私たちの色んな思い出が展示されてるわ!」



全貌が上手く撮れない.....(泣)






IMG_1165_convert_20190518204313.jpeg
G「僕たちの紹介がされてるね」
L「ねぇ、ガスパールの初恋の相手ってベルティーユ(ガスパールとリサのクラスメート)なの!?」
G「えぇ!?」
L「それに、何でベルティーユが私の きいろちゃんを抱っこしてるの!!?」
G「そんな事 僕に聞かれても....」



ピンクのTシャツ着て 白いチュチュを履いた金髪の女の子。
見た目はベルティーユなのですが、私は.....違う気がする。



会場のお兄さん「君たち、気に入っている場面に投票してね」
G & L「OK〜!」



IMG_1163_2_convert_20190518204506.jpeg
L「ガスパール、どれにする?」
G「ん〜...」


会場で、お兄さんお姉さんから金色のシール1枚渡され、それを気に入っているシーンの下に貼り、投票(?)します。
ガスパール左手に シールがあるの分かります??



IMG_1162_convert_20190518204447.jpeg
L「このシーンはどう?」
G「ん〜.....」



IMG_1164_convert_20190518204529.jpeg
L「これ、良くない?」
G「ん〜.......」



IMG_1166_convert_20190518204543.jpeg
L「決まった?」
G「ん〜....ん?ぎゃはははは〜!リサの目にまつ毛が付いて、鼻の色が変わってる〜!」
L「.....笑い過ぎよ、ガスパール」



IMG_1167_convert_20190518204601.jpeg
L「このシーン、素敵じゃない?」
G「ん〜............」




IMG_1161_convert_20190518212848.jpeg
L「ガスパール、そろそろ決め....」
G「リサ、僕このシーンにする!」
L「やっと決まったのね。皆さんはどのシーンが気に入った?」





IMG_1157_convert_20190518204227.jpeg
G「みなとみらいの会場ではフォトスポットがあったり.....」




IMG_1154_convert_20190518204631.jpeg
L「テーブルで....」



IMG_1170_convert_20190518204653.jpeg
G「僕たちの絵本を読めるんだ!」




みなとみらいの会場では、リサとガスパールシリーズが販売されていまして。
ぬいぐるみとかのグッズは 販売されていません。



みなとみらい駅で降りたの、多分人生2回目。


そういえば、昨年の自分の誕生日に。
(副業の)仕事で、大さん橋ホールに行き、ポン○ツ上司と搬入しに行ったなぁ。

あの辺り、夜景がとても綺麗で、仕事終わった後 1人ブラブラっとしてまして。
普段、夜景を見ることなど殆ど無いので、癒されましたよ。



.........スタンプラリーと全然関係無い話で すんません。


会場に設置されていたパネルを見ながら

「また、シリーズ読み返そう」

と、思いましたよ。








そして帰京。








L「ガスパール、大塚国際美術館 とぉ〜っても面白かったわね!」
G「本当!今度はもっとじっくり鑑賞したいな........ん?リサ、あれ何だろう??」
L「???」











IMG_0650_convert_20190506203142.jpeg
L「♫踊る阿呆に 見る阿呆!」

G「リサ、どうしちゃったの!?」
L「ガスパール、私たちも踊りましょ!」
G「えぇ〜っ!!」







IMG_0653_convert_20190506203113.jpeg
L「ガスパール、私もっと旅行したい!」
G「そうだね」
L「ねぇ、羽田行きの飛行機じゃなくて、福岡行きの飛行機に乗っちゃいましょうよ」
G「えぇ〜っ!!?」
L「福岡行ったら....ラーメン食べて、モツ鍋食べて、明太子食べて、水炊き食べて、カステラ食べて.....」
G「食べることばっか....ん?カステラって長崎じゃない??」








そういえば。
徳島的なご馳走、何も食さなかったなぁ。


徳島で食したもの

香川県産さぬき姫のいちごサンド
アーモンド
ヨーグルト
大塚国際美術館のアップルパイ
宿泊先のレストランのサラダとピザ


以上。


阿波尾鶏、食べときゃ良かった.................。






おしまい。










これでもか、と続きます。





G「ルーヴル美術館を訪れる人たちの大半は この『ジョコンド』目当てだって、聞いたことがあるよ」
L「そう言えば...ペネロペ、ジョコンドに抱っこされていたわよね」
G「大胆だよね、ペネロペって....」


世界一有名な絵画であろう、モナ・リザ。
勿論、大塚国際美術館にも あるんです。
そして触れる事も出来ちゃうんです。

そう言えば だいぶ前。
姪っ子と一緒にルーヴル美術館に行ったことがありまして。
鑑賞していた最中、

「『モナ・リザ』の場所が分からないので教えて欲しい」

と、日本人の女性に声をかけられまして。
(モナ・リザに辿り着けない、という方、結構いるそうです)
で、その時 私たちは確かモナ・リザが展示されている部屋の近くにいたので、その場所へ戻り 暫し一緒に鑑賞してました。

その女性、公務員を辞めて世界中を旅している、との事で。
姪っ子と2人

「羨まし〜!」

と、小さな声で大騒ぎした記憶が。

.....モナ・リザと全然関係ないや。





RIMG1912_convert_20190506203456.jpg
L「私、この2つの絵が同時に観れるなんて、思ってもみなかったわ」
G「リサ見て!右のルーヴルヴァージョン、ちゃんと左のロンドンヴァージョンより大きく複製されてるよ!」


これらも だいぶ前に、本物を観に行きました。
ルーヴルで観た後、TGVにピュイ〜っと乗ってロンドンで観て。

絵から受ける『圧』が凄くてねぇ。(へ?)

映画『ダヴィンチ・コード』で、ソフィー(オドレイ・トトゥー)が

「私、この絵嫌いなの!」

と、ルーヴルヴァージョンの岩窟の聖母に、百合の紋章が刻印された鍵を 突き刺す真似してましたねぇ。


TGVで思い出した事が。
でも、長い話&ちょいと切ない話なので、また今度にしよう。





RIMG1972_convert_20190506203330.jpg
G「リサ、『叫び』だ!」
L「オスロで本物を観た時より...見学者がたくさん居て み、見辛い......」

複製の方が鑑賞し辛いって........。





そして.................。














RIMG1959_convert_20190506203939.jpg
G「こ、これは!」
L「リサとガスパールファンなら、知ってて当然の絵よね?」


何故『知ってて当然』なのか?
.....分かりますよねぇ?
(分からないと『ゲゲゲの減給』喰らいますよ〜)







他にも、有名な作品が沢山ありまして。
盛り沢山過ぎて、心が消化不良起こしそうでした。


美術館近くに 渦潮ぐるぐるスポットがあり、鑑賞した後 ちょいと行ってみようかしら、なんて思っていたのですが....行けなかった。
作品数が半端ないので、1日だけじゃ ちょいとキツい。


でもねぇ。
行って良かった!
全て複製だと分かっていても、オリジナルが凄いので圧倒されっぱなし。
また、詳しい事は分かりませんが、複製の技術が凄くて感心しっぱなし。

色々、凄い。
そんな美術館でしたよ。

そして『リサとガスパールミュージアム(仮)』建設の為の参考となる事もありました。



いよいよ帰京です。
......もう帰ってきてるけど。



L「♫踊る阿呆に 見る阿呆〜」
G「へ?何その歌??」








一応続きます。







L「ヴィクトリアはピアノを習っているけど、こんな優雅に弾いてるところ、見たことないわ!」
(↑ヴィクトリアはリサのお姉ちゃん)
G「.....何となく、分かる気がする」
L「綺麗なレディーがピアノを弾く....絵になるわね。『絵』になってるけど」
G「ルノワールの作品は、優しい感じがするね。日本でとても人気があるの、分かる気がする」



昔、あたしの姪が。

「ルノワールの『ルーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』がどうしても見たい!」

と、言うので、オルセー美術館に行きまして。
その時に観たルノワール作品の印象と、若い頃に見に行った時の印象と、まるで違っていて。
上手く表現できないのですが、繊細な美しさに気付いた、と言うのが正しいかな。





RIMG1966_convert_20190506203357.jpg
L「これは....独特の世界観ねぇ」
G「クリムト.....僕は高貴なエロスを感じるよ」
L「ねぇガスパール。いつものガスパールと何か違う。あなた本当にガスパール??」
G「え!?何でぇ〜??」
L「コメントがガスパールっぽくなくて...そう、私のパパみたい!」
G「えぇっ〜!」




クリムト。
彼の作品は私の魂をゾクゾクっとさせます。
ゾクゾクするけど、あたしの魂は敢えて距離を置きます。
そうしないと、どっぷりハマっちゃうから。
ハマると とんでもない事が起こりそうでねぇ。(は?)





RIMG1947_convert_20190506203555.jpg
L「ガスパール見て!ひまわりが 沢山!」
G「ゴッホは色んな ひまわりを描いていたんだね」



ゴッホは何点か『ひまわり』を描いています。
右の作品の元である、ナショナルギャラリー所蔵の『ひまわり』、実物を見たのは それだけかも。
日本にあるのは....多分見てない。
今度、見に行ってみよう。






つづく








まだ続きます。





L「ガスパール、ちょっと休憩しない?私、お腹空いちゃったわ」
G「そうだね....じゃぁ、あのカフェで何か食べよう」

















L「今日のランチは...アップルパイ」
G「アップルパイ...リサ、デザートもいいんだけど、カレーとかチキンカツとかもあるみたいだよ」
L「今の気分はアップルパイなの」
G「......そう」



この日。
美術館内の『カフェ・ド・ジヴェルニー』でランチというか何というか。

お味は.................................。


L「ふがふがふが......」
G「もごもごもご........」








RIMG1973_convert_20190506202915.jpeg
L「♬元気ハツラツぅ〜」
G「リサが元気で良かったよ」
L「そこは『♬オロナミンC〜』でしょ?」
G「へ?」




大塚国際美術館の事業主は大塚グループなので、館内にある自販機では勿論

オロナミンC
とか
ポカリスエット

などが販売されています。







つづく









更に続きます。






L「この絵もオルセーで見た事あるわ!」
G「ミレーの『落ち穂拾い』...昔の人は、落ちてる麦の穂まで ちゃんと拾って生活してたんだ」
L「偉いわね〜」


....いや。
描かれているバックグラウンドは、もっと複雑なんだけど。





RIMG1961_convert_20190506203652.jpg
L「これもオルセーで見たね」
G「この2人、作物を育てる大地に感謝してるのかな?ミレーが日本で人気があるのは、さっき見た『落ち穂拾い』とか、この『晩鐘』に描かれた『感謝を表す姿勢』に共感する人が多いからなのかな??」
L「ガスパール、そのコメントどうしたの?あなた本当に6歳!?」


....ん〜。
この『晩鐘』のバックグラウンドも、ちょいと違うみたいだけど。
まぁ、人それぞれ 見方があるか。

いつだったかテレビで。
この晩鐘を、赤外線だったかX線で調べてみたら、表面の絵の下に骸骨だか棺が見つかったと、言っていた記憶があるのですが。

でも、それらしきニュースがウェブ上に出てこない....あたしの勘違いだったのかしら???





RIMG1952_convert_20190506203742.jpg
L「♬ピ〜ヒャラピ〜、ピッピッピ〜」
G「リサ、この少年が吹いているのは『♫ソー』だよ」
L「え???」


『そ〜』なんだ。
『そ〜』とは知らず、見学してた。


G「何言ってるの?」








つづく





そして続きます。





G「同じ女性が描かれているけど、右は服を着ていて、左は裸んぼだ」
L「ガスパール見て!この女性、首が無いわ!」
G「うわ本当だ!何で無いんだろ!?」


実物の絵は、昔 姪っ子とスペインに行った時に見まして。
その時、ひそひそ声で

「おばちゃん、この人 首が無い」

と、言うものですからあたし、思わず笑ってしまいまして。




RIMG1916_convert_20190506204043.jpg
L「この絵は...ルーヴル美術館で見たことあるわ!ねぇガスパール、この人は何を指差してるのかしら?」
G「レオナルド・ダ・ヴィンチって、自分の作品に暗号とか描いてる人だから きっと....『宝のありかは この上だよ』って事なんじゃない?」
L「ガスパール、肩車して。私が確かめる!」
G「えぇ!?そんな事したら 怒られちゃうよ!」




RIMG1937_convert_20190506204354.jpg
L「この絵もルーヴル美術館で見たことあるわ」
G「足に障害を持っていても、笑顔で過ごす前向きな少年....頭が下がるよ」


最近、山手線界隈で耳が聞こえません、などと言って日本国旗売りつけている欧米人。
あんた達には『エビ足の少年』の気持ちなど、微塵も分からんだろう。





つづく




続きます。






L「この絵の人...男性?それとも女性??」
G「ん〜、体は男性的だけど、顔は女性っぽいね。そう言えばバッカスって『お酒の神様』だよね?この人、大人に見えないなぁ。神様は大人じゃなくてもお酒飲んでいいのかなぁ...」
L「ガスパール見て。手前に描かれている果物、腐ってる!」
G「うわ!本当だ!」




RIMG1910_convert_20190506204420.jpg
G「あ!アドビのイラストレーターだ!」
L「この女性、絵を描く人なの?裸んぼで貝殻に乗りながら??」




RIMG1935_convert_20190506204100.jpeg

L「ネぇ〜ロぉぉぉ〜!!!」
G「どうしたのリサ?急に叫んで。あ〜びっくりした!」


ネロが今際の際で、見る事の出来た ルーベンスの『キリスト昇架』
....あれ?『降架』は??

本物の方はあたし、まだ見たことありませぬ。
ベルギー、行ってみたいなぁ。





つづく




 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。