FC2ブログ
08 月<< 2016年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 




某uomo universaleの資料(?)を、昔 見た時に びっくりしまして。

で、ちょっと真似てみた。
(↑なんのこっちゃ)


だいぶ前。
カリグラフィーを習いたいわぁ、なんて思っていた時期がありまして。
私。
書く文字が あまり(と言うか全然)美しくなくてねぇ。

結局。
その頃、習い事をする時間的余裕が無くて 諦めちゃったんですが。


そういえば。
Georgさん、リサガスタウンのバナー用に日本語で

あけましておめでとう

って、筆で書いてましたねぇ。
...あたしは日本人ですが、あんなに上手に書けません。

そのうち、日本語喋りだすんじゃないかと 思っているんですが。



スポンサーサイト
先々々週。
銀座で ひみつ会議してました。
(今頃UPするのかい?)

今回の会場は、
bistro BARNYARD(←ポチッとなぁ)

このお店。
カリフォルニア料理を頂けるそうで。
アメリカに縁のある 諜報部員の方々の為に...というわけではなく、何となく見つけたお店。


IMG_2330_convert_20160923233458.jpg
G「リサはアメリカに行ったことが あるんだよね?」
L「うん。ハリソン(アリソン)叔父さんが ニューヨークにいるから 会いに行ったのよ。ごくごく...」



IMG_2332_convert_20160923233603.jpg
G「いいなぁ。ぼくも行ってみたいな、アメリカ...むしゃむしゃ」
L「ニューヨークは、とても刺激的な所よ。ぱくぱく」
G「ねぇリサ、マグロのカルパッチョって カリフォルニア料理なの?」
L「さぁ...」




IMG_2333_convert_20160923233653.jpg
G「ぼく、アメリカに行ったら スパイダーマンにオートグラフをもらうんだ!んぐんぐ...」
L「スパイダーマン?そんな人、ニューヨークに居たかしら??」
G「クラムチャウダーって、アメリカのスープだよね?」





G「ねぇリサ、鴨のローストって、カリフォルニア料理なの?」
L「さぁ...?」




IMG_2338_convert_20160923233707.jpg
L「このソルベ、綺麗な色ね」
G「スパイダーマンに会ったら、ぼくも一緒に飛びたいなぁ」
L「スパイダーマンって、何してる人?」
G「ヒーローだよ!」




IMG_2331_(1)_convert_20160923233640.jpg
そういえば、このお店。
自家製パンが食べ放題...パン好きには たまりません。



IMG_2339_convert_20160923233723.jpg
G「見てリサ!おまけのクッキーだって!アメリカのクッキーも 美味しいのかなぁ?」
L「むしゃむしゃもぐもぐふがふが...」



この日も、ちゃんと会議が行えたかどうかは...謎。




ごちそうさまでした





ファブリックミスト(CLASSIC FLORAL)/Laundrin'


L「シュ〜〜」
P「しゅ〜〜」
L「あっちにも シュ〜」
P「こっちにも しゅ〜」
L「素敵な香りに包まれると...」
P「しあわせな きぶんに なるよね〜」
G「僕は、チョコレートの匂いの方が好きだなぁ」


何年か前から、ランドリンというリフレッシャーを使ってます。
ワールドワイドに売られているファブリーズより、こちらの香りの方が好みです。
昔から、素敵な香りを嗅ぐのが好きでねぇ。

しかし。
最近知ったのですが、化学物質で作られたリフレッシャーを嗅ぎ過ぎると、体調を崩すことがあるそうで。
ランドリンは、(一応)オーガニックエキス配合らしいのですが...今の所、(私は)大丈夫です。





























ここから↓は、嫌味な話になるので、ご注意を。
(って、載せなきゃ いいじゃん!...って言われると困るけど)


その1。
だいぶ前、とあるクラスに通っていた時、物凄い悪臭を放つオバさんが居まして。
その悪臭の元は一体何だったのか、私には未ださっぱり分からないのですが、とにかく鼻がひん曲がる程でした。
顔は薄汚れ、目脂がびっしり、食べ物の染みが付いたヘンテコリンな柄のシャツを毎回着用、そして髭を生やしている。
どす黒い紫色に変色した大きな口を開き、ガハガハっと笑う度、悪臭プ〜〜ン。
挙げ句の果てには、授業を中断させてまで、自分の不幸を語る始末。
教室にその悪臭が充満し、本当辛くてねぇ。

高い授業料を払って勉強しに行っているのだから我慢...と、何度も何度も自分に言い聞かせてました。
教室では常にマスクをし、鼻にハンドタオルを充てがい...そうでもしないと具合が悪くなるのです。
他の人たちは何も感じないのか、平気な顔をしてましたけど。


その2。
(副業の)職場に これまた強烈な悪臭を放つ役付者がいまして。
そやつも顔が薄汚れ、髪の毛ボッサボサ、よれよれの背広を着用、そして部下を見下す。
とある日、会社が使用している機械を製造しているドイツの会社から数名が視察の為 来社されまして。
私はその機械を使っている部署に用事があり、お邪魔してましたら(私は他部署の人間)

「あのドイツ人に 何か話しかけてこい。へへへ〜」

と、そやつが悪臭放ちながら 幼稚な事を私に言ってくるのです。
見ると、エンジニア風の方たちは通訳の方を交えて当社の者と話込んでいて、先方の社長が その様子を傍でじっと見ている...風だったので、

「すみません、今 お時間ありますか?私の上司があなたに質問があるそうです」

と先方の社長に伝えましたら
(残念ながら私はドイツ語 全く分かりませ〜ん)

「大丈夫ですよ」

と仰ったので、

「質問に答えて下さるそうです、どうぞ」

と、そやつに引き渡しました。
『話しかけてこい』という指示を実行したので 私の任務は終了。さっさと自分の部署に戻ったので、何を話したのか知りませんが、面白い事があった様です。
(それは また後日お話しします)

で、何が言いたいのか。
悪臭放つ人は、
社会通念ゼロ。
身を清める気無し。(←お風呂に入ったり、歯を磨いたり、顔を洗うという観念が無い)
相手の立場になって物事を考えない勝手な人が多い。


....ってか、私も勝手な人間だけど。


リサとガスパールの名前、やっと第12弾!
(あと3カ国...もう分かっているんだけど 表記の仕方が分からないのが1カ国......)












G「Boa tarde !
Meu nome é Gaspar !

L「Meu nome é Lisa !



12カ国目は、今年オリンピックが開催されたブラジル。
ブラジルポルトガル語もさっぱり分からん!

ひみつ基地 元パリ特派員 ふみおさんに聞いてみる?
(オリンピック取材、ご苦労様です)


ブラジルに行ったことなどありません、私。
ブラジルどころか、東の方に行ったことが無い...。

ブラジル料理...シュラスコ、ポンデケージョ、パステウ、パルミット(って、これは食材だ)
美味しい赤ワインと一緒に、シュラスコ三昧...やってみたいわぁ。






P「リサとガスパール、おかえりなさ〜い」
G & L「ただいま〜!」
P「こばやしさんの えは どうだった?」
L「とぉ〜っても 素敵だったわ!」
G「ペネロペ、これ お土産だよ」


ロマンシング佐賀イヴェント期間中、スタンプラリーがあり、私は佐賀市エリアをコンプリート。
(嬉野市にもあったみたいだけど、私はパス...)

佐賀県立美術館、佐賀城、03coffeeに設置されていたスタンプを全て押し、係員に提示すると特製ステッカーが頂ける、というもの。


P「ステッカー、ありがとう。でも...イカしゅうまいとか ひものとか かまぼことか ごぼうチップスとか たべたかったなぁ」




IMG_2291_convert_20160915003359.jpg
G & L「じゃじゃ〜ん!」
P「うわ〜、これ なぁに?」
L「玉ねぎ風味のおせんべいよ」
P「パリパリ、もぐもぐ、むしゃむしゃ...」
G「玉ねぎ食べると、血液がサラサラになるんだって」


佐賀旅行の翌週に(副業の)職場の健診があったので、たまねぎせんべいを購入。(は?)
今回も中性脂肪の値が平均以下になることを願って、摂取。(へ?)





『ロマンシング佐賀展』を満喫し、次の日。




L「ガスパール、佐賀はどうだった?」
G「鳥天とライジングラテとイカ焼売が美味しかったなぁ」
L「小林さんの絵の感想は?」
G「ぼく、温泉に入りたかった....」
L「はぁ〜.......」


そういえば。
佐賀空港に、アジア系の観光客が沢山居たなぁ。
...みんな、何を見に行ったんだろ?
城無き佐賀城とか??



IMG_2276_convert_20160904010409.jpg
L「さようなら、佐賀県!」
G「あ〜、食べ放題だったブラックサンダー、食べておけば良かった〜」



IMG_2277_convert_20160904010445.jpg
帰りの便。
隣に誰も居なかったので(というか、敢えて誰も居ない席を予約したんだけど)、肘掛け全部上げて、ブランケット2枚貰い、羽田着くまで ばたんきゅ〜。

そういえば。
真ん中の席って、若干広いんですねぇ。初めて知りました。



おしまい。


小林女史の作品を、充血しながら凝視する事、約3時間。
流石に疲れます。

で、美術館近くにあるカフェ、
03 coffee
(↑ポチッとなぁ)で休憩。



L「さぁガスパール、『聖王のサンシャインラテ』を頂きま...」
G「ぐびぐび....はぁ〜美味し〜!」
L「ちょっとガスパール!私も飲みたい!!」


今回の『ロマンシング佐賀』とのコラボ商品。
佐賀県産の甘夏のソースがカフェラテの底に。

甘夏の爽やかな甘さと相まって美味しかったなぁ。

本当は、ロマサガのコースターを添えて提供されるものだったそうですが、コースターが品切れになってしまったとの事。
なので....


RIMG1670_convert_20160904010249.jpg
店内のカウンターに飾られていたものを眺め....コレクターには堪らないわねぇ、これ。






つづく









まだ、続きます。




小林女史が描かれた スクエニの偉い人たちと佐賀県知事。
(左のお方はロマサガ生みの親である河津さん。似てる〜!)



RIMG1661_convert_20160904010106.jpg
四魔貴族のビューネイとイトケン氏が(何故か)ダンスしている絵。
私の中のイトケン氏は、もっと ふくよかで笑わない人(多分 物凄くシャイなんでしょうねぇ)というイメージがあり...なので、この絵に少々違和感を覚え...。
きっと普段のイトケン氏は、こんな風に微笑むんでしょうね。(←ファンなのに かなり失礼)



RIMG1666_convert_20160904010131.jpg
お土産コーナーもあり。
私の姪っ子の彼も ロマサガファンなので、グッズを幾つか購入。

販売されていたのは

浴衣
手ぬぐい
サイダー
女史の画集
地酒
缶バッジ
海苔
紅茶・緑茶・ふりかけ(?)
ポストカード
CD

だったかな?





つづく






今回の『ロマンシング佐賀展』
原画以外にも...




G「大きなお皿だね〜。チョコレート どれ位乗せられるかなぁ?」
L「ガスパールったら!このお皿は、鑑賞用よ!」


この有田焼のお皿、小林女史が絵付けている様子はこちら




そういえば、有田焼で思い出した事が。
昔、ヴェルサイユ宮殿に行った時、私の身の丈程もある大きな有田焼の壺が何点も展示されていまして、説明によりますと アントワネットは有田焼きが大好きだったそうで、それらは彼女のコレクションなんだとか。

私、歴史に疎いので、間違っていたら ごめんなさ〜い!ですけど、
確か、徳川幕府はフランスの援助を受けてましたよねぇ?
そのお礼に日本は綺麗な有田焼をフランスにプレゼントし、アントワネットは気に入っちゃった〜...って事でしょうかねぇ?


RIMG1631_convert_20160904005754.jpg
女史のエチュード。
上手過ぎて溜息...。


RIMG1652_convert_20160904005845.jpg
G「リサ見て!気球だよ!」
L「そういえば私たち、パリ上空を気球で飛んだわね」

ドット絵のキャラたちがペイントされた気球型バルーン。
最近のゲームはポリゴンが主流ですが、私はドット絵を見ると懐かしくて嬉しくなります。


RIMG1657_convert_20160904005957.jpg
訪れたロマサガファンの皆さんが、熱い思いを認めたウォール。
中には「あなたプロですか?」と思う程、上手にキャラを描かれた方も。





つづく




そうそう、何故 佐賀県に行ったのかと言うと。



L「ガスパール、見て!ワクワクしちゃうわ!」
G「きれいな絵だね〜!」


2016年9月4日まで 佐賀県立美術館で開催されている『ロマンシング佐賀展』を見に行く為だったのです。
ロマンシング佐賀展とは

ロマンシング佐賀展
(音楽がいきなり鳴り出すのでご注意を)


一昨年。
六本木ヒルズで開催されていたロマサガのイヴェント期間中、体調を崩していた為 見に行けず。
昨年。
佐賀県で同じく開催されていたイヴェントも、都合がつかず見に行けず。

なので今回、もう楽しみで楽しみで....。

ちなみに、ロマサガとは

ロマンシング サ・ガ(Wikipedia)




RIMG1597_convert_20160904005503.jpg
L「さぁ、行くわよガスパール!」
G「いざ、出陣!」




RIMG1600_convert_20160904005637.jpg
G「げ、原画だ〜!」
L「素敵〜!」

会場に入りましたら、イトケンさん(ロマサガシリーズのコンポーザー)のオープニングタイトルが厳かに流れていて...思わず

あぁぁぁ〜〜っ!

と、叫びそうになり。(笑)
(ってか、飛行機に乗っている間、ずっとロマサガのBGM聴いて気持ちを高めていたんですけどねえ)

実は私。
今回初めて小林智美女史(ロマサガシリーズのイラストを描かれている方)の原画を拝見しました。
目にした途端、嗚咽状態。
(リサとガスパールを連れて、涙ボロボロ流してる&鼻○垂らしている私を 冷ややか〜な目で見ていた学芸員のお姉さん。あなたにゃ、女史の素晴らしさは分かるまい)


中学生の時、
ゲーム店で見かけたロマサガのパッケージを見て

「何て綺麗な絵なのよ!!」

と衝撃を受けまして。
購入前、ゲームの内容は全く分かりませんでしたが、スクウェア(現スクウェア・エニックス/ファイナルファンタジーなどを販売)のゲームだし、何よりこの綺麗な絵を手元に残しておきたいという一心で、母に強請り買ってもらいました。
所謂ジャケ買い。
(私は小遣いやお年玉を貰っていなかったので、強請るしか方法が無かった...)



RIMG1601_convert_20160904005537.jpg
20年以上前、私の魂を揺さぶった作品。
対峙した瞬間、目から涙が じゃ〜じゃ〜溢れ出し、視界が滲んでしまい ちゃんと拝見出来ない!
ので、一旦展示室を出て暫しの間、心を落ち着かせてから再度拝見致しました。

今回のエキシビジョンでは

ロマサガシリーズ&サガフロンティアのキャラクターを集めた
・光陰流転

ロマサガ
・運命づけられし八人
・三柱神
・啓示
・聖戦-ジハード-

ロマサガ2
・皇位継承
・ジェラール肖像
・七英雄伝説1
・七英雄伝説2
・明けの明星

ロマサガ3
・宿命の八人
・聖王と魔王1
・聖王と魔王2
・宿命の子

サガフロ
・熱血ヒーローアルカイザー
・宿命の双子
・クーン
・夜想曲-ノクターン-
・それぞれの戦い

サガフロ2
・決戦!最後のメガリス
・ギュスターブ母子
・ヴァージニア ナイツ
・Royal Family
・即位までの日常
・行軍-光-

アンリミテッド:サガ
・イスカンダールとリヴェルヴァーラ
・集いし七人1
・集いし七人2

エンペラーズ サガ
・シノン
・紫電清霜

インペリアル サガ
・皇帝アデル

ロマサガ ミンストレルソング
・吟遊詩人-ミンストレルソング-
・運命の八、ふたたび
・ラファエルとコンスタンツ
・神々の戦い
・エロール神と大地の女神ニーサ
・エロール神の誕生
・新たなる神々の誕生
・生まれ出ずる闇
・闇の進軍
・女神とディステニィストーン
・銀の戦士
・破壊の神サルーインとの対峙1
・破壊の神サルーインとの対峙2
・最後の一撃
・銀の戦士の最後
・銀の戦士の最後2
・正義の神誕生
・華やかな脅威

サガ スカーレット グレイス
・ファイアブリンガー フェイス
・ファイアブリンガー全身
・ウルピナ マクシミア ユラニウス
・レオナルド
・セルハーン
・サーシャ
・光焔万丈

が展示されていました。
(小林女史の作品の他に、直良さんの作品も展示されていました)

もう、脳みそグラグラしっ放し。
陰影や遠近の表現の仕方、構図の取り方...全ての作品が、私にとって目から鱗。
1つ1つ目に焼き付けておこうと、凝視すること約3時間。
化粧室の鏡で顔を見たら、目が思いっきり充血してました...あはは。





つづく




2時間弱のフライトで、佐賀に到着。



空港出口すぐにバスターミナルがあり、乗車。
で、バス内にあった↑この張り紙見て ちょっとびっくり。
バス内でもWi-Fi使えるんだぁ。
(私 普段、全くバスに乗らないので、私が知らないだけで一般的なのかしら?)

実は私。
使用しているスマフォ、一番安いプランにしている為、月末近くになると通信使用量を超えてしまい、毎月 速度ダウンするのです。
なので最近、Wi-Fiが使える所では極力使用していていまして。
有難いわぁ、このサーヴィス。

ちなみに、
IMG_2267_convert_20160904010309.jpg
佐賀空港から佐賀駅まで、バスで30分くらい。
料金は片道¥600ですが、往復のバスチケットだと¥1000。


 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。