FC2ブログ
02 月<< 2016年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 

ビーフヘレカツサンド/新世界グリル梵


G「ねぇねぇ、『ヘレカツ』って何?ヒレカツの事??」
L「ん〜、昔はヘレカツって言っていたのかしら?」
P「むかしのひとは『フィレ』って いえなかったのかなぁ?」
L「ならば『テンダーロイン』って、言えば良かったんじゃない?」
G「・・・江戸っ子だったら『洒落臭い!』って一喝だよ、きっと」


銀座三越うろちょろ 第1弾。
(松屋銀座地下うろちょろ、は もうお終い?)

先週。
催事で出店されていたので、購入してみました。

大阪で有名だという『新世界グリル梵』
中之島ビーフサンドも有名ですが(私はハンバーグサンドしか食してませんが...)、大阪では肉系サンドがポピュラーなんでしょか?

今回購入した『ビーフヘレカツサンド』
ミディアムレアに揚げられたビーフを、軽くトーストしたパンでサンドしたものなんですが、冷めてもお肉が柔らかくて美味しかった〜!
ビーフカツにかけられたソースは少々甘く、ビーフによく合っています。
サイズは驚くほど小ぶり。
けど、ビーフカツなので、あのサイズでお腹は満たされました。
男性にはちょっと物足りないかも、ですが。



ごちそうさまでした






スポンサーサイト

手前 Matin 奥 Reverie/Ryoura


P「リサとガスパール。このごろ あまいもの た〜くさん たべてるけど、そろそろ おなかが ポンポコリンに なりそうじゃない?」
L「美味しいものを食べる・・・それは私の人生」
G「・・・(ぼくは、もう既にお腹ポンポコリン...それがぼくの人生??)」


先月末の事ですが。
世田谷の用賀にある、美味しいと評判のパティスリーに行ってきました。
このお店のシェフパティシエさんは、ピエール・エルメで学ばれた様で、チョコレート系がお得意なのかな?
チョコ系のケーキが多めだった様な。
今回購入した『マタン』と『レヴリー』にも、チョコレートが使われているとの事。

『マタン』は、甘酸っぱいオレンジのジュレが入った ホワイトチョコのクリームを マカロンでサンドしたもの。
中のクリームが爽やか&滑らかで美味。

『レヴリー』は、ストロベリーのムースを苺風味のチョコでコーティングしたもの。
女性が好きそうなフォルム。少々甘めですが、こちらも美味。

ただ、お値段が少々強気な感じが...世田谷価格?

そして支払いは現金のみ、というのが ちょっとアレですが。
お店の外観&内観は女性受けするような感じ。
なんだけど、何かが足りない感がしたのは私だけ?
何だろう、あの物足りなさ。

そういえば。
私、学校が二子玉(というか上野毛)だったけど、用賀に行った事 無かったなぁ。
静か〜な街ですね、用賀って。


ごちそうさまでした


RIMG1492_convert_20160317204215.jpg
生チョコ(アールグレイバジル)/Calme Elan 神楽坂


L「もぐもぐ・・・私たち、完全に『チョコレートholic』ね」
P「ぱくぱく・・・ほんと〜。まいにち チョコレート たべてるもんね〜」
G「むしゃむしゃ・・・そろそろダイエットした方がいいかもね」

L & P「それ、どういういみ??」

G「・・・!!(うぅ〜、また余計な事を言っちゃった!?)」


私の母と姪っ子の様に、何だか私もチョコholicになってしまった様で・・・人の事 言えないな、こりゃ。

神楽坂駅から歩いて2〜3分のところにある、スイーツのお店『Calme Elan』
2014年の冬にオープンしたそうで、まだ新しいんですねぇ。

今回、アールグレイバジル味の生チョコを購入。
ベルガモットと茶葉の心地よい香りのするチョコに、程よい苦さのココアパウダーが かけられていまして、すっきりとしたお味でとっても美味しかったです。
(プレーン味もありまして、そちらも美味しいとの事です)

このお店。
デザートのコースを頂けるのですが、座席が10席位しか無かった&人気店なので、予約は必須。
しかし、なかなか予約が取れないそうで・・・うぅ〜。

昨年。
白金台の『KIRIKO NAKAMURA』で、デザートのフルコースを食し、感動しちゃったので、Calme Elanのコースも非常に気になります。



ごちそうさまでした







TROIS CHOCOLATS/Ecole CRIOLLO


G「・・・そしてリサ。
ヴァレンタインのチョコレート、どうもありがとう!
このチョコレート、とっても美味しいんだって。
きっと気にいると思うよ!さぁ、どうぞ!」
L「ガスパール・・・」
G「どうしたの、リサ?」
L「私・・・エコールクリオロのチョコを食べたいって思っていたのよ!」
G「えぇっ!?そうだったの!!?」
P「よかったね、リサ!」
L「うん!ねぇ、みんなで一緒に頂きましょう!」
G & P「うん!!」


エコールクリオロのスイーツを絶賛されていた、どなたかのブログを少し前に見てまして、非常に気になっておりました。
で、今月末あたりに行こうと思っていたら・・・頂いちゃいまして。まぁ、びっくり。
いつもの私なら、

ぎゃ〜!!何で食べたいって分かったの!?

と、大騒ぎしちゃうんですが、そういう雰囲気ではなかったので、目を大きく見開いておきました。
(は?)


この頃。

「定規、買いに行こう!」
と、思っていたその日に、パリ帰りのクラスメイトから定規を頂いたり、

「ウォーホル展、見に行こう!」
と、思っていたら、所長からチケットを頂いたり、

CENTRE THE BAKERY(←食べログページ)の食パン、食べてみたいわ〜」
と、思っていたら、上司から食パン頂いちゃったり。

「◯◯が欲しくてねぇ」

なんて言葉を発していないのに欲していた物が手に入る、
という事が、たまに起こります。

私、心を読まれている?皆、エスパーなんじゃ・・・と思ったりもしましたが、
私の嗜好を周りの方が察しているんですよね。

有難い事です、本当に。


で、チョコレート。
左が生姜が効いている紅茶風味。
中央はビターなコーヒー風味。
右が程よい甘さのカプチーノ風味。

大人なお味で、美味しかったなぁ。
今度、クリオロカフェでケーキを食してこようと思っております。



ごちそうさまでした
G「リサとペネロペ、ちょっとこっち来て〜!」
L & P「なになに〜???」












RIMG1489_convert_20160316212730.jpg
炎のチョコレート/銀のぶどう

G「えぇっと、まずはペネロペに・・・
ヴァレンタインにチョコレートをくれて ありがとう!
これ、チョコレートが大好きなペネロペに、ぴったりのスイーツだと思うんだ」
P「うわ〜、おいしそ〜!」
L「よかったわね、ペネロペ」
P「うん!ガスパール、ありがとう!むしゃむしゃ・・・とぉ〜っても おいし〜!」
G「もちろん、リサもどうぞ!」
L「まぁ、嬉しい!」


ヴァレンタインデー&ホワイトデー限定で販売されるという、炎のチョコレート。
スフレとフォンダンショコラの中間っぽい食感で、お味は濃厚ですが、甘過ぎず、ペロリといけちゃいます。
チョコレート好きな人は、きっとハマると思います。

めちゃめちゃ美味しかったなぁ。

先週。
炎のチョコレートを勧められていた事を思い出し、東京駅近くの大丸へ。
しかし。
ビジネスマンが ずら〜っと並んでいたのを見て、購入するのを諦めた私。(情)

・・・並ばせてしまったのか、私。
あ''ぁ〜、すんませんすんませんすんません。

L「もぐもぐ・・・誰に謝ってるの?」


ごちそうさまでした


先週の土曜日、神楽坂にあるPoisson(←食べログページ)という、レストランに行ってきました。

・・・やっぱり食べ物ネタは続きます。
残念ながら、今回はリサとガスパール&ペネロペは出てきません。


G「何でぼく達を連れてってくれなかったの!?」
L「私も美味しいお料理、食べたかったのに〜!」
P「プンプン!」




久しぶりに食した生牡蠣。
画像だと分かり辛いのですが、オリーヴオイルと(多分)シブレットが、かけられています。
辛口の白ワインと一緒に頂きましたら、めちゃめちゃ美味しかったなぁ。
ミルキーでプリップリなんですよ。


アルコールメインだったので、コースではなくアラカルトでオーダーしまして、
他にも真鯛のカルパッチョやボロネーズのパスタなども頂きました。

Poissonという店名ですから、魚介が充実しているレストランなんでしょうけど、
お肉にもちゃんと力を入れているのか、と確かめたくて大山鶏のソテーもオーダー。
柔らかくジューシーでとっても美味でした。
(写真撮るの忘れちゃった・・・)

お食事を頂きながら、お店のオーナーさん(私の知人のお友達)のお話を伺っていたのですが、
市場の裏事情とか、お料理のあれこれをレクチャーして下さったり、
神楽坂の美味しいお店を、こっそり聞いちゃったり。

そういえば、パンに付けるオリーヴオイル。
(多分)タイムとガーリックで香り付けされていたのですが、それも美味しかったなぁ。
今度、うちでもやってみようっと。

このお店にはバーカウンターがありますので、アルコールだけを楽しむ、という使い方も出来るそう。
で、オーナーさんと知人のお話が弾んちゃったので・・・


IMG_0523_convert_20160315192451.jpg
ほろ酔い状態でカウンターへ。
そこで食したリコッタチーズのタルト。
コンカッセされたナッツが、リコッタの中に入っていまして、甘さ控えめでこちらも美味しかった〜。

カウンターで知人とオーナーさんの海外放浪話を聞きながら、

「はぁ〜、私も行きたい・・・」

と、旅行熱が再発してしまいました。ヴェネツィアロケ地巡り、いつ行こう???

ちなみに・・・亜樹 直さんが、そのオーナーさんの事を語られています。
ワインの難しさを熟知したサービスの達人←こちら


このお店。
シックで大人な雰囲気ですが、肩肘張らずにお食事が楽しめます。
記念日にお勧めです。
ワインが豊富で、お好きな方はきっと満足出来ると思います。
お時間があれば、オーナーさんの面白いお話を お料理と一緒に楽しめるかも。

ランチ時の雰囲気はどんな感じなんだろ?ランチも味わってみたいなぁ。


ごちそうさまでした



ブリックスクエアにある、三菱一号美術館で開催中の『PARIS オートクチュール展』に行ってきました。

・・・食べ物のネタが続いていたので、違うことも。
っていうか、服を見るのが好きなんですよ、私。




L「ガスパール。『オートクチュール』って知ってる?」
G「えぇっと・・・お菓子の名前だよね?」
L「違うわよ。とっても高い、テイラーメイドの服の事よ。はぁ〜、憧れだわ」
G「高い服?何でリサが憧れるの?」
L「・・・憧れちゃ、いけない?」
G「えぇ!?(うひゃ〜、ぼく また地雷踏んじゃった??)」



RIMG1478_convert_20160313213409_convert_20160313225117.jpg
L「ガスパール見て!このイヴニングドレス、とっても素敵ね!!」
G 「これ、ドレスなの?紐にしか見えないんだけど」
L「んもう、ガスパールったら!」


この青いドレスは、J-P Gaultierのもの。
素敵過ぎて、暫くずっと見つめておりました。
で、(厚かましいのですが)

「私、これ着たい!」

と、一瞬思っちゃったり。
(着れる訳が・・・というより、買えない。買えない人間が似合う訳もなく・・・)

で、展示されている作品を見ながら勝手に、
このゴルチエのドレス、30代の頃のヘレナ・クリステンセンが着たら完璧!
とか、
このシャネル、シャーリーズ・セロンが着たら最高!
とか、
このクリスチャン・ディオール、ジョーダン・ダンが着たとこ見てみたい!
とか、
このサンローラン、オドレイ・トトゥが着たら良いかも!

と、一人で想像(というより妄想?)してました。

あとねぇ、ロマサガ(←RPG)で描かれている、小林智美さんの世界が思い浮かんだり。

名だたるデザイナーというのは、やはり独特な感性の持ち主で、
シンプルなデザインかと思いきや、よく見ると大胆なものだったり、
奇抜なデザインなのに、どこか落ち着いた感じがしたり、
と非常に面白い。
平凡な人から、あんな楽しいものを生み出す事は出来ない。
私は服屋じゃないので、偉そうな事は言えないんですけど、
服というのは人が着た時に完成し・・・オートクチュールというものは、着る人を選ぶんですよ、きっと。
着る人を思い描きながら服を作るって、楽しいよなぁ。

そういえば高校生の時。
幼児服を作る、という宿題が出され、近所の手芸屋でパターンと生地とジッパーを買い、
その当時、幼稚園児だった姪っ子を思いながら、ワンピースを仕上げました。
赤ベースのタータンチェック柄のワンピースを、姪っ子にプレゼントしましたら、

「あたし、今日これ着て お出かけするんだ〜」

と、着ていた服を脱ぎ散らし、ワンピースを嬉しそうに着てくれました。
そして、就寝時。

「あたし、今日これ着て 寝るんだ〜」

と、ワンピース着たまま 我が姪っ子は寝てしまいました。
姪っ子は私に気を遣ってくれていたんだろうと思いましたが、それでも嬉しかったなぁ。

あの時の私の嬉しかった気持ちと一緒、いや、それ以上の感動をデザイナー達は何度も味わっているんでしょうねぇ。


この三菱一号美術館。
内装がクラシカルで(外観もだけど)、とても素敵でした。
今まで見学しに行った美術館の中で、一番好きかも。
六本木の国立新美術館のモダンな感じも好きですけど。

先週、大久保にあるベトナム料理店に行ってきました。

・・・食べ物のネタばっかりだわ。



今回のお店はベトナムちゃん
大久保駅北口出て、裏路地入ったところにあるので、少々分かり辛い。
でもめちゃめちゃ混んでる。
分かり辛い場所に有りながら混んでいる、
という事は、それだけ美味しい料理を提供するんだろうなぁ、と期待が膨らみました。

で、鶏フォーのランチセットをオーダー。
生春巻きと揚げ春巻き、もやしが付いて¥900。
(13時以降入店だと¥100引き)


L「ガスパール、この揚げ春巻き、
とぉ〜っても美味し〜!!!
G「リサ、この鶏フォー、
すんごく美味し〜!!!


鶏フォーのスープと揚げ春巻き。
これらが特に美味しかった!!!
さっぱり目のスープで、優しいお味。心地いい感じ。
そして揚げ春巻きが、もうねぇ・・・箸が止まらない位。
何なのさ、あの味付け。

スタッフのお兄さんに

「今まで食べたベトナム料理の中で、1番でした」

と伝えましたら、

「よく言われます」

そうだろうなぁ。

実は私。
ベトナム料理自体、よく分かっていない・・・。
そんな私が、こんな事言うのは少々可笑しいのですが、
このお店、相当レベル高いです。
店内はキッチュな感じだけど、それがまた良いんです。
ベトナムのお店は、大体こんな感じなのかも。行った事無いから分からないけど。

夜は予約なしでは入れないとの事。
夜の料理も食したいわ〜。

そういえば。
パリの11区に『パリハノイ』というお店があり、そこで食したボブン(ビーフンに野菜やお肉や香草やナッツが乗っかっている。味は甘め。ニョクマム風味)が、とっても美味しかったのですが、あの時の感動と同じくらいかも。


ごちそうさまでした






先週、飯田橋にあるK,VINCENTに行ってきました。

G「リサ、何食べたい?」
L「モンブラン、プリン、ガトーショコラ・・・あぁ〜、決められないわ!」

このお店。
5〜6年前に知ったのですが、行けるチャンスが無くてねぇ。

「飯田橋なら、ぴゅいっと行けるじゃん」

と、言われそうですが、

オープンする日が事前にならないと分からない。
オープン時間に間に合わない。

という理由がありまして。
月によって違いますが、今月は6日間しかオープンしない

16時や17時にクローズしちゃうので、会社勤めしている人間は まず購入出来ません。
で、今回、(副業の)仕事放ったらかして行ってみたんですよ。

平日の14時頃、お店に着きましたら10人程並んでいまして、

「平日は30分位待てば買えますが、土日は1時間以上待ちが当たり前です」

なんて、誘導員のお兄ちゃんが言うのです。

お店に入りますと、10人も入ればいっぱいの購入スペース。
ショーケース向こうに厨房が見え、女性のパティシエさんがケーキの仕上げをされていました。
甘い素敵な香りが漂っていて、購入する前から嬉しくなります。


今回、購入したのは こちら。
RIMG1433_convert_20160307203726.jpg
P「リサとガスパール、おかえりなさい!うわ〜、ケーキだ〜!すてきすてき〜!」
L「ペネロペは、どれを食べたい?」
P「えぇっとぉ・・・」




RIMG1431_convert_20160307203759.jpg
Crèam brûlée thé vert

P「これ〜!」

上のクリームは、オーダー時に付けるか聞かれます。
抹茶風味のクレームブリュレに、このクリームを合わせると どう風味が変わるのか知りたくて乗せてもらいました。
お味は・・・


抹茶が濃〜い!
なめらか〜!
甘さが上〜品!


抹茶の含有率が高いのでしょう。でも決して嫌な苦さでは無いのです。
ハッと目が醒める様な濃さと苦さ。
上のクリームと一緒に食すと、今度は穏やかな感じになる。
そしてクレームブリュレの色が美しくてねぇ。



RIMG1432_convert_20160307203833.jpg
Riz au lait imperial

G「ぼくは、これ!」


日本ではあまり見かけない気がするデザート。
お米を牛乳で甘く煮たものなのですが、フォルムが可愛くて見た瞬間 即決。
お味は・・・


クリーム素敵すぎる〜!
お米の食感 面白い〜!
ヴァニラの風味豊か〜!


一口食べた瞬間、ヴァニラの素敵な香りが広がり、幸せな気分に。そして甘さが絶妙。
中のお米は煮崩した物ではなく、食感を残している。
クリームの中に入っている訳ですから、当然お米はどんどん ふやけていく。
計算しているんですよ、食べる頃にあの食感になる様に。





RIMG1430_convert_20160307203908.jpg
苺(あまおう)のショートケーキ

L「じゃあ、私はこれね」


ショーケースの一番端に並べられていましたが、一際目立っていました。
ご覧の通り、4段のクリームとビスキュイの層ですから大きいし。
期間限定で販売しているとの事でしたので、購入。
お味は・・・


クリーム最高〜!
苺甘〜い!
ビスキュイ フワフワ〜!


画像だと分かりづらいのですが、ビスキュイが結構粗めで、これはあえて軽くする為なのかなと。
昔のケーキ屋が作ってた様な、目の詰まった重いスポンジだと、食べてる途中で

「もう、いいや」

と、なりますしね。
私、このショートケーキを半分頂きましたが、味と食感の調和が取れていて素晴らしかった。
大きなケーキですが、全部食べ切るまで飽きさせない様に作られていると感じました。


今まで、色んなお店の色んなスイーツを食しましたが、1位2位を争う位のケーキ。
頂いてる最中、私の舌と脳が、喜びの悲鳴を上げていましたよ。


L「はぁ〜、美味しかったわね!」
P「こんな おいしい ケーキを・・・たとえば ケンカちゅうの かれしに かってきて もらったら ゆるしちゃうなぁ」
G「・・・!!(ペネロペって、彼氏が居たの!?誰だろう・・・ストロンボリ?それともアラジン??)」
L「分かるわ〜」
G「・・・!!(ぼく、リサとケンカしたら、このケーキを買わなきゃ許してもらえないのかなぁ??)」



う〜、また食べたい!!
あ〜、他のケーキも味わいたい!!


ごちそうさまでした





土曜日に、ひみつ基地会議をLa Piccola Tavolaで行いました。




L「ぱくぱく・・・ピッツァ食べながら会議なんて、最高よね〜」
G「むしゃむしゃ・・・えぇっと、本日のお題は・・・」
L「ダメよガスパール!ひみつ会議なんだから他言は禁物よ!」
G「あ〜、そっか」

マルゲリータにもうちょっとバジリコ入れてくれると嬉しかったなぁ。




IMG_0458_convert_20160306181952.jpg
G「リサ見て!ピッツァにムール貝とかアサリが乗っかっているよ!」
L「ブォーノブォーノ!」
G「へ?リサ、何て言ったの??」
L「『美味しい!』って言ったの。ガスパール、ヴェネツィア ロケ地調査の為に 私たちはイタリア語を覚えなきゃ!」
G「えぇっと・・・カプリッチョーザ、フォカッチャ、カルツォーネ、ニョッキ!!」
L「・・・私、人のこと言えないけど、食べ物の名前ばかりね」
G「えへへ〜」


このお店、『真のナポリピッツァ協会認定店』なのだそう。
噂通り、美味しかったなぁ、ここのピッツァ。
マルゲリータに使われていたピザドゥは丁度良い塩加減、トマトソースは甘め、そしてモッツァレラがモッチモチで美味しかった!

ペスカトーレは魚介の旨味とトマトソースの旨さが相まって、こちらも美味でした!

ディナー時はトリッパなどもあるようで・・・う〜、食べてみたい!


今回のひみつ会議の内容は内緒〜。
ちゃんと ひみつ会議が行えたのかは・・・謎〜。



ごちそうさまでした



先週、自由が丘散策時、自由が丘バーガーに行きました。



まずは・・・

L「ガスパール、ちょっと休憩しましょ・・・はぁ〜アップルジュース美味しいわ〜」
G「ハンバーガー、まだかなぁ」

ジュースの中にスライスされたりんごと、スティックのシナモンが。
これ、美味しかったなぁ。
りんごとシナモンの組み合わせ、本当最高だわ。



RIMG1395_convert_20160301220219.jpg
G「やっと来た〜!いっただきま〜す!もぐもぐ・・・」
L「大きなハンバーガーね・・・私、お口が小さいから食べれるかしら?」
G「むしゃむしゃ・・・リサなら大丈夫だよ。ぱくぱく」
L「ガスパール。それ、どういう意味?」
G「・・・!!(うひゃ〜、余計なこと言っちゃった!)」


オーダーしたのは『自由が丘チリバーガー』
ご覧の通り、非常に食べ辛そうなフォルム・・・勢いよくガブリ、といきたいのですが、顎が外れるのが嫌なので、左手でハンバーガーを持ちながらフォークで頂きました。

香ばしく焼かれたバンズはふわふわで、
パテは肉々しく、
軽くソテーされたオニオンは ほんのり甘く、
トマトは瑞々しく、
チリソースはスパイスが効いていて・・・美味しかった!

付け合せがポテトとイチゴ。
このポテトも美味しくて、ほんのり黄色く甘みがあったので、きたあかりっぽい。

このお店。
テラス席なのですが、周りにビニールシートが貼られ、ガスストーブがガンガンに焚かれ、ブランケットも用意されているので、寒くない・・・というか ぽっかぽか。


次回は『ピンクバーガー』を食べてみようっと。


L「ガスパール!私は大丈夫って、どういう意味なの!?」
G「リサ、早く食べないと無くなっちゃうよ〜・・・むしゃむしゃ」


ごちそうさまでした


 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。