FC2ブログ
01 月<< 2016年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
先週、自由が丘にある『La Vita』に行ってみました。



L「ガスパールってヴェネツィアに行ったこと、あるのよね?」
G「うん!世界で一番美味しいスパゲッティを食べたんだ!・・・あれ、ここってヴェネツィア?」
L「ううん、自由が丘。東京の目黒区」



RIMG1399_convert_20160229213524.jpg
L「ガスパール見て!ゴンドラがあるよ!ねぇ、ガスパールはヴェネツィアに行った時、ゴンドラに乗ったの?」
G「えぇっと・・・カヤックに乗ったよ」
L「カヤックに?どうして??」
G「・・・ぼくの目の前にあったから」


ヨーロッパ往復分のマイルは、もう貯まったのに、長期の休みが取れず未だ行けず・・・なので とりあえず『Gaspard à Venise』ロケ地巡りの予行練習。(へ?)


自由が丘で思い出した事が。
学生の頃、友人に連れられ『MURA』というカフェに行ったのですが、そのカフェが変わっていまして
入店した客に「いらっしゃいませ〜」と、言わないんです。
好きなとこに座って、なスタンス。

店内は物凄く暗く、インテリアとBGMはインドっぽい。

で、友人が勧めるMURAのカレーを食べましたら、めちゃめちゃ美味しくて。
暗がりの中で食したものですから、見た目どんなカレーだったかは記憶に無い・・・。
多分、MURAのカレーを食べてから私はカレーholicになっちゃったような気がします。(笑)

美味しいカレーを食し、チャイを飲み、その後そのまま友人と居眠りしてました。
寝ていても何も言われません。放っておいてくれるのです。

確かキャンティ(閉店しちゃったけど)や、アンナミラーズがある辺りだったなぁと記憶していたので、その辺ブラブラしてみたのですが、見つけられず。

お店の壁を蔦が覆っていたので、すぐ見つけられると思っていたのですが。

家に帰り、調べてみましたら10年以上前に閉店&取り壊したとの事。

もう一度、食べたかったなぁ。あのカレー。


スポンサーサイト



だいぶ前の話なのですが、1月半ばに姪っ子が遊びに来ていまして、母と3人で新橋にあるBlondelで、お茶・・・というか、ランチしてました。

姪っ子と母は、重度のチョコレートholicです。

「ランチは何食べる?」

と聞きましたら

姪っ子「チョコレートがいい」(へ?)
母「私も美味しいチョコレートがいいわ。ナッツが沢山入っているのがいいの」(は?)

「ランチ、何食べる」

と、聞いているにも拘わらず、チョコレートって・・・どんだけ好きなのさ。
ってか、チョコレートってお菓子じゃないのかい!?
(私、頭固すぎるのか?巷じゃ『ランチにチョコレート』は普通なのか??)



私がオーダーしたのは『Apfelstrudel(アプフェルシュトーデル)』という、アップルパイとショコラショー。
Blondelでは、15種類ものショコラショーがあり・・・どれも魅力的。

これがスイス風のアップルパイなのでしょうか?
感動したのは、『Cannelle Miel』という、シナモン風味のショコラショー。
チョコの風味を消さない絶妙なシナモンの香り。
いいわぁ〜、これ。

母と姪っ子は・・・何をオーダーしたんだっけ?
忘れちゃったわ。

このお店。
落ち着いた雰囲気で、私好みでした。
時間見つけて、また行こうっと。


L「ラグジュアリーよね〜」
G「ぼく、あと13個くらい チョコレート食べれそう!」
L「ガスパール、完全にチョコholicね・・・」


ごちそうさまでした



クロワッサン/GONTRAN CHERRIER TOKYO


P「リサとガスパール、みて!きれいな クロワッサン!」
L「生地の層が素晴らしいわ!何て美しいの〜!」
P「おあじも とっても すてきよ〜!」
L「目と舌で感動出来ちゃうなんて・・・これこそ芸術作品!シェリエさん、最高だわ!」
G「サクサクむしゃむしゃ・・・」


昨年の大晦日。
知人とCOREDO室町でブラブラしていた時、

「そういえば、フラ語の先生から『GONTRAN CHERRIERのパンは絶品だ』と、勧められたなぁ」

と思い出し、寄ってみました。
店内で並べられていたパンの中で、特に目立っていたのが このクロワッサン。
写真だとちょっと分かり辛いのですが、フォルムが美しいのです!

中は生地と空気の割合が半々(?)で軽い感じ。
トースターで少し温めてみましたら、外はサックサク、中はしっとり。
バターがほのかに甘く感じました。

私が今まで食べたクロワッサンの中で、一番美味しい!
お安くて美味しくって・・・びっくりです。


RIMG1358_convert_20160222204456.jpg
左 抹茶スコーン 右 バニラスコーン/GONTRAN CHERRIER TOKYO


P「リサとガスパール、このスコーンも ぜっぴんよ!」
L「バニラの香りが凄いわね!」
P「まっちゃの ふうみも ゆたかよ〜!」
L「ガスパール、私 シェリエさんのパンを毎日食べたい!」
G「むしゃむしゃ もぐもぐ・・・」


クロワッサンと一緒に購入したスコーン。
これもねぇ・・・激ウマ!
特にバニラスコーン。バニラビーンズの素敵な香り&優しい甘さに ヤラレました。
生地はホロホロと崩れる感じなので、ちょっと食べ辛いけど。
美味しいから許せちゃいます。


はぁ〜、幸せぇ〜


ごちそうさまでした






TOPAS/RIMOWA


L「ガスパール、私を旅行に連れてって!ヴェネツィアとか、ニューヨークとか、アントワープとか、ユゼスとか、鳥取砂丘とか、レイキャビクとか、ロヴァニエミとか、ストックホルムとか、リヴァプールとか」
G「そ、そんなに!?」
L「あと、アムステルダムや、オスロや、エズにも行きたいのよね〜」
G「・・・欲は尽き無いね」


10年以上前。
新宿のTOKYU HANDSの片隅に飾られていたRIMOWAのスーツケースを見て、

かっこいい〜っ!
いつか手に入れたい!


と、目を輝かせていました。(笑)
昔からシンプルなフォルムの物が好きでして。

で、だいぶ前。
今まで使っていたスーツケースの鍵を失くしてしまい(情)、RIMOWAのトパーズを購入。
使い勝手は良いので、いい買い物をしました。



RIMG1390_convert_20160218201957.jpg
ダイヤルロック式なので、私の様に鍵を紛失しちゃう人には良いかも。

そういえば昨年。
カストラップ空港で、スーツケースを預けましたら、係員のかっこいいお兄さんに

「重いね」

と、笑われました。
スーツケース自体が少々重いからねぇ。

そういえば、その2。
ファスナー式のキャリーケースは、鍵をかけていても簡単に開け閉め出来てしまうそうで・・・こ、怖い!


L「あと私・・・ウィーンや、モナコにも行きたいの。ねぇガスパール、聞いてる?」
G「ZZZ・・・(寝たフリしよう)」



左 プラグ 右 変圧器/無印良品


G「今、ひみつ基地 所長代理は関西に旅行中みたいだね」
P「いいなぁ、りょこう。わたしも いきたいなぁ」
L「私たちはこの間、あちこち 行ったばかりだけど、何処かに行きたくて うずうずしてるわ」
P「ねぇねぇ。これ、なぁに?」
G「色々と困った事があってねぇ。プラグと変圧器を買ったんだ」


昨年の5月。
コペンハーゲンとパリに行ったのですが、スマフォ、スマフォチャージャー、デジカメ、iPodを充電するのに かなり大変な思いをしました。

プラグと変圧器、各1つしか持って行かなかった為、同時に充電出来ず・・・なので少し前、無印良品でプラグと変圧器を購入。

左のプラグ、何と世界中のアウトレットに対応しているそう。凄いなぁ。
これらが入っている袋には、丁寧に使い方の説明までプリントされています。

これで、何処行っても大丈夫でしょう。

そういえば先週。
池袋で知人とご飯を食べながら旅行の話をしてました。
知人は20代の頃、くじでスペイン旅行を当てて(!)、一人スペイン各地をぐるぐるっとしたそう。
その時の感動が忘れられず、その後お金貯めて またスペインへ。しかも3ヶ月も。
前回と同様、あちこちぐるぐるしたり、ちょっとモンサンミッシェルに行ったり。
スペイン人の友達が出来、毎晩バルへ行き、タパスを食べまくったとの事。

3ヶ月も旅行するなんて、夢だわ。

私が小さかった頃。
『母をたずねて三千里』というアニメを観て、

旅人になりたい!

と、(一時期)本気で思っていた事を思い出しました。
すぐ影響されちゃう、単純な私。

潤沢な資金と莫大な時間があれば、直ぐにでも世界中をぐるぐるしちゃうんだけどなぁ。





・・・あ〜、旅行行きたいなぁ。


もう、2月中旬なんですねぇ。

私、毎日 花粉に攻撃されまくりで、毎日くしゃみ連発&目が充血しっ放しです。
なので、美味しいお菓子を食べて、アレルギーを忘れようかと。
(そんなことで、忘れられるのかぁ?)



マダレナ カスターニャス/CACAO SAMPAKA
(↑ 残念ながら 売り切れになってしまった様です)


L「大好きなガスパール。私からのヴァレンタインのプレゼントよ!」
G「うわ〜!リサ、ありがとう!ぼく、とっても嬉しいよ〜!」
L「だってガスパールは私に『Je t'aime !』って、言ってくれたもん

しっとりとした アーモンドケーキの中に、チョコチップと栗が沢山ゴロゴロっと入っていました。
やはりCACAO SAMPAKA。
甘く ずっしりとしていましたが、めちゃめちゃ美味しかった!



P「わたしも わたしも〜!」


RIMG1384_convert_20160213223519.jpg
チョコマロン/DEMEL

P「だいすきな ガスパール。わたしからの ヴァレンタインの プレゼントよ!」
G「ペネロペも!?ありがとう!」
P「だってガスパールは わたしに・・・えぇっとぉ」
L「???」
G「???」
P「えぇっとぉ・・・なんだっけ??」
L「ひそひそ・・・(ペネロペ、『いつも 遊んでくれて ありがとう』で、いいと思うよ)」
P「あ、そっかぁ!ガスパール、いつも あそんでくれて ありがとう!」
G「どういたしまして!リサとペネロペ、一緒に食べようよ!」
L & P「うん!」



DEMELの このチョコ。
中にシロップ漬けの柔らかい大きな栗が入っていまして、くどく無い甘さで こちらもとっても美味しかった!


L「ひそひそ・・・(ペネロペ、ホワイトデーにガスパールから何が貰えると思う?)」
P「ごにょごにょ・・・(BVLGARIの ティラミスなんて どう?)」
L「ひそひそ・・・(私はNOKAのチョコレートが また食べたいわ)」
P「ごにょごにょ・・・(JEAN-PAUL HEVINも いいよね〜)」
L「ひそひそ・・・(Sadaharu AOKIも要チェックよ)」
P「ごにょごにょ・・・(DEL REYも みのがせないね)」
L「ひそひそ・・・(ARMANIもチョコレート出しているの、知ってる?)」
P「ごにょごにょ・・・(BOISSIERは はずせないんじゃない?)」
L「ひそひそ・・・(COVAのお味も 確かめたいわ)」
P「ごにょごにょ・・・(GALLERで うっとり したいのよね〜)」
L「ひそひそ・・・(LINDTも魅力的よ)」
P「ごにょごにょ・・・(MICHEL CHAUDUNって どんな かんじかしら?)」
L「ひそひそ・・・(ORIOL BALAGUERの個性的な世界もいいんじゃない?)」
P「ごにょごにょ・・・(COMPARTES CHOCOLATIERで むちゅうに なりたいのよね〜)」
L「ひそひそ・・・(PASCAL CAFFETで アートも一緒に楽しむなんて どう?)」
P「ごにょごにょ・・・(FRANÇOIS PRALUSで しょくにんわざを たんのうしたいのよね〜)」

G 「ねぇ、2人とも さっきから 何を話してるの?」

L & P「な〜いしょ〜」



・・・私は淡路島の玉ねぎ2つ3つ 強請ろうかしら?(は?)


 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。