FC2ブログ
05 月<< 2015年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

2015/5/6 17時頃。

渋滞に巻き込まれながらも何とか空港に到着。
今回、空港〜ホテル間をエールフランスのバスで行き来しました。

シャルルドゴール空港を出てすぐの所にバス停があり、自販機でチケットを購入し(英語表記有り/カード支払い可能/現金が使えたかは不明)、何箇所かある停留所の何処で下車するかをスタッフに告げ、ドライバーにチケットを見せ、乗車。

パリ市内からは、ドライバーから直接チケットを購入し(カード支払い可能/自販機の有無は不明)、乗車。
座席指定はありません。

渋滞に巻き込まれた為、ホテルから空港まで2時間弱かかりました。




空港のロビーにて。
・・・私(達)、食べてばかりだよ。

そういえば。
この間、クラスメートに自分用にお土産を買ったかと聞かれ気付いたのですが・・・↑この『milka』のポップコーンと『bueno』のチョコバーくらいでしょうか。うちの近所で売ってない気がしたので搭乗ロビーで購入。
上野のアメ横にありそうだけど。

物欲はある方だと思うのですが、買い物する時間があれば写真を撮りに行く方が良いと考えてしまうので、何処に行ってもあまり買い物しないんですよ、私。


IMG_20150507_192353560_convert_20150628085042.jpg
L「ガスパール、そろそろ搭乗時間よ。私、もっと遊びたかったなぁ」
G「僕もだよ・・・またねフランス!」


今回の旅行も、本当に良かった。
コペンハーゲンでのライヴを軸にプランを立てたのですが、毎日素敵な出会いがあり、毎日美味しいものを食し、毎日綺麗な景色を見てました。

そして・・・
チケット会社に掛け合って下さった&ライヴと観光を一緒に楽しんだEちゃん、
DMLのチケットを譲って下さったToさん、
チケットの手配&ライヴを一緒に楽しんだTさん、
ライヴを一緒に楽しんだ&DMLのビールを分けて下さったTaさん、
DMLのレクチャーをして下さった&ライヴを一緒に楽しんだRさんファミリー、
コペンハーゲンで道を教えて下さった皆さん&ご旅行中だったご夫妻、
コペンハーゲンで素敵な時間を与えて下さったSさん、Miさん、Tさん、Mさん、
パリで道を教えて下さったムッシュー、
パリをご旅行中だったご夫妻、
カフェ&クレープリーで出会ったサンパなスタッフの皆さん、
お忙しい中、時間を作って下さったOさん&パリジェンヌのMちゃん&Lちゃん

おかげさまで素晴らしいヨーロッパ滞在となりました。本当にありがとう!


一応、『リサとガスパール コペンハーゲン/パリへ行く』はこれでおしまい。
次回は、(今更な感じですが)個人旅行の手配方法とかします。多分。



スポンサーサイト

2015/5/6 午後。

ランチを終えた後、次のリサとガスパールのロケ地へ行ったのですが・・・コスプレしたパリジェンヌがRedbull(?)を配っていて、写真を撮れず。
実はその場所、パリに着いた初日から毎日行っていたのですが、大型のバンが停まっていたり大雨が降ったりで、結局撮れませんでした。すんません。

気を取り直し、最新作の『Gaspard est amoureux』、もしかして販売されてるかも〜!と、Georgさんがサイン会を行っていた絵本専門店のChantelivreへ向かったのですが、やはり販売されておらず・・・当たり前か。

なので、宿泊先に戻り、ラウンジで友人たちにお礼のメールしたり、ブログネタをメモったりしてました。


IMG_20150503_190818741_convert_20150628084939.jpg
今回のパリ旅行で、14区にあるHôtel EDOUARD Ⅵというホテルに滞在したのですが、スタッフが皆感じ良かったです。
日本語で挨拶して下さったのですが、日本人の利用が多いんでしょうねぇ。

何故、このホテルに決めたのかと言うと、今回空港からパリ市内へバスで向かう事になり、そのバス停の側のホテルを探していてヒットしたのが此処だったので。
ホテル近くに地下鉄Montparnasse-Bienvenüe駅があり、スタバやMonop'(スーパーモノプリの小規模店)などがあり便利でした。

ただ、このホテルの部屋はWIFIが繋がりにくくてねぇ。チェックアウトした時にラウンジだと繋がりやすいと気づきまして・・・あぁ〜。



RIMG0203_convert_20150628091611.jpg
L「ガスパール、もう日本に帰らなきゃ・・・名残惜しいわね」
G「僕たち、パリで生活しているという設定だけど、日本に帰る・・・何だかややこしい」
L「素敵な出会いがいっぱいで、私 とぉ〜っても楽しかったわ」
G「本当だね」


渋滞に巻き込まれる事を予想して、早めにパリを出て空港へ向かいます。



つづく





2015/5/6 午後。

リサとガスパールのロケ地、サンポール通りに行った後、お腹が空いたので6区にあるLa crêperie des Canettesへ。




L「ガスパールぅ〜 私はぁ〜 とぉ〜てもぉ〜 幸せなのぉ〜 何故だかぁ〜 わかるぅ〜?」
G「・・・リサ、また酔っ払っているの?」

まずは、シードル。
今回、サーモンが入ったガレットを選んだので、ドライのシードルをオーダー。
徳利の様な器で提供されました。ブルターニュのスタイルなのでしょうか?

そういえば。
フランスで、クレープを食したことはあるけど、ガレット食べるの、初めてだったなぁ。



RIMG0204_convert_20150620231927.jpg
オーダーしたのは『Grand Frais』という、スモークサーモンと生クリーム、チーズが入ったもの。
添えられてるレモンを絞って頂きます。
素朴な味のガレット生地、チーズ、スモークサーモン、どれもが美味しかったなぁ。

L「ガスパールってスモークサーモン好きなの?Caretteでもスモークサーモンのサンドを頼んでいたじゃない?」
G「あれ?そうだったっけ??」

例のごとく、リサとガスパールと一緒に写真を撮っていましたら、私の隣の席に居たオーストラリアから来られていたご夫妻に

「面白いね」

と、またしても声を掛けられました。
なので、リサとガスパールを知っているか聞いてみましたら・・・やはり知らないとの事。(悲)

ご夫妻は、日本にも来られた事があるそうで、

「日本は凄く素敵だったわ!東京と京都は綺麗で素晴らしく、日本人は皆親切なの。私たちは何度も日本に行ってるわ」

と、奥様が目を輝かせて語られてました。
そう思って頂けるなんて、嬉しいですよね。

ガレットを頂きながら お互いの話をしていましたら、ご主人がお店のスタッフにワイングラスを頼み・・・それを私に渡し、そしてワインをご馳走して下さったのです。ありがたや〜!


このお店、座席の間隔が非常に狭く、尚且つ人気があるので、ゆっくり寛ぐ・・・という感じではないのですが、美味しいのでオススメです。

今回の旅行も、リサとガスパールが引き合わせてくれたご縁が沢山あったなぁ。

L「だって私たちはぁ〜 チャーミングでぇ〜 キュートだもん」
G「・・・自分で言っちゃう?」

ありがとう、旅先で出会った皆さん。
ありがとう、リサとガスパール。



つづく




2015/5/6 午後。
Lisa et le Père Noëlのロケ地 セヴィニエ通りの次は・・・



C'est la fête ! 見開き/31, rue Saint-Paul


10年弱の間に此処を4〜5回訪れてます。
私の大好きな映画『Before sunset』のロケ地でもあるのです。

見開きで、リサの姉ヴィクトリアとリサパパはピニャータ屋のディスプレイを眺めていますが、実際はピニャータ屋ではなく、確かアンティークなアクセサリーを販売しているお店だったと記憶してます。

この場所を探す際、パリのピニャータ店をググれば見つかるだろうと思っていたのですが、全然様子の違う所しかヒットせず、困っていました。
ら、雑誌のインタビューでGeorgさんがこの場所を語られていまして、それをヒントにマレ地区をぐるぐる探して、見付け出しました。
(4〜5回も来てるのに全然分からんかったわ・・・情)


C'est la fête ! と言えば。
きいろちゃん再登場で盛り上がりましたね。
詳しくはこちら→ひみつ基地 交流会@パリれぽぅと

その後も『La rencontrée de G & L』や書き下ろし原画、そして最新作『Gaspard est amoureux』にも登場し、きいろちゃんは大活躍ですね。



L「ガスパール、『Je t'aime』って素敵な言葉よね・・・私、とぉ〜っても幸せよ!」
G「ぼくもだよ、リサ!」





つづく



2015/5/6 午後。

Un cadeau pour mamanのロケ地 Saint-Antoine通りの次は・・・



Lisa et le Père Noël 見開き/36, rue de Sévigné

クリスマスの時期、リサとガスパールとリサママがモミの木を抱えながら歩いている場所。
この場所はリサとガスパールのオフィシャルサイト内で知った気がするのですが、それらしき情報が載っていない・・・何で知ったのだろう?

今回、訪れたのが夏前だったため、絵本の中の様に電球のイルミネーションはありません。
12月頃に行ってみなくては。

実は・・・この通りに向う途中、自分が何処に居るのか分からなくなってしまったので、地図を見ていましたら、

「何処に行こうとしているんだい?」

と、ムッシューに声をかけられました。
有難い事に 東京と違い、道に迷っている人をパリジャン&パリジェンヌは助けて下さいます。
(勿論、適当な事を言う人もいますが・・・)

「セヴィニエ通りに行きたいのです」

と告げましたら、

「こっちだよ」

と、案内して下さいました。
しかし、そのムッシューはご高齢の方。10m程歩きますと息が切れる様で、足が止まり・・・その繰り返し。
そんなムッシューを見て、倒れちゃったらどうしよう!と、不安になり

「ムッシュー、大丈夫ですか?私 地図を持っていますから自分で探しますよ。急いでいませんから」

と伝えたのですが、

「大丈夫、もう少しだから・・・はぁ〜、はぁ〜」

そう言って、苦しそうに歩き出すのです。
その間、申し訳なくてねぇ。そして、

「やっと着いた・・・ここだよ」

と、笑顔で教えて下さるムッシュー。

「あなたの優しさに感謝します。あなたの事は忘れません・・・でも大丈夫ですか?」

そう伝えますと、うんうんと頷き、手を振り『大丈夫』というサインを送るムッシュー。
関わった事に対し責任を果たす そのお姿に敬服致しました。


G「僕たち、今回も色んな人に助けてもらって・・・有難いよね」
L「本当ね・・・助けて下さる方がいるから私たちは こうして旅を楽しむ事が出来るんだもの」



つづく



2015/5/6 午前。

この日は日本へ帰る日でしたが、21時のフライトなので、まだまだ遊んじゃいます。
(ひみつ基地諜報部員としての任務はどうした?)



友人の親友リザ(仮)が「おすすめよ!」と教えてくれた、エッフェル搭の近くにある水族館Cinéaquaへ行ってみました。


RIMG0207_convert_20150609214219.jpg
L「ガスパール、これって・・・日本の旗だよね?」
G「本当だ!大漁旗なのかなぁ?」

何故飾られていたのかは、謎。


RIMG0211_convert_20150609214243.jpg
G「リサ、見て!」
L「うわ〜、綺麗〜!」


RIMG0213_convert_20150610210651.jpg
L「お魚、たくさんいるね!」
G「この魚、食べられるのかなぁ?」
L「んもう!ガスパールったら!」

大きな水槽の中で泳ぐサメ達を、ヒーリング音楽がエンドレスで流れる中、椅子に座って眺められる照明を落とした暗めの部屋がありまして・・・そこでず〜っと、ぼぉぉ〜っとしてました。
ふと誰かの視線に気づき、そちらに目をやると、そこには小さなフランス人の女の子が。(部屋が暗かったので、女の子だったと思うのですが・・・)

「Bonjour」

と挨拶しましたら、ちゃんと返事してくれまして、

「お名前は?」

と聞きましたら、椅子の背もたれに隠れてしまいました。あはは・・・。


RIMG0232_convert_20150610210716.jpg
G「リサ、鯉がいっぱいいるよ!」
L「『触れてみて』って書いてあるけど・・・触っても大丈夫なのかしら?」

出口付近に何と錦鯉の水槽が。
『Youは何しに日本へ』という番組で、錦鯉のバイヤーに密着していた回があり、ヨーロッパでとても人気があると言っていたのを、この時思い出しました。
日本の水族館で錦鯉を展示してる所って・・・記憶に無いなぁ。



つづく


2015/5/6 朝。

この日もLe Comptoir du Panthéonで朝ごはん。



L「ガスパール見て!目玉焼きが3つもある!」
G「リサ、早く食べちゃおうよ〜!」

前回はオムレツをオーダーしたので、次はサニーサイドアップ。
サラダが無くてちょっと残念・・・でも黄身はトロットロ!


私のテーブル担当の女性が我が家のリサとガスパールを見て

「アララ〜!可愛いわねぇ!」

と言うので、前日のCaretteの時と同じ様に リサとガスパールを知っているか聞いてみましたら

「Non」

・・・そうですか。
お忙しそうでしたので、話は終了・・・。

この時も2時間位、ここで過ごしました。



つづく



2015/5/5 午後。

ヴァンセンヌの森で開催されていた移動遊園地で遊んだ後、お腹が空いたので、ヴォージュ広場近くにあるCaretteへ。




G「ぼく、お腹ペコペコ!いっただきまぁ〜す!もぐもぐ・・・」
L「今朝、クロワッサンが飛んで行っちゃったから、私たち ちょっとしか食べてなかったのよね・・・ぱくぱく」

Caretteで、福家の煎茶とスモークサーモンのサンドイッチをオーダー。
ご覧の通り、物凄い量・・・3人前はあります。(笑)
とても美味しかったのですが、当然食べ切れる訳もなく・・・持ち帰りました。

リサとガスパールと一緒に写真を撮っていましたら、お店の偉い方(?)と私のテーブル担当の女性に

「彼らは誰ですか?」

と聞かれました。

「彼らはリサとガスパールでパリで暮らしているの、ご存知ではない?」

と伺いましたら、声を揃えて

「Non」

ですって。(悲)


私が座っていた席から、美味しそうなケーキの数々が置かれているコーナーが見え、その中で特に美味しそうなスイーツを発見してしまったので・・・


RIMG0202_convert_20150608231346.jpg
L「ガスパール、やっぱりスイーツは外せないわよね!」
G「美味しい・・・美味し過ぎるよ、これ〜!」


Paris caretteという、ナッツが散りばめられたシュー生地の中に ヘーゼルナッツのクリーム、パフが入ったプラリネが入った物もオーダー。これが・・・

めちゃめちゃ美味しかった!

また食べたくてしょうがない位!

このお店、ハイクラスなのにスタッフ達はとても感じ良く、フレンドリー。

「カードリーダーの調子が悪くて、遅いのよ」

と、セルヴィスの女性が仰るので私、

「早くしなさい!寝ないで!」

なんてカードリーダーに向かって喋っていましたら、微笑まれてました。


この日、あちこち歩いて疲れてしまったので、Caretteで3〜4時間過ごしてました。
コペンハーゲンとパリで見たもの・聞いたもの等を 忘れぬうちにノートに書き留めたり、本を読んだりしてました。




つづく



2015/5/5 午後。

Arcueil Cachanの水道橋を見た後、向かったのは・・・




G「『Porte de Charenton』に到着〜!」
L「ガスパール、ヴァンセンヌの森でゆっくりするのね!」
G「さぁて、それはどうかな〜」
L「えっ?違うの??」



RIMG0191_convert_20150607200644.jpg
L「・・・ガスパール、もしかして!」
G「コペンハーゲンでは、チヴォリ公園(遊園地)で遊べなかったでしょ?だから今日は遊園地で遊ぼうよ!」

パリ滞在中、期間限定の移動遊園地が丁度オープンしていました。
前回、前々回の滞在時は終了していたので、やっと行くことが出来ました。

この移動遊園地、入場する際、かなり厳しいボディチェックと荷物チェックを受けます。
テロがあった影響なのでしょうか?
そして何と我が家のリサとガスパール、疑われてしまい・・・事情を説明して何とか入場できましたが。


IMG_20150506_135627533_convert_20150607202726_convert_20150607204045.jpg
園内を巡回する警察官。たくさん居たなぁ。



RIMG0187_convert_20150607200720.jpg
L「ガスパール、私 これ乗りたい!」
G「えっ!?こ、これ〜??(おばけ、怖くないかなぁ???)」

ここは、映画『アメリ』に出てくるニノのバイト先。


RIMG0190_convert_20150607200751.jpg
L「ガスパール、早く乗りましょ!」
G「えぇっと・・・(怖いよ〜!!)」

アメリはニノに会うため、一人お化け屋敷に入るのですが・・・この『TRAIN FANTOME』、映画と同じことが起こるのです!(笑)



この移動遊園地、かなり本格的で、他にも・・・
RIMG0177_convert_20150607200836.jpg
ローラーコースターや、


RIMG0186_convert_20150607200911.jpg
観覧車や・・・


RIMG0180_convert_20150607201106.jpg
回転ブランコ(?)や・・・ちなみに この遊園地、入場は無料ですが、アトラクションは有料。
『2』と書いてありますが、これは1人2ユーロ。
絶叫系は4〜5ユーロでした。私は乗りませんでしたが。


RIMG0182_convert_20150607201153.jpg
ヴァイキング船も。


ゲーセン、射的、ゴーカートとかもあり、とても移動遊園地とは思えません。
売店も多数あり、チュロス、ドーナツ、フライドポテト、ケバフサンド、ホットドック、綿あめ等が販売されていました。




つづく




2015/5/5 午前。

この日は私の大好きな映画『アメリ』のロケ地巡りをしていました。
最初に向かったのは・・・




G「『Arcueil Cachan』に到着!」
L「ねぇガスパール、アルクイユに何があるの?」
G「まだ内緒だよ!」
L「そういえば・・・私たち、アルクイユまでの切符、買ったっけ?」
G「リサ、僕たちには定期があるから大丈夫だよ!」
L「ガスパール、私たちの定期は『2ゾーン』まで乗れるものでしょ?アルクイユは違うエリアだから・・・」
G「えぇ〜っ!?ど、どうしよう!!」

RIMG0309_convert_20150606235354.jpg
今回、『NAVIGO』というSuicaと同じICカードの定期を購入し、パリ散策していました。
NAVIGOは1〜2ゾーン用(←観光地は1〜2ゾーン内にあるので私はこれを使用)の他に、1〜3ゾーンとか、1〜4ゾーンとかがあり(自己申告制)、ゾーンが広がる毎に値段も高くなります。
アルクイユはパリ郊外なので、私が購入したNAVIGOでは足りず(気付いたのは改札を出ようとした時)・・・当然、改札口で引っかかりました。

ここで問題。じゃじゃん!(←一応、効果音のつもり)
私はどうやって改札を出たでしょう?

1、駅員さんに「知らなかったのよ〜」と言って改札を通してもらった
2、駅員さんに差額分を払った
3、アルクイユで降りた人の背後に引っ付いて一緒に出た
4、その他(ってどんな やり方よ?)

・・・何か商品をあげる訳ではないんですが。



RIMG0167_convert_20150606233302.jpg
G「・・・何とか出れて良かったね」
L「はぁ・・・」


パリ中心地からメトロ&RER線で30分位。個人宅を改築した様な駅ですねぇ。
アルクイユはあまり治安の良い所ではないと、どなたかのブログで読んだ記憶があるのですが、どうなんでしょう?
(私が住んでいる所よりは安全な気がする...)
そして、歩いている人が殆ど居ない・・・思いっきり静かでした。
駅の目の前にカフェがあり、駅からそう遠くない場所に宿もあるみたいです。
観光スポットがあるのかしら?



RIMG0165_convert_20150606233414.jpg
ここは、アメリが借りてる部屋の家主宅付近。(詳しくは『アメリ』をご覧下さい)
2〜3年前に、この場所を見つけ出し、ずっと訪れたいと思っていました。

家の後ろに見えるのは水道橋。綺麗だったなぁ。



つづく






2015/5/5 朝。

前日、リサとガスパールのロケ地巡りをし、その後友人に会い、モンマルトルでおしゃべりしながらワインがぶ飲み・・・で、6時頃に目が覚め、

「ちょっと雰囲気の良いカフェのテラスで朝ごはんが食べたい」

と思い立ち、1区のパレ・ロワイヤル付近にあるLe Nemours(パリ情報Nana)へ。

朝早くに行ったので、ビジネスマンが2〜3組居る位。
ここで、クロワッサンと紅茶をオーダーしました・・・ら、事件発生!


IMG_20150505_082016447_convert_20150603203959.jpg
L「ガ、ガスパール!私たち、飛ばされちゃうわ!」
G「何としても、僕たちのクロワッサンは死守しなくちゃ・・・」


G&L「あ”〜っ!クロワッサンが、飛んで行っちゃった〜っ!」


この日、風が強かったんですよ。
↑写真では、風が吹き荒んでる様には見えませんが。
で、2つに割った片方のクロワッサンが、風に飛ばされちゃいました。(爆笑)

・・・普通、パンなんて飛ばされないですよねぇ?
クロワッサンより重量があるパンオショコラ(チョコが入ったパン)を頼んでおけば良かった・・・はぁ〜。

これも楽しい旅の思い出。あはは・・・。


つづく






 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。