FC2ブログ
12 月<< 2015年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
2月14日まで開催中の『ハッピーヴァレンタイン!ペネロペ×TOWER RECORDS CAFE』に行ってきました。




P「みなさん、Bonjour ! ひみつきちの かわいい ちょうほうぶいんの ペネロペですよ〜。
わたしはもう、おねえさんだから ちゃ〜んと ひとりで レポートできるよ〜。
いま わたしねぇ、しぶやの・・・えぇっとぉ・・・なんだっけぇ〜??」

カフェペネロペ(以下カフェP)「タワレコ」

P「あ、そうだ!タワレコにいま〜す。そして・・・えぇっとぉ・・・」

カフェP「Massaペネロペ、とりあえず なかに はいったら?」

P「OK〜!」



RIMG0126_convert_20150129221522.jpg
P「おみせの なかには・・・あっ!わたしの だいすきな おともだちの パネルはっけん!
わたしの いもうとと おとうとの フィロメーヌとウスタシュも いるよ〜!」



RIMG0123_convert_20150129221622.jpg
P「うわ〜!わたしの かわいい ランチョンマットだぁ〜!わたしの スペシャルメニューも あるよ〜!
すいませ〜ん、これ ぜんぶ くださ〜い!
わたし おねえさんだから ひとりで ぜぇ〜んぶ たべられるよ〜!
あれ?わたしの うしろに だれかが いるよ〜」


RIMG0133_convert_20150129221723.jpg
カフェP&セザリーヌ「Massaペネロペ、いらっしゃい!」



RIMG0130_convert_20150129221801.jpg
P「おりょうりが くるまで ちょっと おさんぽ〜・・・あれ〜、カフェペネロペ、そこで なにしてるの〜??」

カフェP「これからの じんせいに ついて かんがえてるの」

P「じんせい〜?なにそれ〜??」


RIMG0131_convert_20150129221831.jpg
P「あっ、こっちには ストロンボリ!ねぇねぇ、そこで なにしてるの〜??」

カフェストロンボリ「『あくなき よくぼう』は どこから くるのか かんがえてるんだ」

P「『らくがき よくない』??・・・わたしは らくがき だいすきだよ〜!」




IMG_20150129_132107637_convert_20150129221920.jpg
カフェP「Massaペネロペ、おりょうり できたよ〜!」

P「うわぁ〜、おいしそ〜!いっただきまぁす!
むしゃむしゃ・・・えぇっとぉ、コーンスープと、テリーヌと、サラダと、きのこのキッシュと、ラタトゥイユと、コロッケ、そしてパンが2つ・・・パンに オリーヴオイルを つけると いいかんじ〜!」

カフェP「Massaペネロペ、おあじは どう?」

P「うん、おいしいよ〜!ぱくぱく・・・」


RIMG0132_convert_20150129221950.jpg
カフェP「おつぎは ガトーショコラと ラズベリーラテですよ〜」

P「もぐもぐ、ごくごく・・・かわいくって おいしくって すてきすてき〜!

てんないでは わたしの アニメが ながれていて、
おみせの おにいさんと おねえさんが とっても やさしかったよ〜!」



RIMG0136_convert_20150129222021.jpg
G「おかえり、ペネロペ!」
L「カフェはどうだった?」
P「いいかんじ だったよ〜!そうそう、わたし おみやげ かったの。クッキーとトートバッグだよ〜」
G「このバッグに入って13時間耐えようか」
L「このクッキー、かわいいわね」


渋谷という街、私あまり好きではないのですが、ペネロペのカフェがどんな感じなのか知りたくて、意を決して(!)行ってみました。
ランチ時だったからか場所柄か?親子のお客さんよりビジネスマンが多かったです。
お料理は普通に美味しかったです。
ハート型のコロッケが美味しかったなぁ。

ウェイターさんが理解ある方達で

「ペネロペと楽しんでください」

と笑顔で接して下さり、嬉しかったです。


P「みなさんも ぜひ おでかけ くださ〜い」





スポンサーサイト



最新作『Gaspard et La Tour Eiffel』を読みました。
実は昨年末に手に入れていたのですが...。



L「ガスパール、いいなぁ〜。私、夜のエッフェル塔でお星様を眺めたい!」
G「綺麗だよ、エッフェル塔から見る星空は。それに...最高だよ、エッフェル塔は。『ミステリアスな出来事』も起こせちゃうしね!誰にも言えないけど」
L「そういえば、新聞の一面トップニュースになってたわね...」


感想は...内容は言えませんが、非常に面白かった!
新聞に載ってしまう様な事をガスパールが仕出かすのですから。(笑)

16年振り(?)に姿を見せたガスパールの兄シャルルに びっくりしましたが、それ以上にガスパールが大人な対応をする、それに一番驚きました。

ガスパール、成長したのね〜!

...私が6〜7歳の頃、こんな冷静な考えは持っていなかったわよ。(情)

そして、絵がどれも非常に美しい!
今回は、全体的に青を基調とした絵が続くのですが、夜空と光り輝くエッフェル搭のコントラスト、皆が眠りにつく頃の搭内の鉄柱の冷めきった感覚、星の光と現代ツール(←これが何かは読んでみて!)で ほんのり白むキッチン...などなど、良く表現されています。

更に驚いた事が。
裏表紙で、暮れなずむパリの空の下、エッフェル塔でガスパールのパパが仕事をしているのですが、Georgさんがあの場面を描かれた際、インスパイアされた作品を見事言い当てたひみつ基地所長。凄すぎます。

...私はドアノーさんかと思っていましたよ。



RIMG0124_convert_20150125094437.jpg
更に更に最新刊は非常に大きい!
左が今までの大型版、右が通常版。


さぁ、新たなロケ地を探さなくては!

ご無沙汰しております。お元気でしたか?

とっくに年は開け、気付けば既に1月も半ば....。

この間、無性にハヤシライスが食べたくなり、作ってみました。
...ハヤシライスを作るの、何年振りだろう?



G「おっにっくぅ〜!おっにっくぅ〜!リサはハッシュソースって作ったことある?」
L「ううん、無いわ」
G「えぇっ?無いの!?大丈夫???」
L「大丈夫よぉ〜 ガスパールぅ〜 絶対ぃ〜 成功するわぁ〜」
G「・・・その根拠の無い自信って、何処から来るの?」


RIMG0113_convert_20150118224011.jpg
今回使用したのはHEINZのデミグラスソース。
HEINZのデミソースは2種類あったのですが、こちらはフォン(出汁)が多めのもの。

スライスした玉ねぎをレンジでしならせてから飴色になるまで炒め、
牛肉を赤ワインで煮込み、
デミソース、中濃ソース(本当はチャツネを入れるといいのですが、我が家にはそんな物ありませんので...)、トマトピューレと煮込んだ牛肉を入れて出来上がり。
グラスドビアンも入れればコクが出ますが、少々お値段が高い(しかもグラスドビアンをしょっちゅう使う様な我が家ではない)ので、入れませんでした。

材料の量はいつもの様に全部適当。あはは〜。


RIMG0116_convert_20150118224037.jpg
G&L「じゃじゃ〜ん!」
L「さぁ、頂きましょう!」
P「うわ〜!オムハヤシだ〜!いただきま〜す....むしゃむしゃ」
G「ぱくぱく....ちょっと酸味が強いかな〜?」
L「あら、私は丁度いいと思うけど...ぱくぱく」


撮るのを忘れましたが、オムライスの中は、生のパセリをアッシェにした物を入れたバターライス。

そういえば昨日、パック詰めのグラスドビアンを近所のスーパーで見つけました。
なので、次回入れてみようと思います。

G「皆さん、今年もどうぞ宜しくお願い致します」
L「私たちは今年も暴れちゃうわよ!」
P「あばれちゃうわよ〜!」


 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。