FC2ブログ
08 月<< 2014年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
今日のお話は、ちょっとグロい&ダーティーなのでご注意を。苦手な方は...
ひみつ基地(←ポチッとなぁ)

usaco photo(←ポチッとなぁ)
をご覧ください。









先月の始め、都内某所の坂道を自転車で下っていましたら、勢い良く転んでしまいました。(情)
乗っていた自転車が、気づいたら私の背中に乗っかっていた...一体どんな転び方をしたのか、自分が起こした事なのに全く想像がつきません。
体をかなり強く打った様で、あちこち痛い!
痛さ堪えて起き上がろうとしたら、目の前の地面に大量の血がボタボタ...。

「あっ、ヤバい」

と、慌てて鞄からハンカチを取り出し、出血している所を探しましたら、顎を切っていました。

人間の防御反応って凄いなぁと、関心した事があったのですが、自転車から投げ出される最中、

「顔から落ちたくない!これ以上鼻が低くなったらイヤじゃ〜っ!」

と、瞬時に顔を横にし...結果、顎を強打しましたが顔は何とか無事でした。
顎にハンカチを充てて、激痛走る体で自転車引きながら病院へ。すると看護師さんが

「車に轢かれたんですか?ナンバーちゃんと見ました?」

などと聞いてくるのです。

「いえ、自分で勝手に すっ転びました」

と、答えましたら

「体中にタイヤの跡があるから轢かれたのかと思いました」

ですって。
必死の思いで病院に向かっていたので気づきませんでしたが、自分の体を良く見てみましたら確かにあちらこちらにタイヤ痕。そして大量の血痕。
...本当にどんな転び方したんだ、私?もうねぇ、ドリフのコントに出てくる様な格好なんですよ。可笑しいったらありゃしない!

「顎の傷は深いですねぇ、縫いましょう」

と、直に縫合してもらい&擦り傷を消毒してもらいながらタイヤ痕も拭き取ってもらいました。
あ〜、情けない。
しかしまぁ、骨折らなくて良かったよ。

転んだ次の日、母と食事をする約束をしていたのですが、顎にガーゼを充てがい、腕に包帯巻き付けている私を見て、眉間に皺を寄せながら

「何があったのよ?」

と、聞いてきたので説明しようとしたのですが、転んだ時の状況を思い出したら情けなさで可笑しくなってしまい、1人でゲラゲラ〜っと笑ってしまい、上手く説明が出来ない!
そんな私を見て、

「怪我して笑っていられるあなたは、幸せ者だよ」

と、母は遠い目をしてました...あはは〜。


別の日。
喉(というか食道?)の違和感がずっと続いていまして、この間胃カメラ検査をしました。
胃カメラ検査は2度目なのですが、やっぱり慣れませんねぇ。
喉に麻酔薬を10分間止めておかなければならないのですが、それがめちゃめちゃキツい!
咽せるわ、舌は痺れて気持ち悪いわで、エラいこっちゃ〜。
喉に麻酔をしていてもカメラを入れると「うえぇぇ〜」っと、嘔吐反射があり苦しいのです。食道までカメラが入れば楽になるのですが。
で、モニターに映し出される自分の食道、胃、十二指腸を見ながら先生が説明してくれるのですが

「胃がちょっと荒れてるけど、綺麗ですね〜」

と、言うのです。
何か異常があるのはイヤですが、この閉塞感は一体何なのさ?
一応、ピロリ菌検査もしてもらうため、組織をピュっと取って終了。
で、処方された薬飲んでたら閉塞感無くなってました。あ〜、良かった。

そういえば。
前回胃カメラ検査を受ける前、病院内に貼ってあったポスターに

「鼻からマイクロスコープを入れる方が楽」

みたいな事が書かれていたので、その方法でお願いしたのですが...
検査当日、鼻孔を洗浄し麻酔薬を入れ、その後アクリルの筒を鼻に入れるのですが、浮腫んでいた所為か上手く入らず、ちょっと無理に筒を入れたら鼻血が出てしまい看護師さん大慌て。
しかもやっとアクリルの筒が入ったのに、くしゃみをしてしまった為、その筒と麻酔薬が

すぽん!ぴゅ〜っ!

と、前方に吹き飛んでしまいました。あちゃ〜。
そう、最初からやり直し。

で、鼻からマイクロスコープを入れていったのですが、やはり喉の所に来ると嘔吐反射が起き上手く入らない!

「リラックスしましょう」

と、看護師さんが言うのですが、

「どうやったらリラックス出来るのでしょうか...うぅ〜」

なんて、逆に聞き返してしまい、看護師さん困惑。
そんなこんなで何とか検査が終了し、会計を済ませようと受付に向かっている最中、何故か患者さん達が不思議そうに私を見つめるのです。

「あら、そんなに私キレイかしら〜」(←よく言うわ)

と、ふふふふ〜んと調子に乗って鼻歌歌い(は?)、会計済ませる前に化粧室に行っておこう!と、向かいましたら....白い粉状の物が顔に引っ付いてる姿が鏡に写っておりました。

くしゃみした時に鼻から吹っ飛んだ麻酔薬だよ、こりゃ!
だから皆、私を見ていたのかい...ってか看護師さん、教えてよ〜!!(泣)

笑いの神、ご光臨。
何故、そういう時に降りて来ちゃうのさ。



G「皆さんも、怪我や病気にお気をつけ下さい」
L「怪我や病気をしちゃうと、美味しいものが食べられなくなっちゃうもんね」


もう病院通いはイヤだ〜。


スポンサーサイト



 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。