FC2ブログ
03 月<< 2013年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
実は私、8Fに上がらずビルを出てしまうという、大失態をしてしまいました。(情)
お昼ご飯を食べていなかったので見学中、燃料切れ・・・のんきにランチを食べに行ってしまいました。
ら、ひみつ基地所長から

「8FにGeorgさんの直筆メッセージがありますよ〜」

と、メールを頂き、慌てて再度ソニービルに向かいました。
所長、ありがとうございます!



G「リサ、『デジタルアートミュージアム』だって」
L「どんなアートが見られるのかしら?ワクワクしちゃうわ!」



RIMG1486_convert_20130427184413.jpg
G「すみませ〜ん。子供のチケット、2枚くだ・・・」
SL「はぁ〜、ガスパール。ゴールデンウィーク突入しちゃったわ」
SG「ぼく達、何処にも遊びに行けないね」
SL「私、ディズニーランドに行きたいんだけどなぁ」
SG「ぼくは讃岐うどんを食べに行きたい」
L「ちょっとすみません!子供のチケット、2・・・」
SL「『さぬきうどん』って何?」
SG「めちゃめちゃ美味しいうどん、らしいよ」
G「リサ、この人達、全然聞こえてないみたいだよ」
L「勝手に入っちゃいましょ」

(注:デジタルアートミュージアムは無料です)



RIMG1488_convert_20130427184513.jpg
G「ア〜ト!ア〜ト!」
L「デジタルア〜ト!」


RIMG1490_convert_20130427184719.jpg
ソニービルー8Fの『オーパス』では、原画が数点とGeorgさん直筆のメッセージが展示されていました。
そのメッセージに描かれているリサとガスパールがねぇ、面白いんですよ!

そして、新刊からの絵が3点程、ソニーの4Kとかいうテレビで流れます。
そういえばリサ、イルカにチュ〜してたなぁ。

G「リサ、ぼくにもチュ〜してよ〜」
L「あら、毎日チュ〜してるじゃない!」


RIMG1491_convert_20130427184628.jpg
椅子に座りながらタブレットをしゃかしゃか。

G「リサ、ぼく かっこいいビジネスマンに見える?」
L「ううん。普通の小学生にしか見えないわ」



RIMG1489_convert_20130427184559.jpg
そして、バルーンに埋もれながら...

G「ハイ、チーズ!」
L「今回のイヴェントは、ジオラマや原画を楽しむ事が出来るから、面白いですよ〜!」
G「みなさん、是非お出掛け下さ〜い!」



スポンサーサイト





そして更に奥へ進み、撮影ポイントへ。



G「リサ、ちょっと疲れたね」
L「ベッドがあるわ!ちょっと休みましょ!」


RIMG1477_convert_20130427184221.jpg
G & L「おじゃましま〜す」
SL「あらまぁ」
L「私、眠くなっちゃった・・・zzz」
SL「ちょ、ちょっとKAREリサ!」
G「ぐぅ〜〜〜zzz」
SL「KAREガスパールまで寝ちゃったわ!」


暫し休憩・・・











RIMG1475_convert_20130427202026.jpg
G「ねぇねぇ、君た・・・」

SG「ぼく達ってさぁ」
SL「なぁに?ガスパール」
SG「とびきり、めちゃめちゃ、ウルトラ、最高のトワトモだよね!」
SL「そうよ!ガスパール、ずぅ〜〜っと私とトワトモでいてくれる?」
SG「もちろん!」

L「ひそひそ・・・(ガスパール、邪魔しちゃ悪いわ)」
G「ごにょごにょ・・・(そうだね)」


RIMG1480_convert_20130427184306.jpg
G「あっ!パフェ食べてる〜!」
SG「いいでしょ〜!」
SL「おいし〜!」
G「すみませ〜ん!ぼくにもパフェ下さ〜い!あと、ドリアとグラタンとスパゲッティと・・・」
L「はぁ〜〜=3」


RIMG1481_convert_20130427184330.jpg
ちびっこ用の自転車もあります。
リサとガスパールの自転車があるなんて、知らなかった〜。


G「リサはもう、自転車に乗れるんだよね!」
L「そうよ!びゅんびゅん飛ばして、ヴィクトリアなんて簡単に追い越しちゃうわ!」



つづく








中に進みます。



L「ガスパール、私もあの帽子 欲しいっ!」
G「欲しいって言われても困るよ〜」
L「三越か松屋に売ってないかしら?」
G「リサ、ぼく200円しか持ってないよ」
L「・・・はぁ〜=3」

この帽子を見て、アラレちゃんを思い出すのは私だけ?(←古い??)



RIMG1463_convert_20130427183845.jpg
G「ん?何やっているんだろ??」
L「プレゼントを開けてるみたいね・・・あっ、そうよ!ガスパールのお誕生日じゃない!?」
G「ぼくの誕生日は8月だよ。まだ4ヶ月も先なのに・・・」
L「ねぇねぇソニーガスパール。プレゼント、早く開けて!」
SG「多分、PS3かPSPが入っていると思うよ」
G「いいなぁ〜!ぼくもPSP欲しいなぁ」
SL「あなた達、Nintendo DSをだいぶ前に手に入れたのに、まだ箱から出してないんでしょ?それなのにPSPが欲しいなんて・・・」
G「そ、それは・・・」
L「『大人の事情』で、ゲームをやってる時間がないのよ」
SG「大人の事情!!?」
SL「あなた達、まだ子供じゃない!」
G & L「あっ・・・」


RIMG1468_convert_20130427183930.jpg
ヘッドフォンで何かを聴いているソニーリサとガスパール。


SL「はゔぁないすで〜え〜〜」
SG「やっぱBON JOVIは、いいよね〜」
G「ねぇリサ。こういう場合って、ソニーからCD出してるアーティストを聴いてます、って言わないとマズいんじゃないのかなぁ?」
L「子供の私たちが、そんな所まで気を遣わなくても いいんじゃない?」



RIMG1471_convert_20130427184013.jpg
L「このガスパール、直立不動ね」
G「リサ、何言ってるの?ビシッと、きまってるじゃん!かっこい〜!!」


RIMG1472_convert_20130427184052.jpg
G「このリサ、階段上がるのが怖いの?」
L「ガスパール、何言ってるのよ?最高にキュートだわ!かわい〜!!」



つづく

今日、ソニービルで開催中の『リサとガスパール ソニービルにいく 2013』に行ってきました



G「リサ、見て!大きなポスターがあるよ!」
L「わぁ〜!」


RIMG1455_convert_20130427183449.jpg
エントランスにあるフラワーアート。
・・・これがねぇ、撮り辛い!

L「うぅ・・・」
G「もう少し、角度をつけてもらえるとありがたいんだけど...」


RIMG1485_convert_20130427183531.jpg
L「ガスパール。さっきから気になっていたんだけど、この2人が被っている帽子って、一体何なの?」
G「う〜ん、何だろね。まだ新刊読んでないからよく分からないなぁ」


RIMG1460_convert_20130427183643.jpg
中に入りますと、等身大リサとガスパールが出迎えてくれます。

G & L「ウィ〜、やったね!」


RIMG1461_convert_20130427183718.jpg
案内パネルに色々情報が出ています。

G「リサ、早く上に行こうよ!」
L「あ〜、待ってガスパールぅ〜!!」


つづく


RIMG1370_convert_20130425213003.jpg
この間、群馬県にある『ジャパン スネークセンター』という所へ、へびを観に行きました。
実は私、ヘビ・・・というか、爬虫類が大嫌いなんです。

んじゃ、何故ヘビを観に行ったのか?
今年は巳年だから・・・ではなく、ヘビに用があったからですよ。(は?)
・・・ヘビに用がある人間なんて私位でしょうねぇ、きっと。

T「早速突撃ニャ!」




T「ヘビさん、こんにちはニャ!トロですニャ!あなたは誰ニャ!?」
へび「・・・ニシキヘビです。ちょいとネコさん。今、食事中だから、あっちに行ってくれません?」
T「フニャ!?何で あっちに行かなくちゃいけないのかニャ〜??」
ヘビ「・・・私たちは神経質で臆病なので、誰かに見られていると食事が出来ないんです」

・・・私は、イケメンが目の前にいても、平気ですけど。(笑)


『ジャパン スネークセンター』は、へびと戯れる事の出来るテーマパークではなく、へびの生態を知り、人とヘビが共存する為にはどうすれば良いか、というコンセプトを掲げている研究所です。

キレイな色のヘビや大蛇、毒蛇など、普段見る事の出来ないヘビが数えきれない程沢山いまして・・・怖かった。
硝子ケース越しに見ていても、慣れない。しかも威嚇してくる。
そりゃそうだ。ヘビは人間が怖いんですもの。

ここでは、マムシの毒の採取を見学する事が出来るのですが、そこで衝撃的な事が起こったのです!
何と、研究員が採取した毒を指ですくい、舐めたのです!

毒を舐めたらダメでしょ!?

と、目をまん丸くして驚いていたのですが、

「大丈夫なんですよ。ヘビの毒はタンパク質なので、舐めても平気なんです」

と、教えてくれました。へぇ〜、そうなんだ。

その他に、
とぐろを巻く理由(とぐろを巻けない種もあるらしい)
乾燥に弱い
性格は神経質で臆病
人間が嫌い
体の長さ分を飛ぶ事が出来る
舌をちろちろ出すのは、匂いを嗅ぐため

等を研究員の方に教わり、普段、滅多にヘビを見る事など無い私にとって知らない事ばかりでしたよ。

でねぇ、マムシ毒の採取の後、アオダイショウの子供とのふれあいタイムがあったのですが・・・私、勇気を振り絞り、手に乗せてもらいました。
生温く、そして滑らかで何とも言えない感触でした。

ヘビの生態をほんの少しですが知る事が出来、非常に勉強になりました。
・・・が、やっぱりヘビを好きには なれませんけど。


Je suis allée au musée du serpent pour mon livre.
Il y avait beaucoup de serpents venimeux et dociles.
J'ai regardé une scène intéressante.
Un chercheur a retiré le venin du serpent et il l'a léché !
Le chercheur m'a dit : "Ça va, ça va. le venin de serpent, c'est de la protéine."
J'ai été surprise !
Ensuite, il a mis le serpent Aodaïsho dans mes mains.
Ce perpent était chaud un peu et lisse.




L「じゃじゃ〜ん、完成〜!」
G「・・・リサ、これ 何て言う料理だっけ?」
L「『ガパオライス』よ。タイの料理なんですって」
G「タイかぁ。ねえリサ、タイってどんな国?」
L「・・・さぁ?」


近所のショッピングモールで、色んな国のご飯のお弁当を販売しているお店があり、そこでガパオライスを試食しました。
で、美味しかったのですが、そのお店で買わずに自分で作ってみたくなり(笑)、そのままスーパーに直行。
鶏挽き肉や生バジル等の材料を購入し、試食時の味を思い出しながら作ってみました。

鶏挽き肉
生バジル
乾燥バジル
にんにく
玉ねぎ
はちみつ
醤油
いりこだし
アスパラ

を入れました。量はいつもの様に適当〜

本来のガパオライスはナンプラー、オイスターソース、パプリカも入れて、揚げた卵を上に乗せる様ですが、ナンプラーとオイスターソースは我が家には無いし(情)、パプリカは高いし、卵は揚げるのが面倒だったので入ってませ〜ん。
オイスターソースが入っていないので、お店で売られていたものよりコクが足りなかったけど、まぁ、美味しかったです。
乾燥バジルは、ただ単に、我が家にあったので入れてみただけ。
アスパラも、家にあったものを使い切りたくて、どばぁ〜っと入れました。


G「『トワトモクッキング』なのに、ぼく達に全然関係ない料理ばかり作ってない?」
L「『トワトモ』な私たちが作れば何でもいいのよ!」
G「ひみつ基地諜報部員のusacoさんは、ちゃんとリサとガスパールのスコーン(←ぽちっとなぁ)を作っているよ」
L「ガスパール、次は何を作る??」
G「・・・リサ、ぼくの話全然聞いてないでしょ?」


P「リサとガスパール、こっち きて〜!」

G & L「ペネロペ、どうしたの!?」





T「フニャ!フニャ!
フニャぁぁぁ〜〜っ!!!」



















P「トロが、ふてくされてるの〜」
G「・・・へ?」

T「トロは、プンプンニャ!」

G & L & P「・・・???」

T「トロは、美しいにゃんこだニャ〜!!」

L「トロ、どうしたのよ?」
T「フニャ〜・・・ぐすん
P「トロ、なでなで〜」


この間、前方からこちらに向かってきた見知らぬオジさんに

「ブぅ〜ス!」

と、いきなり罵られました。(爆笑)
で、そのことをフラ語教室で発表しましたら先生が

「フランスでは絶対ありえないことです。もし、男性が女性にそんな事を言ったら男性は殴られます」

と、叩くジェスチャーを交えて教えてくれました。(笑)
「ブス!」と言われた私、

「何言ってるの?私、美人だもん。バイバ〜イ!」

と、そのオジさんに言ってあげましたら、

「けっ!」

と、吐き捨て去っていきました。(笑)
参ったかぁ〜!ぎゃはははは〜!!!

そこまで発表しましたら、

「フランスでは、言い返す言葉で『Tu t'es regardé dans un miroir!(あなた、鏡見たら?)』/『Tu t'es vu !(自分を見なよ!)』というのがあります」

と、教えてくれまして、

「日本でも、同じ言い方があるよ〜!」

と、大笑いしてました。国も文化も全く違うのに、同じ言い方があるなんて面白いですね。
2〜3年に1度、見知らぬオジさんに「ブス」と言われる私ですが(困)、海外のパスポートコントロールで私の写真を見て

「キレイだね」

と、(お世辞だと分かっていますが)言って頂けるので、まぁいいか〜。
・・・どんだけ、作った顔の写真をパスポートに貼っているんだ!?


La semaine dernière, soudainement, un homme m'a dit : "T'es laide !!"
Je ne le connais pas mais je lui ai dit : " Moi ? je ne suis pas laide !! Ha-ha !! Bye-bye !! "
Il m'a dit : " Bof !! "
Il avait l'air d'un pauvre type.



最近、体が香辛料を欲していまして、インドカレーにハマっております。
...私、疲れているのかしら?

この間、蒲田に行く用事があり、そのついでにグルメサイトで見て気になっていたシャングリーラに行ってみました。



T「ランチセットに付いているサラダ頂きますニャ!・・・クリーミーなドレッシング、うまうま〜」

ベースはマヨネーズっぽい、このドレッシング。
よく見ると茶色い つぶつぶが。胡麻でしょうか?


RIMG1292_convert_20130410213556.jpg
この日、『チキンとナスのカレー&本日のカレー』ランチを頂きました。
トロ頭上が『チキンとナスのカレー』、隣が『野菜カレー(多分)』

チキンとナスのカレーはとてもスパイシーで、コクもあり、とても美味しかった!
色んな香辛料が合わさって、複雑な味わいです。
チキンを食むと、ほろほろ〜っと崩れます。
隣の野菜カレーは、『おうちカレー』な感じ。(笑)

ランチはサフランライスと大きなナンが付いてきます。
で、このシャングリーラ、ランチタイムはナン食べ放題!
そして、ここのナンはほのかに甘い!
初めて食べましたよ、甘いナンを。
この甘さは、好き嫌いがあるかもしれないです。私は好きですが。
はぁ〜、リピ決定!


RIMG1293_convert_20130410213625.jpg
ランチセットのラッシー。
チャイとラッシーが選べます。

T「優しいお味で、うまうまニャ!」


13時過ぎにお店に着いたのですが、駅近くにあるので、激混みでした。
が、10分程待って座れましたけど。

シャングリーラ・・・確かに俗界(と、いうか蒲田界隈)とは違う雰囲気の店内。
インドチックな像の絵とか飾りとかマンダラ(?)とかが飾られていて、不思議な感じが致しました。

厨房のインド人コックさんに、

「美味しかったです。また来ます」

と、告げましたら、白い歯をキラリとさせ、ニコニコしてました。(笑)


ごちそうさまでした



RIMG1433_convert_20130409204803.jpg
Carré Tatin/MAISON KAYSER


L「今日のデザートはぁ〜」
G「正方形タタンだよぉ〜」
L「そういえばリサとガスパールの新刊がぁ〜」
G「先月発売されたねぇ〜」
L「でも 私たちが手に入れられるのはぁ〜」
G「2ヶ月後ぉ〜」

G「・・・2ヶ月後かぁ。遠いね」
L「でもガスパールぅ〜 2ヶ月待てばポイントが溜まるからぁ〜 ほんの少し我慢しよぉ〜」
G「・・・そうだね。新刊では、ぼくに一体何が起こるんだろ??」
L「今回のお話に私のきいろちゃんは出演するのかしらぁ〜
G「・・・はぁ〜=3」


MAISON KAYSERのケーキを買ってみました。
今回頂いたのはCarré Tatinというケーキ。
キャラメリゼしたリンゴと、くるみのクランブル、ホワイトチョコのムース、アーモンドビスキュイを4層に重ねたもの・・・なのだとか。

きゃ〜っ!めちゃめちゃうまうま〜
パン屋のケーキだけどこの味、手を抜いていませんよ。
甘めですが、ケーキ自体がそんなに大きくないので飽きずに頂けます。
食感を残したリンゴ、ちょっとカリカリのくるみ、ホワイトチョコのムースは若干押さえ気味の風味、そしてビスキュイ・・・全て調和が取れていていいわぁ〜。
購入したのが18時近くでしたが、ビスキュイサクサクぅ〜!

L「いい仕事してるわねぇ〜」
G「ねぇリサ、ぼくたちヘリコプターに乗っちゃうって、本当なのかなぁ?」


ごちそうさまでした



P「リサとガスパール、これ なぁに?」
G「林檎のコンポートだよ!」
L「私たちの自信作なの!ペネロペ、どうぞ!」
P「いただきま〜す・・・むしゃむしゃ、おいし〜


・・・『トワトモクッキング』と題をつけているのに、リサとガスパールとは全然関係ないねぇ。
まあ、いいか。

この間、母が

「美味しくないワインを2本も貰ったのよ〜。どうしたらいいのかしら〜」

と、某国産ブランドのワインをよこして来ました。
下戸な母が何でワインを貰ってきたのか謎でしたが、勿体ない症(?)な人なので捨てる事も出来ず、しかし活用方法も分からない・・・と困っていたので、

「コンポートを作れば(ワインを)捌けるんじゃない?」

と、提案しました。
が、コンポートというものを知らぬ母。
なので、台所に転がっていた林檎、ワインと水と砂糖と輪切りレモンをどば〜っと鍋に入れ、煮ました。
(シナモンスティックも入れるといい感じになるのですが、残念ながら我が家にはありませんので今回は無し)

G「量はいつもの様に・・・」
L「適当〜!」
P「すてきすてき〜

・・・『適当』が素敵なのかい?(笑)
まぁ、私の料理はいつも適当&大雑把だけどね〜。
(だからよく、男っぽいと言われます・・・けへへ)

で、よくしみ込ませるため火からおろし、冷めた頃に頂きましたら

「あんなに適当に作っていたのに、美味しいじゃない!いいこと教わったわ〜」

と母は喜んでました。良かったねぇ〜。

G & L & P「ウィ〜、やったね!」

飲めない様な不味いワインでも、使い方次第でどうにでもなるんですよね。
あと、ワインを煮詰めたものをビーフカレーとかボロネーズソースとかに入れても美味しいです。

そういえば、『Les recettes de Gaspard et Lisa(リサとガスパールの料理本)』を昨年購入し、訳したのにまだ一品も作ってないや...。





この間、日本橋高島屋で開催中の『鳥山明 The World of DRAGON BALL』に行ってきました。
・・・高島屋に行ったの、何年ぶりだろ?


T「高島屋に到着ニャ!」


RIMG1424_convert_20130406231644.jpg
T「ワクワクなのニャ!」


RIMG1425_convert_20130406231727.jpg
T「ニャ〜っ!トロの心の師匠、悟空さんだニャ〜!『オッス』なのニャ〜!」



会場ではまず、鳥山さん描きおろしの自画像(複製コピー)がヴィジターを出迎えてくれます。
そして、コミック&アニメ&映画に出演した全キャラクターの一覧表が展示されていて、何と500ものキャラが登場したそうです。
(私、映画の方は殆ど見てないので、知らないキャラが沢山いました・・・情)

そのすぐ近くでは、1億年以上前に界王星の存在が確認された〜天下一武道会で悟空とベジータの子孫が戦うまでのDBの年代記のパネルが・・・あれって、ファンの方(もしくは主催者)が調べたんでしょうけど、凄かった!
・・・好きな事とはいえ、よく調べたなぁ。
(リサとガスパールで同じ事を私もやっていたけど、大変なのよ。だけど調べている時って心が浮き立つのよねぇ)

そして、メインの原画&直筆原稿ギャラリー。
絵を勉強している私にとって、身体・表情・背景の描写、コマ割りの仕方、俯瞰・低位置目線等の構図の取り方、スピードアップ&スローダウン・砂埃・爆風・素材の表現・・・目から鱗、全てが教科書でした。
よく見ると、ありえない位置の描き方の絵もあるのですが、テクニックがあるから自然に見えるんですよね。

また、面倒臭がりの私には絶対描けない機械類。
鳥山さんはよく、マフラー(←首に巻くのじゃない)とかコードとかスクリューとかモーターとか(あ〜、もう訳分からなくなってきた...)を微細に描きますよね。
お好きだから沢山描かれているんだと思いますが、描き込み方がもう尋常じゃない。(←褒めているんですよ)

カラーイラストでは水彩絵の具(もしくはコピック?)で色づけされていたのですが、鳥山さんは上手いのは勿論、色感覚も優れていて、色んなトーンを描きこなせる方なので本当勉強になります。



そういえば見学中、地震が起こり、作品や天井に吊るされていたライト等がゆらゆら〜っと揺れだしたので、

「あ〜っ、大事な作品、大丈夫かいな〜っ!?」

と、心配してしまいましたよ。

DBの連載が終了したのが1995年だそうで、今から18年も前なんですね。
平日の午後に行ったのですが混んでいて、改めてDBの人気の凄さを実感致しました。

そういえば昔、初めてパリに行った時、

「君は日本人か?」

と、フランス人青年(?)に話かけられ

「これはどうやって発音するのか?これはどういう意味なのか教えてくれ」

と、差し出されたのが原本のDB。
「何だこの人?ひったくりか??」と疑いながら、その青年が指差した所を

「それーーっ!!」「ドン!!」(←何を聞かれたのかど忘れしたので、いい加減)

と、オルセー美術館前で発した事を思い出しました。(笑)
日本人で良かったと思える事の1つに、DBのセンテンスの細かいニュアンスを日本人の感覚で解釈出来る、というのがあります。
(逆に、海外の作品の細かなニュアンスが理解出来ない時がありますけど...)

フランスでは以前、日曜日にDBが放送されていたそうですが、フランスはカトリックの国。
そして日曜日にはミサがあります。
で、DBに夢中になった子供達がミサに行かなくなる、という事態が発生し、放送日を変えたそうです。
日本と同じ位、人気があるんですね。

会場では、悟空&悟飯&悟天役の野沢雅子さんと鳥山さんの貴重な対談VTRが流れていまして、とても興味深い内容です。
(ここで教えちゃうと面白くないので是非、会場でご覧下さい)
そのVTRの後に海外(イタリア、フランス、アメリカ、ドイツ、スペイン)で放送されているDBの比較が流れるのですが、これがねぇ。
日本で育った私は、当たり前の様にアニメを見ていたのですが、日本の声優さんはレベルが高いという事に今更気付きました。
他の国だと、勿論その国の声優(?)が声を充てているのですが、拍子抜けする程全然セリフに力が籠っていないのです。
というか、下手だった。
映像に合わせた声優さん達の覇気のある演技があるから、より一層映えるのに・・・と、思いましたよ。

アニメ版のDBで私、もの凄く不満な時期がありまして、確かフリーザが地球にやってきて、青年トランクスがやっつける頃のアニメーター(作画担当の人)が、下手でイヤだった・・・あの頃に比べると今のアニメーターの方がはるかに上手い。
鳥山さんも語られていますが、只今上映されている『DB 神vs神』はとても素晴らしいんだとか。
今回は鳥山さんがストーリー&キャラ設定を担当されている様で・・・私、観に行こうかしら?

あ、映画で思い出した。
某国で制作された実写版DBについて、残念がられていた鳥山さんのコメントが会場に掲示されていました。
私はその映画を見ていませんが、めちゃめちゃ批判されていましたねぇ。
・・・DBの世界を実写で表現するなんて無茶苦茶ですよ。
アメ◯カってそういうとこ、センスないなぁと思ってしまいます。

話を戻して、会場で展示されていた『其之466 黒幕の最後』と『其之467 さらば誇り高き戦士』でのベジータのセリフに涙ボロボロぉ〜。
・・・あのシーンで私、ベジータに落ちました(笑)
ベジータは、あ〜いう人だからブルマは惚れたんですねぇ。


RIMG1427_convert_20130406233252.jpg
会場では、かめはめ波を撃つことが出来ます(笑)


T「かぁ〜 めぇ〜 はぁ〜 めぇ〜波ニャぁ〜〜!!トロは地球生まれのサイヤにゃんこだニャ〜っ!!戦闘力は17位だニャ〜っ!! 」

・・・戦闘力、17!?

ちなみに悟空がスーパーサイヤ人になった時の戦闘力は1億を超えるんだそうで・・・凄いわねぇ。


RIMG1435_convert_20130406231458.jpg
会場では物販コーナーが併設されていましたので、ポストカードとパンフレットを購入しました。
他にもステーショナリー、コミック等が販売されていました。

いや〜、楽しかった!
DBのことになると私、いつまで〜も ぴ〜ちくぱ〜ちく煩く語れちゃいますよ。

さぁ、私もかめはめ波を撃てる様に頑張ろうっと。(は?)




 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。