FC2ブログ
08 月<< 2012年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
コピス吉祥寺で開催中の『リサとガスパール きちじょうじへいく』を満喫(?)した後、井の頭公園に行ってみました
私、◯◯年ぶりですよ、井の頭公園に行ったの。
懐かしかったなぁ〜。



L「ガスパール、何して遊ぶ?」
G「スパイダーマンごっこ やろうよ!!」
L「私スパイダーマンなんて、なりたくない!!」
G「ぼくがスパイダーマンになるんだよ!そしてリサはMJになればいいよ!!」
L「え、MJ!?何の事だかさっぱり分からないわ」


RIMG1020_convert_20120929221716_20120930165159.jpg
L「見て、ガスパール!白鳥のボートよ!かわい〜私、乗りたい!!」
G「リサ、スパイダーマンごっこは、どうなったの?」


RIMG1023_convert_20120929221853.jpg
G「あれ?リサ、『だれでもトイレ』って書いてあるよ!」
L「えぇ!?どういう事なのかしら?」
G「ん〜、よく分からないけど、面白い表現だね」


RIMG1028_convert_20120929222039_20120930165007.jpg
L「ガスパール、キレイなお寺ね。ここで写真を撮りましょ!」
G「そうだね、ハイポーズ!」


RIMG1024_convert_20120929221956.jpg
G「公園を散歩するのって、気持ちいいね」
L「私この公園、気に入っちゃった
G「リサ、また来ようね!その時はぼく、スパイダーマンになって、びゅ〜んびゅ〜んって飛んじゃうよ〜!!」
L「私はここでピクニックしたいな!」
G 「リサ、スパイダーマンはと〜ってもカッコいいんだよ!こうやって、あ〜やって、それから・・・」


井の頭公園を散策し、最高な気分になった2人なのでした。


スポンサーサイト




コピス吉祥寺で開催中の『リサとガスパール きちじょうじにいく』では、スタンプラリーもありまして、リサとガスパールグッズを買うとスタンプラリー用シートが貰え・・・


RIMG1016_convert_20120929221305_20120929225618.jpg
各フロアーに設置されているスタンプをそのシートにペタペタ〜と押しまくって集め・・・



RIMG1018_convert_20120929221347.jpg
インフォメーションセンターに提示しますと、抽選に参加できます。


RIMG1080_convert_20120929220945.jpg
G「ぼく達は『参加賞』!」
L「私、このポストカード欲しかったんだ!だから参加賞で良かったわ


今日、9月29日に着ぐるみリサが1日店長となってコピス吉祥寺をぐるぐるしていた様なのですが、私は残念ながら会えませんでした〜(悲)
しかし、ひみつ基地リサ&ガスパールは会えた様ですよ。
詳しくはこちら→ひみつ基地 秋散歩


着ぐるみリサ&ガスパール、大忙しだねぇ。

明日はガスパールが店長になるんですって。
台風近付いてるけど、大丈夫かなぁ?


今日、ひみつ基地諜報部員の皆さんとコピス吉祥寺で開催中の『リサとガスパール きちじょうじへいく』に行って来ました


RIMG1010_convert_20120929220912.jpg
L「ガスパール、見て!写真展ですって!」
G「あ〜、本当だ!」


RIMG1011_convert_20120929221031.jpg
L「エッフェル塔にセーヌ河岸・・・」
G「パリか・・・なにもかも皆懐かしい」
L「ガスパール、それって沖田艦長の真似?」
G「バレた?」


RIMG1012_convert_20120929221107.jpg
L「ソニーリサ&ガスパール(?)が、吉祥寺で遊んだ写真もあるわ!」
G「楽しそうだね!ぼく達も後で遊びに行こうよ!」



つづく




Sal de Ibisa サルデイビザ/CACAO SAMPAKA カカオサンパカ


T「今日のチョコレートは、ペネロペのリクエストで『Sal de Ibisa』にしたニャ!」
G「いっただきま〜す!むしゃむしゃ・・・うわ!このチョコ、塩の味がするよ!」
L「ぱくぱく・・・ソルティなチョコもいいわね!美味し〜
T「お塩自体の味が美味しいニャ!」
G「・・・あれ?ペネロペは?」
L「さっきまで、ここに居たわよ。何処に行っちゃったのかしら?」


この間CACAO SAMPAKAに行った時に何種類かチョコをテイスティングしたのですが、その中で1番インパクトがあったのが、この『Sal de Ibisa』で、
お塩の味が「ぐあ〜」と、一気にお口に広がり、びっくりしました。
でも塩辛い訳ではなく、ビターチョコとのバランスが非常に良く、そして後味スッキリです。
しかもクセになる美味しさなので、リピ決定です
CACAO SAMPAKAのチョコ、スペインの空港で買っておけば良かったよ・・・。

Sal de Ibizaは最近販売されたものなのだそうで、とても人気があると聞きました。



RIMG1005_convert_20120928183934.jpg
P「チョコが はいっていた ビニールに、はまべの もようが プリントされて いるよ〜!すてきすてき〜

イビザ島をイメージしたものなのでしょうか?
以前食したラジョラス(板チョコ)にも、何かプリントされていたのかなぁ?
・・・食べるのに夢中で、全然気付かなかったな。(情)


ごちそうさまでした



昨日、予約していた日本盤の『Superior』が届きました。
『Superior』は4年前(?)に発売されたTimのアルバムなのですが、Timの再来日記念(?)に日本でも販売する事になった様です。
右のは4年前に買った本国盤Superior。
既に『Superior』を持っているにも拘らず何故日本版を購入したかと言うと、ボーナストラック『Sooner or later』が入っていたから。

『Superior』、サウンドが良いんですよ。心地よくて。
でも歌詞が、何だか(私の)弱い所を突かれている様な気がするものもあって・・・(苦笑)
あいたたた・・・。

↑ ジャケットの少年は、5歳の時のTimなのだそう。
バドミントンのラケットをギター代わりにしてます。かわいいねぇ。
この頃のTimはブロンドヘアーですが、今はブラウン。
北欧の人は子供のときはブロンドで、大きくなるにつれてブラウンになると聞いた事があります。
なので北欧の子供達は、髪の色が黒いアジアの子供を見るとビックリし、羨ましがるのだそう。

Timのライヴまであと1週間。


T「トロ、来週Timのライヴに行くニャ!トロはもう10年もTimのファンなのニャ!ワクワクしてきたニャ!!」



J'ai pris un ticket du concert.
C'est Tim CHRISTENSEN. Il est chanteur danois.
Je suis une admiratrice de Tim depuis 10 ans.
La semaine prochaine, j'irai au concert de Tim.
Je suis excitée !!

トロを連れて東京ガス主催の料理教室に行って来ました。


今回、教えてもらったのは・・・

・パイナップルジュレのミルクゼリー
・カラフル野菜のチーズ焼
・ミルクスティック(バケットにミルククリームを挟んだ物)
・くるみパン

の4品。↑ は講師の方が作られたサンプル。



で、今回、時間と手間のかかるパンを2種類も作ったのですが、ミルクスティックの生地は2次発酵が終了しているものが用意されていまして、くるみパンだけ生地から作りました。
・・・でないと、とても短時間で終わりません。
私パンを作ったの、久しぶりでした。
同じグループだった女性は

「家にホームベーカリーがあるから、自分で捏ねた事無いんですよ〜。きゃ〜、手に生地がくっ付いて捏ねれな〜い」

と、仰ってました。

今の時代、機械が全て作ってくれるんですよね・・・。
(アナログな私はホームベーカリーでパンを作った事がありません)

生地を捏ね、発酵させ、成形している間に、ゼリーとチーズ焼きも作らなければならないので、『きゃ〜』などと騒いでいる暇はありません。(笑)
で、約3時間で全行程が終了。

今回も4人1組で調理をしたのですが、何と同じグループに妊婦さんがいまして、只今9ヶ月との事。
私、調理終了間際になってその方のお腹が大きいという事に気付きました。(酷〜!)
と、同時に

「約3000gの赤ちゃん抱えながらあっち行ったりこっち行ったり・・・凄いな」

と、感心してしまいましたよ。
妊婦さん、洗い物を頼んじゃってごめんなさい!




RIMG1000_convert_20120924184322.jpg
↑ こちらが私たちが作ったもの。
焼き上がりの都合で、くるみパンは写ってません。


で、お味は・・・

食べる前に焼き上がったパンの香りを嗅いでみたのですが・・・美味しそうな香りがしない。
私の好きな香りが全然しないのです。

「何故だ!?」

と、疑問が湧き、使用した強力粉のパッケージを見てみましたら

「原産国 ア◯リカ カ◯ダ オース◯ラリア」

って、書いてありました。
・・・そうか、だからいい香りがしなかったのねぇ。
なので、頑張って作ったけどあまり美味しくなかった。
粉の旨味が全然感じられなくて・・・はぁ〜(泣)
でもまぁ、仕様がない。美味しいフランス産の粉なんかコストがかかり過ぎて料理教室で使えないもんねぇ。


野菜のチーズ焼きとミルクゼリーはとても簡単でしたが美味しかったです。



RIMG1003_convert_20120924184104.jpg
T「みんな〜!トロ、パンを作ったニャ!」
G「トロ、凄いじゃん!」
T 「そうね、上出来じゃない」
P「むしゃむしゃ・・・ミルククリーム、おいし〜
T「ペネロペ、クリームと一緒にパンを食べて欲し・・・」
P「トロ〜、クリームが なくなっちゃったよ〜。もっと ちょうだい!」



RIMG1002_convert_20120924184201.jpg
G「これは・・・くるみパン?」
T「トロ一生懸命こねこね〜ってしたニャ!」
P「トロ〜、ミルククリームが なくなっちゃったよ〜」
T「ペネロペがクリームばかり食べちゃったからニャ!パンも食べて欲しいニャ!」
L「トロが頑張って作ったから、美味しいわよ。でもやっぱりフランスのパンが1番美味しいわね」
G「もぐもぐ・・・素朴な味がするね」
P「ミルククリームが、あまくて おいしいんだけどなぁ」



次はどの料理を習いに行こうかな?




Bergamota ベルガモータ/CACAO SAMPAKA


T「みんな〜、来てニャ!美味しいチョコレートを買ってきたニャ!」
G「カカオサンパカだ〜!」
L「私たち、完全にカカオサンパカにハマっているわね・・・」
P「チョコレートは、やっぱり いいよね〜


今日は『ベルガモータ(ベルガモット)』にしてみました
っていっても、↑ 普通のチョコにしか見えませんけど。
CACAO SAMPAKAでは、チョコのセレクトに迷った時、販売員の方に自分もしくは贈る相手の好みを伝えれば、それに合ったチョコレートを勧めてくれるのですが、テイストを確認するために試食も出来ます。

で、ベルガモータ。
少々インパクトに欠けますが甘過ぎず、そしてほのかに柑橘系の香りがしまして、うまうま〜!
良いチョコレートって、口溶けがいいですね。
お口の中で『ぎとぎと〜』と、しつこく残るチョコは、喉が焼ける様な(?)感じがあって、私あんまり好きじゃない。
CACAO SAMPAKA、美味しいな。やっぱり


P「ぎとぎと〜、は ダメだよね〜」
T「うちのペネロペは最近、贅沢になってきたニャ・・・」
L「トロ、それは違うわよ。私たちはフランス人だから、生まれつき美味しい物を見分ける能力があるのよ」
P「あるのよ〜」
G「・・・ごにょごにょ(どうなのかなぁ?ペネロペはリサの真似をしているだけの様な気がするけど)」
P「トロ、わたし つぎは 『サルデイビザ』が いいなぁ〜」
T「フニャ〜っ!!」
G「・・・!(何でペネロペはカカオサンパカのチョコリストを把握しているの!?)」



ごちそうさまでした



T「みなさん、こんばんニャ。トロですニャ〜・・・はぁ〜=3」
P「みなさんのアイドル、かわいいアシスタントの ペネロペで〜す。あれ〜?トロ、どうしたの??」
T「今夜最初のトピックは・・・トロ、疲れ過ぎて、変なものが見え始めたニャ〜」
P「え〜?もしかして、『あつさで げんかくが みえてきた』シリーズ、またやるの〜?」
T「違うニャ。有る筈の無いものが、見えちゃったのニャ〜。鳥肌ゾゾゾなのニャ〜」
P「とりはだ〜?トロは『ネコはだ』でしょ〜??」
T「・・・」


自分では気付いていないうちに疲労がたまってきているようで、この間訳の分からないものを見ました。
1週間程前、いつもの様に会社で仕事をしていましたら、窓の外から誰かの視線を感じましたので、そちらに目をやりました。
ら・・・ミディアムショートヘアのオバさんが、さっと段ボールの後ろに隠れました。(窓の向こうは物置スペース)
その物置で上司が他の部署の人と話をしていましたので

「今、そこの段ボールの後ろに、誰かが居た様な気がしたんだけど、気付きました?」

と、聞いてみましたら

「怖い事、言わないでよ!」

と、びっくりされました。
そりゃそうだ。段ボールの後ろには、人が隠れるスペースは無いし。
・・・ってか、気付いていたら、私が聞く前に騒いでいるか。
で、上司2人と私、鳥肌がゾゾゾぉ〜っと立ち、

「こんな話、やめよう!」

と、話をやめました。

そのオバさん、実はその時初めて見たわけではないんですよ、私。
頻繁に見るわけではないんですけど。
あの人、一体誰なんだ!?

で、昨日。
何と窓が10cm、勝手に開きました。
流石に私もびっくりしたので、先輩に

「ちょっと〜!窓が勝手に開いたわよ!」

と、騒ぎましたら

「風で開いたんじゃない?」

と、あしらわれてしまいました。
窓(引き戸タイプ)って、風の力で開くものなのでしょうか?ん〜。

そういえばこの間、美容師さんに頭と肩と背中をマッサージしてもらいましたら、

「こんなに凝っている方、めずらしいですよ。早めにマッサージに行かれた方がいいですよ」

と、言われてしまいました。(驚)
・・・やっぱり疲れているんだ、私。はぁ〜=3


只今フランス語教室で、私達は『パリのメトロで切符を買う』というシチュエーションを勉強しています。
そのシチュエーションが書かれたテキストを見ながら付属のCDを聞いている時に、だいぶ前にパリで出会った(?)めちゃくちゃ不機嫌なマドモアゼルの事を思い出してしまいました。


不機嫌なマドモアゼル・・・彼女は駅の販売員だったのですが、

「こんにちは!『カルトオランジュ(←パリのメトロ&バス等の定期券/今は廃止されている)』1週間用を2つ下さい」

と、ド下手なフランス語で(その頃はまだ、フラ語を習っていなかったので、今以上に下手だった...)販売員に頼みました。
するとその販売員のマドモアゼル、

「あなた、(カルトオランジュに貼る)写真持ってるの?」

と、けだるそうに聞き返してきたので、

「ええ、持ってます」

と、答えました。ら、何故か溜息をつき、不機嫌な態度で

「12ユーロ」(←値段は忘れたので、この金額は適当)

と、私の目を見ず言ってきました。(笑)
まぁ、私はカルトオランジュが手に入れば良かったので、販売員の機嫌が悪い事などどうでもいいのですが(いいのか?)、日本じゃ考えられないなぁ〜、とその場で笑ってしまいましたよ。



ちなみにこれがそのカルトオランジュ。
今はNAVIGOという『Suica』と同じ様な物があるらしい。


私がパリ滞在中、不機嫌なパリジャン&パリジェンヌに会ったのはその販売員ただ1人。(多分)
不機嫌な日本人オジさんオバさんツーリストはた〜くさんいたけど。
そんな訳分からん人達に巻き込まれない様、私は護身術をバッチリ身に付けました。
そしたら効果覿面!(爆笑〜)

けど、無銭乗車する◯国人対策は、未だ模索中...。



Lorsque j'ai lu mon texte, je me suis souvenu du temps je suis allée à Paris.
Je suis arrivée à la station de métro et j'ai dit à l'employée.
"Bonjour ! je voudrais acheter 2 carte oranges pour une semaine, zone 1et 2, S.V.P."
"Vous avez une photo ?" l'employée m'a dit.
"Oui, j'en ai une." j'ai dit.
...Elle avait l'air de s'ennuyée.





P「トロ、これなあに?」
T「トロのお友達からお土産を頂いたのニャ!」
G「トロの友達は、旅行好きな人が多いね」
L「トロ、早く開けて!」


RIMG0990_convert_20120918192536.jpg
G「これ、何だろ?シナモンの香りがするよ!」
T「これは、わらびもちなのニャ!」
P「いただきま〜す・・・ぱくぱく、もぐもぐ」
L「日本のお菓子は繊細な味ね。美味しいわ!」
P「もちもちで、やわやわで、せんさいだね〜」
G「ペネロペ、繊細さが分かるの?」
P「リサの まねして みただけだから、よくわかんな〜い。えへ!」


この間、娘さんと京都旅行を楽しまれていた知人から、わらび餅を頂きました。
で、その方

「うちの娘は口ばかり達者で本当に生意気なのよ。だけど『お母さん、一緒に京都に行こう』って言われた時、びっくりしたけど、とても嬉しかったのよ」

と、目を細めて喜ばれていました。
娘さん、きっとお母さんに感謝の気持ちを伝えたかったのでしょうね。

娘さん又はお母さんと旅行を楽しまれる方が多い様な気がします。
旅行会社のCMで流行らせているのかしら?あまりテレビ見ないから、よく分からないけど。
母と子の旅行・・・うちは、無理だなぁ。
母は私より忙しい人だから、スケジュールを合わせるのが大変だし、(2〜3ヶ月に1度、食事に行くのがやっと)それに、母は外国嫌いだし。(言葉が通じないから)


P「わたし、りょこう したいな〜」
G「そういえばトロ、来月大阪に行くんでしょ?」
T「ニャ!Timのコンサートを観に行くニャ!リサとガスパールも来月旅行に行くんだニャ!」
P「え〜、どこどこ〜?」
G「まだナイショ〜!」







トワトモクッキング、パート3は・・・

















L「きいろちゃんトロピカルパフェで〜す!」

G「これ、きいろちゃんなの?リサに見えるけど・・・」




RIMG0994_convert_20120917222253.jpg
L「え〜、制作者である私が説明致しま〜す!
下からマンゴープリン、その上がルビーグレープフルーツゼリー、その上が生のマンゴー、ちょこんと乗っかっている可愛いチョコがきいろちゃん、その奥がキウイで〜す!」
G「ん〜・・・」
L「きいろちゃんチョコを作るの、とぉ〜ても大変だったのよ!ちなみに『きいろちゃんチョコ』は、ホワイトチョコに柚子リキュールを混ぜて作ったの!」
G「へぇ〜・・・リサ、このパフェ全体のフォルムがあまりキレイじゃない気がするよ」
L「・・・実は私もそう思うの。もう少し美しくデコレートしないとね」
G「色んなお店のパフェを食べて、研究しようよ」
L「そうね!」


食器棚の奥からパフェグラスを出して作ってみました。
『きいろちゃんパフェ』ですから、黄色い食材をふんだんに使おうと思ったのですが、黄色だらけだとつまらなくなると思い、赤や緑を取り入れてみました。
ホイップ絞れば良かったと、後悔・・・。

L「パインジュースでソルベを作ったり、苺を乗せたりすれば、違ったパフェを作る事が出来るわね!あと、クッキーを入れれば食感を楽しむ事も出来る筈よ!」
G「ぼく、リサとガスパールカフェのガスパールパフェ、また食べたいなぁ〜」


 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。