FC2ブログ
01 月<< 2012年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

T「Merci ! なのニャ!」
L「Quel homme !(すごいわ!)」(←...トロは男性なのか私には分かりませんが 笑)
G「トロ、次は・・・『De rien(どういたしまして)』」
T「へ?何だニャ??」
L「De rien !」
P「Merci ! って、いわれたら De rien ! って、いうんだよ~」
T「どりあん?」
L「Non! De rien !」
T「Deりあん!」
G「De rien ! トロ、『R』の発音に気を付けて!」
T「Deひあん!De...rien !」
L「Tu es un genie ! (天才だわ~!)」


私が中学生だった頃の話の続き。←お忘れの方はポチッとな~。
スミス先生(仮)に廊下で会う時は、日本語で「おはようございます」ではなく、英語で挨拶しなければならず、「グッドモ~ニング」などと日本語な発音をしますと
「Repeat after me,『Good morning !』
と、注意され、ちゃんと言えるまで何度も何度も練習させられました。
そして、「Good morning」と、言えるようになると
「Very goooood !」

と、おおげさに褒めて下さるのです。それが私には嬉しくてねぇ。
私は日本生まれの日本育ちなので、日本の学校で教育を受けてきたのですが、今までテストで100点を取ろうが、ピアノの課題曲をマスターしようが、
「よくできたね!」
なんて、日本人の先生に褒められた記憶が無かったので、アメリカ人の先生の褒め方がもの凄く衝撃的でした。

で、スミス先生に「I'm pretty good !(私は絶好調よ~!)」というフレーズを教わり、英語の授業で使ってみましたら、
「おまえ、な◯てんのか?あ”ぁ!?」(←汚い言葉なので...)
と、英語の先生(←日本人)に言われました。もう、訳が分からない。

多分、私が出会った教師達だけなのかもしれませんが、
「日本の教師は褒めない」

そして、外国の先生は
「褒めて伸ばす」
と、いうことを学びました。

つづく。
スポンサーサイト



 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。