FC2ブログ
09 月<< 2019年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

L「ペネロペ、見て!」
P「うわぁ〜!わたしの コップだ〜!」
G「クッキーもあるよ!」
P「かわいいね〜!すてきすてき〜!」


ひみつ基地(←ポチッとな)で、紹介されているのを見て、あたしも行ってみましたITS'DEMO。

初めて利用したかも、このショップ。
何となく、知ってましたけど。

今回購入したのは、クッキーが入ったプラ素材のコップと、しっとりクッキー。

しっとりクッキーは....オイリーなクッキー。
お味は....ん〜、油に負けてた(へ?)

コップに入っていたクッキーは.....ん〜、昔の旅館のお土産コーナーで販売されていたクッキーの味(は?)

コップは、姪孫がうちに来た時に使おうかと。


今回行った ITS'DEMO。
ディズニーとかサンリオとかセーラームーンとか、色々ファンシーな物が揃えてありまして。
こういう事が無ければ、足を踏み入れないなぁ。






スポンサーサイト




そういえば。







『ペネロペカフェ』で使用されていた、ランチョンマット...というか、シートはこの2種。
勿論、持ち帰れました。


Massa P「カフェペネロペ、おつかれさまでした」
カフェP「また どこかで あえることを ねがっているよ」



で、カフェの感想。


お料理のお味は『カフェめし』レベルなので、ん〜って感じでしたが、期間中 何度かメニューを変えて提供、リピしてもらおう感があり、お店側としては良かったのではと。


行ったタイミングが悪かったのか、前日残りのケーキばかり頂く事となりまして。
ケーキ自体に潤いが無く、ちょいボソボソ。そして味が腑抜けた感じで。

ソファー席の下が、物置スペースになっていた様で。
向かいの席から、段ボールが丸見えでねぇ。
あれは ちょいと夢が壊れます。

カフェの女性スタッフさんでお一方。
お客さんに寄り添う接客をされる方がおりまして。
笑顔も素敵で、癒されました。

逆に、お客さんと距離を取るスタッフも居ましたが。
その方、

「声をかけられないと 私、やりませんよ」

的な雰囲気を醸し出していてねぇ(笑)。
マニュアル以外のことを絶対やらんタイプ。



色々と、勉強になりました。









そして昨日。













カフェP「あの〜、すいません。『ペネロペシュガーのミルクティー』ふっかつ したんだけど...どうします?」





Massa P & G & L「え"ぇ〜っ!?ふっかつ!!?」

カフェP「はい、この『ペネロペカフェ』、さいごなので....」



Massa P & G & L「.....ごにょごにょ ひそひそ」(←相談中)







Massa P「『ミルクティー』は せんしゅう いただいたから、きょうは『ピーチピンクスカッシュ』くださいな」
カフェP「はぁい」








カフェP「よぉく かきまぜて ください」
Massa P「ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる...........」
Massa G「ちょ、ちょっとペネロペ!かき混ぜすぎじゃない?」
Massa P「えへへ.....」
Massa L「刺激的なソーダと、甘酸っぱいピーチジュース...何だか私みたい」
Massa G「ヘ?どういうこと!!?」



ソーダの中に入っている赤い実はラズベリー。
お味は、ちょいと甘めですが 心地よいソーダの刺激があり、調和が取れていました。





ちびっこ限定の『ペネロペのキッズプレート』以外、一応 コンプリ出来ました。

昨年の11月末から、3月末までの4ヶ月間。
あっという間だったなぁ。

あたし、土日のどちらかの11時頃に突撃してまして。
老若男女問わず 利用されていました。

ちびっこ達が

「ペネロペ ペネロペ!」

と、喜んでいたり、
お嬢さん達が

「可愛い〜!」

と、はしゃいでいたり。


リサとガスパールミュージアム(仮)建設の為、視察を兼ねての突撃でしたが、
良い事、首をかしげる事、色々と勉強になりました。





Massa P「また どこかで 『ペネロペカフェ』やってくれると いいなぁ』






おしまい。










先週。
メニューをコンプリートする為、またペネロペカフェに突撃してました。








Massa P「うわ〜!わたしの みみに かわいい おはなが かざられてるよ!」
カフェP「そうなんです。こちらの『ペネロペの さくらさくら』は、トップに かわいい わたしの クッキー、
ローズバッドがたに しぼられたクリーム、ジェノワーズ、そのしたは ホイップのなかに いちごが かくれています。
さらに そのしたは またまたジェノワーズ、クレームパティシエール、いちばんしたに パイきじが しかれています。
さぁ、おめしあがりください!」

Massa G「前から思っていたんだけど、クッキーの完成度が高いね。味は...まぁまぁだけど」
Massa L「本当、私たちのクッキーも こんな感じで作ってもらいたいなぁ」




実は先々週。
ペネロペのコースターが付いたロイヤルミルクティーを注文しようとしましたら。

ペネロペシュガーが無くなったので、終了した

と、言われまして。
で、この日。
家にあった、ペネロペシュガー持参し(!)、撮りました。(笑)
(当然、コースターは無し)



Massa P「むしゃむしゃ もぐもぐ....わたし、ショートケーキ だぁいすきなんだ〜」
Massa L「あら、そうだったの?」
Massa G「ヒンナヒンナだよ」






つづくよ。











2月も下旬。

P「きょうも ペネロペカフェに レッツゴー!」












Massa P「きょうは リサとガスパールも いっしょなんだ〜」
カフェP「いらっしゃ〜い!」
Massa G「お邪魔します」
Massa L「見てガスパール!お店の奥に 大きなペネロペがいるよ」
Massa G「うわ〜!僕たちより何十倍も大きいなぁ」

カフェP「おっほん。こちらは『ペネロペの いちごみるく クリーム』です。
うえから...わたしのかおのクッキー、マカロンラスク、いちご、カラフルなトッピング、なまクリーム、ミルクアイス。
そのしたに ミルク、いちごのソースが はいっていますよ。
くるくるっと かきまぜて どうぞ!」
Massa G「この状態で かき混ぜちゃうと、カオスな事になるね」
Massa L「いただきま〜す!」



甘さを抑えたクリームとミルクアイスを、苺ソースの入ったミルクと一緒に混ぜて頂くものなのかしら...?

昨今。
『甘さ控えめ』が当たり前に なっていて、甘党のあたしからすると、甘さが ちと足りない気が...。

先月に比べ、気温が上がりつつありますが。
この季節に、この冷た〜いシェイクは ちと 堪える。
画像からだと分かりませんが、グラスの中に氷がゴロゴロっと入っていましてねぇ。

......あたし位ですよ、これオーダーしてるの。(笑)

クリームの上に乗っている、マカロンラスクは....ラスク、というよりマカロンそのもの。
成城石井っぽい、ネチネチした食感。

添えられているストローが、少し前に話題になっていた 紙のストロー。
初めて使いましたが、最後まで よれる事もなく。

カフェP「リサとガスパール、いかがでしたか?」
Massa G「僕はもう少し、甘い方が好きだな」
Massa L「あら、私はこれで十分よ」
Massa P「らいげつの ケーキは どんなのかなぁ〜」








もう、2月ですねぇ。
なので、またまた ペネロペカフェへ。






Massa P「あ〜!2がつの ケーキはアラジンだ!
アラジンも、わたしと いっしょの ようちえんに かよっていて、たいせつな おともだちだよ!」




IMG_9698_convert_20190203202647.jpeg
カフェP(S)「もちろん、きょうは 『アラジンのチーズケーキ』を たべるよね?」
Massa P「うん!たべるたべる!」




IMG_9702_convert_20190203202701.jpeg
カフェP(S)「おっほん。
2がつの げんていケーキ『アラジンの チーズケーキ』は、
アラジンの かおがたクッキーが ちょこんと うえに のってますよ。
そして、そのしたには コーヒーふうみの クリーム、
クリームの なかに バナナが かくれて いるんだ〜。
コーヒークリームの したは ベイクドチーズケーキです。
さぁ、どうぞ!」





....バナナ。

バナナです。

....バナナなんですよ。

幼稚園の先生に恋しちゃってるアラジンは好きですが、
私、バナナは.........苦手です。はぁ〜。


今回の『アラジンのチーズケーキ』
ご覧の通り、二層になっておりまして。
コーヒークリームは 甘さ控えめ。バナナと合っていると思います、

が。

下のチーズケーキの風味とコーヒークリーム。
お互いの味を打ち消し合っている感じがしましてねぇ。
食している途中で、舌がもう 何だか分からなくなってしまって。


3月は、ストロンボリのケーキになる筈。
チーズケーキの上に、一体何が乗るのでしょうねぇ。
3月が旬の食材....さくらんぼ、キウイとか?



Massa P「しょくせる ことって とっても しあわせ だよね〜。
ヒンナヒンナ!」







Massa P「きょうも、ぎんざの『ペネロペカフェ』に、いってきたんだよ〜」








カフェP(S)「こちらの おりょうりは『パパのビーフシチュープレート』ですよ。
わたしの ママは ビーフシチューが だいすきで、
パパが ママの ために なみだを ながしながら、
ビーフシチューを つくったんだよ。
(↑DVDの『ママのすてきな おたんじょうび』を みてみて!)

プレートに のっているのは....
ガルニは、みずなと レタス、そしてキャロットラペ。
ココットに はいって いるのは ビーフシチューで、
にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、ブロッコリー、ぎゅうにくが はいっているの。
わたしの おかおの パンに、ベリーのジャムをつけて、さぁどうぞ!」


Massa P「むしゃむしゃ、もぐもぐ....さむいじきって、ビーフシチューを たべたくなるよね〜」



ビーフシチュー、思いの外 美味でして。
具沢山で、優しいお味。

ペネロペパパが泣かされた(!)、あの食材は.....確認できず。
デミソースに入っている、という事にしておこう。


Massa P「きょうは、とても やさしい おねえさんが いなかったから、ちょっと さみしかったなぁ。
ヒンナヒンナで ごちそうさまでした〜!」







Massa P「きょうも カフェレポート だよ〜」




カフェP(S)「こちらの おりょうり、『ペネロペのハートプレート』は、
クリスマスあけから ていきょうしているんだ〜。
まわりの やさいは キャロットラペと、みずなと レタスと ラディッシュ。
まんなかに あるのは、ハートがたの パンドカンパーニュで、
そのうえに ある、あかいハートがたの ものは デーツ。
ピンクいろの クリームは、デーツで いろづけされた マッシュポテト。
マッシュルームいりの クリームソースで パンを おおって います。
そのなかには、なまハムが かくれているよ。
こうばしい シュレッドチーズの かおりが しょくよくを そそりますよ〜」


Massa P「カフェペネロペ、しょうひんを せつめいするのに、
いっしょうけんめい いっぱい おぼえたんだね。えらいね〜」

カフェP(S)「えっへん!」



デーツで色付け、と言うか、味付けされたマッシュポテト....不思議なお味です。

メニューに

「ペネロペがハートを届けます」

と、書かれている通り、添えられているペネロペ型の クッキー、ちゃんとハートを携えております。


Massa P「ハートは だいじだよね〜。
そして レポートは いったん きゅうけいだよ〜」












まだまだ続いちゃうんです。







Massa P「またまた 『ペネロペカフェ』に とつげき〜。
あ〜、みてみて!セザリーヌだ!
セザリーヌは リリーローズとも なかよしで、わたしの たいせつな おともだちだよ!」




IMG_9506_convert_20190105200350.jpeg
Massa P「こっちの ケーキは、ニューヴァージョンの わたしだ!
みみに ハートが ついていて とっても かわいいよ!」



IMG_9504_convert_20190105200425.jpeg
Massa P「メニューも ちょっと かわってる。
『セザリーヌのチーズケーキ』は、1がつ げんていだって。
すみませ〜ん。わたしのケーキと セザリーヌのケーキ くださいな」




IMG_9505_convert_20190105200445.jpeg
カフェP(S)「はいはい。
ひだりの ケーキが『ペネロペだいすき!』
『ペネロペのゆきあそび』を ちょっとアレンジしたんだ〜。
いちごは ハートがたに カット。
ドライイチゴを ちりばめましたよ〜。

みぎの ケーキは『セザリーヌのチーズケーキ』
セザリーヌがたの クッキーと、きいろい おはなの クリーム。
そのしたに、メロンが ゴロゴロっと はいった メロンふうみの クリーム。
ジェノワーズと、ベイクドチーズ、さらに そのしたに クラムを しいたんだ〜」


Massa P「カフェペネロペ、せつめい ありがとう〜」




『ペネロペだいすき!』はドライイチゴ(?)の酸味が効いていて良かったです。

『セザリーヌのチーズケーキ』は、メロンクリームとチーズが合うのか......何だか微妙。
きっと、リリーローズとの違いを付けたかったんでしょう。



Massa P「んもう!ちゃんと『ヒンナヒンナ!』って いわなきゃ ダメだよ〜!」


.........ヒンナヒンナ。
(↑『ヒンナヒンナ』の意味が分からない方は、小蝶辺明日子さんに聞いてみて下さいまし....って、完全に『和風闇鍋ウエスタン』ファンを引き込もうとしてるよ、あたしゃ)



Massa P「ヒンナヒンナ!つづくよ〜!」








話を元に戻して。






IMG_9406_convert_20181224201711.jpeg
カフェP(S)「こちらは、『おやすみなさい、ペネロペ』です。
ガルニは、レタスと みずな。ドレッシングが かかっているよ。
わたしの おかおは 『バタフライピー』という、ハーブで いろづけした ごはん。
わたしの めと おはなは クッキー。
みみは マッシュポテトだよ。
トマトソース、デーツでいろづけした マッシュポテトで、キルトを ひょうげん。
トマトソースの したは うすやきたまご。
たまごの したには マッシュポテト、えび、ブロッコリー、かぼちゃが かくれているんだ〜。
そして、ドゥドゥの クッキーと いっしょに ねてるの〜!
すてきすてき〜!!」


ドゥドゥ型のクッキーが ズレない様、マッシュポテトで滑り止めされていまして。

このお料理に限ったことではないのですが......マッシュポテトの使用率 高し。
(あたしは、じゃがいもHolicな人間なので いいんですが)
なので、この一皿で お腹いっぱいになりますよ。




Massa P「わたしの でばん、ないみたい...つづく〜」










Massa P「うわぁ!エントランスにあった リリーローズと わたしの ケーキだ!」




カフェP(S)「おっほん。えぇっと...」



左のケーキは『ペネロペのゆきあそび』
一番上には ピンクの帽子を被ったペネロペのクッキー。
大きなイチゴと、ペールアルジャンテが。
クリームの下は、ジェノワーズ、イチゴ&クリーム、ジェノワーズ、クレームパティシエール、底にはパートシュクレ(っぽい)。


右のケーキは『リリーローズのチーズケーキ』
シトラス風味のリリーローズ型のクッキー。
その下はシトラス風味のレアチーズ(っぽい)、薄くスライスされたジェノワーズ、ベイクドチーズ。
一番下はクラム。
このケーキのクリームには、銀座で取れたハチミツが入っているとの事。


カフェP(S)「わたし、せつめいしようと おもっていたのに....ってか、よくたべるね〜」


...朝抜いて、これら昼ごはん。

どちらも(良い意味で)日本っぽい、あまりくどくないケーキです。
両方とも美味しかったけど、私はどちらかと言うと、リリーローズの方が好きです。

ちなみに この2つのケーキは12月までの限定ケーキ。



Massa P「んもう、わたしが レポーターよ!むしゃむしゃ....
そして、つづいちゃうんだよ〜」









Massa P「まだまだ 『ペネロペカフェ』のレポートは つづきますよ〜。
カフェペネロペ(S)、こちらの おりょうりは?」




カフェP(S)「こちらは『おじいちゃんの はたけプレート』ですよ」
Massa P「とっても ボリュームが ある おりょうりだね...わたし、たべきれるかなぁ??」


『おじいちゃんの畑プレート』の内容は...

パパイヤ(多分)と、生ハム(プロシュートっぽい)が乗ったキッシュ。
バジルソースがかかったボイル海老と、プチトマトが乗ったキッシュ。
ボックス型のコンテナーの中、下から ご飯、そぼろ、ボイルしたブロッコリー、ラディッシュ、プチトマト。
パンプキンスープに、香草が練り込まれたグリッシーニ。
ペネロペ型のマフィン、その下にイチゴジャム。
ドゥドゥ(ペネロペお気に入りのぬいぐるみ)型のクッキー。

メニュー表に、

「シェアがおすすめ」

と、書かれていたので

「ご飯半分にして下さい」

と伝えたのに

ドドーンと、レギュラーサイズで やってきました....。


お味は、そぼろが私好みの甘めの味付け。
ペネロペマフィンはしっとりとした生地で、ジャムを付けなくても十分甘い。
キッシュは盛り付けが凝っていて良かった。
スープも普通に美味でした。

...ってか、一度に1人で食べきれん。
ので、禁じ手使いましたよ....。

残したり、捨てたりするの、嫌なんでねぇ。


P「レポートは わたしの しごとよ!うばわないで くれる?
はぁ、もうちょっと つづくんだよ〜」






P「ど〜れ〜に し〜よ〜う〜か〜なぁ...

とりあえず...きかんげんていの『メリークリスマス、ペネロペ』おねがいします!」




カフェP(S)「ガルニは、クミンふうみの キャロットラペ、レタス。
バジルふうみの マッシュポテトの うえには さんざし(たぶん)と ローズマリー。
マッシュポテトの したには ミートローフ。
わたしの かたちをした クッキー。
パンは パンドカンパーニュ。イチゴジャムを つけて いただきます。
さぁ、どうぞ!」


P「すてきすてき!
ねぇみて!クッキーがたの わたし、あかい かざりを もってるよ。
きっと、マッシュポテトの ツリーの かざりつけを しているんだよ!」




ミートローフ...と言うか、ハンバーグ。
バジル風味のマッシュポテトと合っていて、良かったです。

で、ペネロペ型のクッキー。
お味はシンプルですが、滑らないよう ポテトで固定されている&足の線が細かく描かれていて、ちょいと感動。


P「ちょっと!わたしが レポート してるんだよ!


はぁ〜 つづきますよ」




Massa P「カフェの おくには とっても おおきい カフェペネロペが いるよ!」
カフェP(L)「Massa ペネロペ、いらっしゃい!」
Massa P「カフェペネロペの おすすめの おりょうりは なぁに?」
カフェP(L)「ぜぇ〜んぶ!」
Massa P「ぜんぶぅ?わたし、たべきれるかなぁ?」


IMG_9318_convert_20181224202526.jpeg
P「いっぱいあって...


IMG_9319_convert_20181224202541.jpeg
P「どれにしようか まよっちゃうよ〜



まだまだ つづくんだ〜







P「おみせの なかには わたしの かわいい グッズが はんばいされているの」


IMG_9345_convert_20181224201837.jpeg
P「よ〜い〜しょっと。
わたしの かわいい ランチョンマット!
そして、テーブルに カフェペネロペ(S)がいるよ!
カフェペネロペ(S)、こんにちは〜。

ん?あれ??メニューの えが みんな ちがうみたい」


IMG_9379_convert_20181224203615.jpeg

IMG_9372_convert_20181224202500.jpeg

IMG_9373_convert_20181224202443.jpeg

IMG_9375_convert_20181224202419.jpeg

IMG_9377_convert_20181224202328.jpeg

IMG_9380_convert_20181224202253.jpeg

IMG_9382_convert_20181224202228.jpeg

IMG_9383_convert_20181224202005.jpeg

IMG_9384_convert_20181224202101.jpeg
カフェP(S)「これは せびょうし だよ〜」



P「カフェP(S)、ありがとう。そして また つづいちゃうよ〜」





P「...あ、ペネロペカフェ あった!



IMG_9351_convert_20181224205846.jpeg
P「うわぁみて!わたしの パパと ママと フィロメーヌと ウスタシュが ケーキの うえに のってる!」


IMG_9353_convert_20181224202715.jpeg
P「こっちの ケーキには、リリーローズが のってるよ!
リリーローズは わたしの たいせつな おともだちだよ!」


IMG_9352_convert_20181224205920.jpeg
P「そして、こっちの ケーキには ぼうしを かぶった わたしがいる!すてきすてき〜!!」



P「そして また つづきますよ〜」








P「みなさん、こんにちは。ひみつきち ちょ〜ほ〜ぶいんの ペネロペだよ。
わたし いま、どこに いると おもう?

...えぇっと、マロニエで カフェの ぎんざで ペネロペな ところに いるんだよ〜。

そして わたし、レポートしちゃうんだ!
すてきすてき〜!!


....11/27から始まっている、銀座マロニエゲート内にある、マーサーブランチと うっかりペネロペのコラボカフェ(←ポチッとなぁ)に行ってきました。

P「ねぇ みてみて!クリスマスツリーが ひっくりかえって いるよ〜!
とっても アヴァンギャルドで いいかもね〜」





IMG_9311_convert_20181224203028.jpeg
P「プレゼントの はこから わたしが とびだしてるよ!」


IMG_9326_convert_20181224203009.jpeg
P「たてものの なかにも ツリーが あるの」


IMG_9325_convert_20181224202950.jpeg
P「サンデーブランチへ いざなう コーナーも あるんだ〜」


....3歳なのに『アヴァンギャルド』とか『誘う 』なんて言葉、よく知ってるねぇ。




P「つづくよ〜」






T「ニャニャ!ペネロペの最新刊だニャ!?」
L「ペネロペに兄弟が出来たの?」
G「男の子?それとも女の子?」
T「教えてニャ~!!」
P「リサとガスパール、よむのを てつだって!」
G & L「D'accord !/いいよ~!」


というわけで、ペネロペ新刊が届きました。

「日本語版が出るまで内容を知りたくない!」
「自分で訳すから今は知りたくない!」
と、いう方は、すっ飛ばして下さい。




ペネロペ/水色
リサ(ナレーション&おばあちゃん)/赤
ガスパール(パパ&おじいちゃん)/青




ペネロペのおうちで何かとても特別なことが起こった様で、ペネロペのママのお腹がとても丸くなっています。
ママは食べ過ぎたのでしょうか?
いいえ、ママのお腹の中に赤ちゃんがいるみたいです!


「ママのなかに どのくらい あかちゃんが いるのかなぁ? となりの おうちの ネコちゃんたち みたいに...たぶん5にんかな?」
と、ペネロペは想像します。

「(それなら)がっこう ごっこを やろうかな? あかちゃんたちは わたしの せいとで、わたしの ちいさい いすに あかちゃんたちを すわらせて...それか、びょういんの おいしゃさん ごっこも できるよ!」

でも、ペネロペは心配してしまいます。
「あかちゃんたちが わたしの ベッドで ねちゃうと こまっちゃうなぁ。そうだ、パパに 2だんベッドを おねがいしよう。それっていいかも!しかも、わたしが 1ばん おおきいから うえで ねられるのは わたしだよ!」

「もし、あかちゃんたちが おとうとだったら、かいぞく ごっこが できるよ!わたしの フックを かしてあげるの」
と、ペネロペは考えます。
「でもわたし、フックは1つしか もってないんだ...でも それなら、あかちゃんたちが いもうとだった ときより かんたん かもね」

「たとえば、こんなふうに ようせい ごっこが できて、よりいいかも」

ペネロペが妖精のコスチュームを探している間に、おじいちゃんとおばあちゃんがペネロペの面倒を見る為に来てくれました。
「ママはもうすぐ赤ちゃんを産むよ」と、おじいちゃんとおばあちゃんは言いました。
「わたしの いもうとたちが くるのね!」
と、ペネロペは叫びます。
「妹たち?」と、おばあちゃんは尋ねました。

「ママとパパはね、女の子なのか、それとも男の子なのかは産まれてからのお楽しみにしているのよ」と、おばあちゃんは説明しました。
「ペネロペが産まれたときも、そうだったのよ」

「わたしも、ママの おなかの なかに いたの?」
「もちろんよ、かわいいペネロペ」と、おばあちゃんは答えます。
「わたしは、おなかのなかに いたとき、とても ちいさかったの?」
「そうよ。そして、すこしずつ おおきくなったのよ」と、おばあちゃんが言いました。

「今、ママは赤ちゃんを産んでいる最中だよ」と、おじいちゃんが言います。
するとパパから「ママが今、赤ちゃんを産んだよ!」と電話がありました。


ペネロペはそっとママの部屋のドアを開けると、ベッドの両側に小さなベビーベッドを見付けました。ママは双子を産んだのです!
女の子と男の子でフィロメーヌとウスタシュ。海賊ごっこと妖精ごっこ...ペネロペはとても楽しみです!




T「感動したニャ~っ!」
L「ペネロペ、お姉さんになったのね。おめでとう!」
P「えへへ~」
G「『お姉さん』は大変だよ!」
P「わたし、た~くさん あそんで あげるから、だいじょうぶだよ~!」
 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。