FC2ブログ
07 月<< 2019年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

カキゴオリ ローズ エ フレーズ/Sadaharu AOKI


夏休みの宿題が学生並みにどか〜んと出たにも拘らず、放ったらかしてSadaharu AOKIのかき氷を頂きに行って来ました♡


T「おしゃれなかき氷を頂きますニャ!しゃりしゃり・・・苺のソルベが程よい甘さでうまうま&バラ風味のムースもうまうまニャ!はぁ〜、毎日食べたいニャ〜♡」

シロップをかけないカキゴオリ・・・なるほどねぇ。
バラのムースは口の中で微かに香る程度。上に乗っかっている苺のソルベの味が強いので、一緒に食べてしまうと何だか分からなくなってしまいます。
ソルベとムースの間にヘーゼルナッツのクッキーがありまして、アクセントになっています。

『カキゴオリ』を頂いたこの日、以前よく私のお話を聞いて下さっていたヴァンドゥーズの方と久しぶりにお会いする事が出来ました。
春先にSadaharu AOKIに行った時には、その方はいらっしゃらなかったので「どうされたのかな?」と、思っていました。
ら、渋谷駅前の『ヒカリエ』に配属されたとの事で、この日はイレギュラーで丸の内店でお仕事をされていたそう。
久しぶりにお会いする事が出来ましたので、お仕事中なのに引き止めておしゃべりを楽しんでしまいました♫
お姉さん、どうもありがとう!


RIMG0875_convert_20120801203922.jpg
で、サービスで頂いたMacaron rose。
バラの香りがふわ〜っと口の中に広がり、幸せな気分になりました。
Sadaharu AOKIのマカロンは以前、日本で作られたものを販売していたそうですが、今店頭に並んでいるマカロンはパリで作られた物だとか。
なので・・・

RIMG0879_convert_20120801213030.jpg
T「みんな〜!お土産なのニャ!」
G & L & P「マカロンだ〜♫」

・・・という訳で、マカロンが美味しかったので買ってきました。

ガスパールの鼻先から時計回りに
RIMG0880_convert_20120801213100.jpg
柚子
黒ゴマ
バラ
ワサビ
すみれ
アールグレイ

この中で面白い味だったのがワサビ。お蕎麦とかに入れるあのワサビです。
で、辛くはないけど、ワサビを口に含んだ時にツ〜ンとする、あの刺激があり、非常に面白い。
すみれは、ほのかに花の風味がします。繊細な味なので、コーヒーや紅茶の様な味がはっきりしている飲み物と一緒に頂かない方がいいかも。
他のマカロンもとっても美味しくて大満足です。
(以前はラデュレのマカロンが1番でしたが、最近味が落ちたのでSadaharu AOKIが1番かも)


ごちそうさまでした☆
スポンサーサイト

Paradis fraise/Sadaharu AOKI

国際フォーラム前の屋台でランチをした後、Sadaharu AOKIへ行ってきました♫
今回頂いたのは、ピスターシュ風味のParadis fraise。
苺の赤が映える若草色のマカロン&クリーム、フォルムがとても可愛いです。
マカロンと、ピスターシュの風味が微かにするクリームは美味しかったのですが、苺と調和が取れていたかと言うと・・・ん~、微妙。
想像していた(と、言うか期待していた)お味とちょっと違っていたので、美味しいんだけど少々残念。

T「そうかニャ~?トロはこのケーキ、大好きニャ!苺の瑞々しさ、そして側かに香ばしさのあるピスターシュクリームがお口の中で混ざり合い・・・うまうま~!トロは毎日食べたいニャ~♡」


ごちそうさまでした☆

手前 Eclair marron  奥 Yuzu/Sadaharu AOKI

この頃Sadaharu AOKIに行くと、『ケーキ2個オーダー』をしてしまします。
・・・トロのお腹の様にポンポコリンになると分かっているんですけどねぇ。

で、手前のEclair marron。
私、秋になると無性に栗が食べたくなるのですが、お店に入って真っ先にこのエクレアが目に留まり即決。
ハードタイプのシュー生地にツヤツヤのマロンクリームと金箔がちょろっと貼られたマロングラッセが乗っかっていて、生地の中にはマロン風味のカスタード・・・マロン尽くしでめちゃめちゃ美味し~っ!
甘過ぎず、私好みで素敵なお味でした。

奥のYuzuはフランスのコンクールで優勝したものなのだそう。
口に入れた途端、ふわぁ~っと柚子の香りといい酸味が広がり、クリームとの相性もばっちりで、こちらも甘すぎず、とても美味しかったです。
柑橘系ですので、女性は特に好きなお味かな?と思います。

そういえばこの間、フランス語教室でパティスリーでお誕生日用のケーキを買うという設定で会話を考える授業をやったのですが、先生がホワイトボードに色々とケーキの種類や、季節毎のフルーツ等を書いて下さってのですが
その中で
La châtaigne(栗)
という単語があり、クラスメートの1人が
「MarronではなくChâtaigneなんですか?」
と質問をしましたら
「Marronは食べられません」
という答えが返ってきました。

フランス語のMarronはどうも、栗の実の事ではなく、毬や栗色(っていうか、茶色)の事を指す様で、ケーキ等の材料では使われない言葉みたいです。
んじゃ、Sadaharu AOKIで出されているEclair marronは・・・『茶色いエクレア』って事?(笑)


T「トロはマロンでもシャテーニュでも、美味しければどっちでもいいのニャ!」


ごちそうさまでした☆


Coupe Chocolat+パッションフルーツソース/Sadaharu AOKI

G「♫チョコレートアイスとぉ~ ミルクチョコムースとぉ~ フロランタンとぉ~ マカロンとぉ~ チョコクッキーとぉ~ ブラウニーがぁ~ 入っているんだってぇ~」
L「♫チョコレート尽くしのぉ~ すてきなお味のぉ~ パフェ~ 私うっとりぃ~~」
G 「♫パッションフルーツソースをかければぁ~~ 更に美味しいよぉ~」

前回、Sadaharu AOKIにお邪魔した時、パフェ自体がメニューに無くてがっかりしたのですが、この間伺いましたらセルヴィスの方がにっこりされながら「パフェをご用意してますよ♫」と教えて下さりました。
私がパフェ好きだという事を覚えていて下さって・・・嬉しいなぁ。
で、このCoupe Chocolat。
チョコレート好きな方には堪らない1品です。
欲を言えばソースではなく、生のフルーツを乗せて頂きたかったなぁ。
とっても美味しいのですが、チョコレート尽くしなので途中でちょっと飽きてくるんですよ。
別添えの このソースは他にフランボワーズがあったと思います。

G「♫フランボワーズもぉ~ 試してみたいよぉ~」
L「♫毎日パフェを~ 食べる事が出来たらぁ~ いいのになぁ~」

ごちそうさまでした☆

左 Eclair genmaicha/右 Tarte yuzu/手前 Gingembrette
pâtisserie Sadaharu AOKI paris

L「もぐもぐ・・・うわ!ガスパール!香ばしいお茶の味がするよ、このエクレア!!ちょっと、お口の中でまとわりつくけど、美味し~♫」
G「こっちのタルトも柚子の風味がふわ~っとして、ふわふわで美味し~!!ぼく、柑橘系のスイーツ大~好き!!」

久しぶりにpâtisserie Sadaharu AOKIでスイーツを頂きました☆
普段、スイーツを1度に2つも頂く事はあまりないのですが、今回はちょっと欲張りました(笑)へへへ~♫
手前にある『Gingembrette/ジャンジャンブレット』は、おまけで頂きました。生姜がドモリ社のチョコでコーティングされていまして、スパイシーで美味しかったです。

『Tarte yuzu』はフランスのケーキコンクールで1位になったものなのだそう。
青木定治さんって、凄いねぇ。

そういえば、この間のフランス語教室で・・・
「教科書にリンゴのタルトは『Tartes aux pommes 』、いちごのタルトは『Tartes aux fraises』と書かれているのに、何故レモンのタルトは『Tarte au citron』と書かれているの?」という質問が出たのですが、皆さんは何故だと思いますか?(←ちょっと難しいかな?)
『Tartes aux citrons』じゃないの~??
んじゃ、『Tarte au citron』と、どう違うの~???
問いかけたまま、ごちそうさまでした☆

L「C'est du gâteau(簡単よ)!だって『Tarte au citron』にはレモンの・・・」

し~っ!!

Crème brûlée aux marrons avec glace aux marrons glaces クレームブリュレマロン マロングラッセのアイス添え/Patisserie Sadaharu AOKI

トロ「マロン風味のクレームブリュレ、マロングラッセ入りのマロンアイス、周りのブルーベリーソースにも栗があって・・・マロン尽くし~!!」

これでもかぁ~!って位、マロンだらけ☆ここまでやって頂けると、気持ちがいいです(笑)
お味は、アイスにほんの少しブランデーのアクセントがあり、クレームブリュレもちゃんとマロンの風味があって・・・はぁ、美味しくて幸せ☆

前回このお店にお邪魔した時、セルヴィスの方にこのクレームブリュレを勧められたのですが、私は悩んだあげく洋梨のコンポートをチョイスしたので、今日は是非こちらを頂こうと思っていまして・・・。

そういえば今日、お店に青木定治さんがいらっしゃいました。来週催されるお菓子教室の為に帰国されてるそうです。

ごちそうさまでした☆

Coupe poire/Patisserie Sadaharu AOKI

左 白ワインに浮かぶシナモン風味の洋梨のコンポート、底にクレームブリュレ。
右 マカダミアナッツが散りばめられた塩味が効いたキャラメル風味のシャンティイ、その下にバニラビーンズ入りのアイス、底にはクッキーとキャラメルチップ。

左のコンポート、シナモンが強めでかなりスパイシーです。ふと、冬の北欧で頂いた『グロッグ』(レーズン、アーモンド、そしてシナモン等の香辛料が入った温かい赤ワイン/冬季限定でカフェ等で飲める)を思い出しました。
コンポートの下に何故かクレームブリュレが・・・ん~?
そしてちょっと食べ辛そうなフォルムですが、大丈夫!お店の方に頼めばコンポートをカットしてくれます。
コンポートのワイン、とっても美味しかったので私、全部飲み干しました~☆

右のキャラメルシャンティイは下のアイスと一緒に頂きます。塩味が強めだったけど美味しかったなぁ☆

前回頂いた『Coupe Figue』で使われていた赤ワインも美味しくて、お店の方に教えて頂き(白ワインもちゃっかり聞きました)早速ググってみたのですが出て来ない・・・あれ~?

トロ「そういえばウッドストック、いないニャ。ソニービルに帰っちゃったのかニャ??ま、いいか。はぁ~、トロ幸せだニャ~♡」

私も幸せです☆☆サービスの方、そしてパティシエの方、ご面倒をおかけ致しました~!ありがとうございます!
ごちそうさまでした☆

Ceylon Citronelle Verveine/Patisserie Sadaharu AOKI

レモングラスで香り付けされたセイロンティー。お気に入りです☆
私、全くと言っていい程コーヒーを飲まないので(コーヒーゼリーは大好き♡)カフェでは大体紅茶を頂きます。
ここのセイロンティー、鉄瓶で出てきます。ちょっと素敵な気分☆

トロ「今が丁度、飲み頃だニャ!」

ごちそうさまでした☆

Branche macha/Patisserie Sadaharu AOKI

アッシ パルマンティエに付いて来たこのチョコレート、最近食べたチョコの中でNo.1です☆ミルクチョコでコーティングされた、さっくりした抹茶チョコ。そして2種の胡麻がちょろっと振ってあって・・・いや~、美味しかった!!リピ決定☆☆

トロ「こういう、サプライズ大歓迎ですニャ☆」

ごちそうさまでした☆

Hachis Parmantier/Patisserie Sadaharu AOKI

Sadaharu AOKIのランチメニュー、アッシ パルマンティエ・・・『限定5食』の文字に引かれ即決☆
何だか、もの凄い量のルッコラ!!その奥はライサワーブロード。
トロちゃん、アッシ パルマンティエのお味は・・・?

トロ「柔らかめのポテトピューレ、その下にあるナツメグとガラムマサラ?風味の挽肉・・・ん~、全体的にちょっと薄味かニャ。本場フランスのも食べてみたいニャ☆」

アッシ パルマンティエより、ルッコラの味の方がインパクトがあったなぁ(笑)
ごちそうさまでした☆

L「ちなみに『Hachis』は『細かくしたもの』、『Parmantier』は『じゃがいも料理』です」

リサ、いつも料理用語を教えてくれてありがとう☆

Coupe figue(季節限定)/Patisserie Sadaharu AOKI

トロは何故ひっくり返っているのか・・・?
ホイップされたクリーム(←8分立て位だったので、ちょっとぼそぼそ・・・悲)、クッキー(「Verrine Bamboo」使用されてたクッキーと同じ物なのかな?)、バニラビーンズ入りアイス そして赤ワインでポッシェされた無花果・・・口に入れた途端、うわ~っと芳醇さが伝わってきました☆美味し~!!そして大人なお味です。
店員の方に伺った所、かなりいい赤ワインを使っているとの事で(何を使っているのか聞けば良かった~)その赤ワイン、そのまま飲んでみたいと思いました。

以前は、無花果が出回る季節になると白ワイン、バニラビーンズでコンポートをよく作ってたのですが、何故か赤ワインで作った事がなくて・・・今度やってみようかな☆

トロ「ふにゃ~、何だか気持ちよくなってきっちゃたニャ~・・・トロ、ミジョテした無花果大好きニャ☆」

L&G「トロは『トロ火で煮た無花果大好き』と言いたいんだよ、きっと・・・」

駄洒落だったのかぁ!
さすがリサとガスパール、クッキングブックを出してるくらいだから当然、料理用語をご存知で、しかも日本の駄洒落まで言い当てるとは!御見逸れしました。

ごちそうさまでした☆


Verrine Bamboo/Patisserie Sadaharu AOKI

抹茶パウダーでコーティングされたチョコとキャラメリゼされたナッツのガレット、その下には抹茶アイス、ホイップされたクリームそしてクッキー(←このクッキーが美味!)
(本当は小豆も入っているのですが、私苦手なので抜いてもらっています)

IMG_3521_convert_20101009071721.jpg
↑上から見た感じ。グラスに刺さっている棒状の物はチョコ。

いや~、美味しかった!!抹茶アイスが私好みで甘過ぎず丁度良くて・・・底部分に敷き詰めてあったクッキーも美味しくて、至福の時間を過ごす事が出来ました・・・と言いたい所ですが、BGMがうるさくてちょっと ん~。

トロ「BGMに合わせて踊るといいニャ!アン、ドゥ、アン、ドゥ!!」

ごちそうさまでした☆

Moelleux au chocolat a la glace the(モエルーショコラ ポムキャラメル風味アイス添え/期間限定)/Patisserie Sadaharu AOKI

↑こんなネーミングじゃ何だか分かりません(笑)プレートの右にあるのがイタリアのトリノにあるDOMORI社(ドモリ)のチョコを使ったフォンダンショコラ、左がりんごとキャラメル風味のアイス。
で、このDOMORI社は1994年創業、渋みと苦みの非常に少ないカカオ分100%のチョコレートを世界で初めて製造、イタリアのみならずフランスのショコラティエを魅了している・・・なのだそう。

でも私、このフォンダンショコラよりポムキャラメル風味のアイスの方に心を奪われてしまいました。りんごの風味とキャラメルの風味のバランスが絶妙で・・・あ~、もっと食べたい☆

トロ「チュバ セボノン?」

ちゅば?せぼのん??何を言ってるの?トロちゃん。

L「トロは多分、『Tu vois, c'est bon,non?』/ほ~ら、美味しいでしょ?って言いたいんだと思う。この間、私が教えたから・・・」

リサ、訳してくれてありがとう。
ごちそうさまでした☆

Eclair Macha/Patisserie Sadaharu AOKI

ハードタイプのシュー生地と抹茶風味のカスタード、そしてテンパリングされたつやつやな抹茶チョコ・・・ショーケースに並べられたエクレア達の中でこの「緑」が強烈だったので、即決☆
ハードタイプのシュー生地を初めて食べたのが、何年か前に行ったパリの「La maison du chocolat」の物でして、とっても美味しかったので未だにあの感動を覚えています。
以前はエクレア自体にあまり興味がなかったのですが、「La maisonーーー」のエクレアを食べて以来、気になる存在に(その割にはあまり食してないかも 笑)

トロ「このエクレア、甘さ控えめで大人なお味・・・マダムな感じなのニャ!」

・・・「マダム」の使い方、間違ってない?エクレアが「マダム」な感じなの??
ごちそうさまでした☆

クラブハウスサンド/Patisserie Sadaharu AOKI

トマト、レタスそしてベーコンをこんがりと焼かれたデニッシュタイプのパンでサンド・・・で、このパンが美味しかった記憶が。でも一緒に食べてた連れは「普通じゃない?」と一言・・・トロちゃんはどう?

トロ「食パンでサンドされた物より、こっちの方がトレビア~ンだニャ!」

ごちそうさまでした☆





私、銀座の街が好きでして、たまに散歩しています。歩きやすいんですよ、銀座って。方向音痴な私にとって銀座は有り難い場所です☆
で、そんな銀座で歩き疲れた時にふらっと入るのが「Patisserie Sadaharu AOKI paris」
このお店は長居する様なカフェではないのですが(BGMがいつも賑やか過ぎてあまり落ち着けない)私自身、ここのスイーツが好きなのでよく利用しています。(味のインパクトは他のパティスリーやカフェの方があるかな?)

で、↑は Macaron Cafe
カプチーノをイメージして作られてるそうで・・・お味は?

トロ「ほろ苦さと甘さのバランスがとっても セボン ですニャ!」

あらトロちゃん、フランス語知ってるの??

トロ「実はリサとガスパールに教えてもらってるんだニャ!・・・でも、難しくて なかなか覚えられないニャ~」

ごちそうさまでした☆
 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。