FC2ブログ
10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

この日のランチ。

園内にある『旭山動物園くらぶ』という、軽食とかお土産などが販売されているエリアで購入した『メープルピーカン』。
デニッシュ生地に、メープルピーカンナッツが入っているのもの。
想像以上にハイレベルなお味。美味しかったなぁ。


G「リサ、デニッシュも良いんだけど、折角北海道に来たんだから、旭川ラーメンとか スープカレーとか食べようよ」
L「私の今の気分はデニッシュなの」
G「はぁ〜〜=3」


そうだ、動物園で学べた点。
(リサとガスパールミュージアム{仮}建設の為のアイディアを得る為に行ったので)


飼育員が一生懸命作った、動物たちの生態などを記したパネル。
悲しいことに、読んでいる人があまり居なくて。
(ヴェジターの大半が、日本語分からんなかぐにびとだったというものあるんだけど)
折角作ったのに、素通りされるなんて勿体ない。
どうしたらヴェジターに読んでもらえる様な、キャッチーなパネルになるのか。


ホッキョクグマの水中ダイヴや、アザラシのアクリル菅水泳、触れられるくらい間近で見れるキリン....など、旭山動物園でしか体験出来ない公開方法。

この、旭山動物園でしか体験出来ない、という独自の魅力。
リサとガスパールミュージアム(仮)も、他の博物館とは違うユニークなものにし、集客に繋がればと思っていますので、この点は非常に勉強になりました。





IMG_3071_convert_20191006193712.jpeg
G「空港に到着!リサ、空港でラーメンとかカレーを食べるんだよね?」
L「ううん、動物園で買ったメロンパンを食べるの」
G「えぇ〜!!?」



前回の徳島旅行同様、ご当地料理一切食さず。
食いしん坊な あたしなのに。
嫌で食さないのではなく、胃のキャパの問題で食べれなかったのです。
食いしん坊な あたしなのに。


あ、そうだ。
本当は、札幌に向かい、スープカレーを食そう!と思っていたのですが。
めちゃめちゃ気に入っていた、確かグロービュスというスープカレー店、いつの間にかクローズしていた為断念。

お店のお兄さんたち、お元気かしら?




IMG_3082_convert_20191006193635.jpeg
旭川空港内売店の書籍コーナー。

「当然、和風闇鍋ウエスタン売ってるだろう」

と思っていたら.......無かった。
ONE PIECEはあったけど。




IMG_3084_convert_20191006195504.jpeg
19:30の便で帰京。
カウンターに、ハロウィンなシールが貼られてました。


さて、次は何処に行こうかしら?


L「きいろちゃんを探しに和歌山に行くのはどう?」
G「ラーメン、スープカレー.....食べたかったよぅ」




きいろちゃんって、和歌山にいるの???






おしまい。




スポンサーサイト




G「リサ、ライオンキングだ!」
L「スカーに気をつけて!」



ちょいと分かりにくいのですが、岩の上に鎮座しているライオン。
前足をハの字にしていて、まさにムファサ!.....だったのですが、そのシーンを撮ることが出来ず。
百獣の王、と言われるのに相応しい、立派な風格。
......写真では屈んじゃってるけど。





IMG_3054_convert_20191006193827.jpeg
L「ガスパール、キリンさんの首って とっても長いわね」
G「キリンの体には、どうして模様があるんだろう?」
L「キリンさんは、オシャレさんなのよ」



IMG_3064_convert_20191006193757.jpeg
キリン「赤いマフラーのお嬢さん。カモフラージュや体温調節の為に、この柄になったのよ」
G「生き抜く為の術だったのか」
L「でも、とっても素敵よ、その柄」
キリン「あら、ありがとう」



そういえば。
キリンって、牛の仲間だそうで......知らんかった。
学ぶ事も多いです、動物園は。






気を取り直して、続きます。





L「ガスパール見て!『キムンカムイ』だって!」
G「看板の後ろにある、タコのオブジェがとっても気になるけど.....キムンカムイに会いに行こう!」



『和風闇鍋ウエスタン』ファンである、あたしのアンテナに引っかかったワード、キムンカムイ(日本語訳は『山の神』)。
こりゃ、行かねばなるまい。





IMG_3048_convert_20191006193947.jpeg
G「リサ、キムンカムイ居たよ!」
L「クトゥラシサムオハウオロシオマレワエ」
G「ちょ、ちょっとリサ!そんな事、レディが言っちゃダメだよ!」
L「あら、これは小蝶辺明日子さんの言葉よ」


......多分、検閲に引っかかるので、日本語訳は載せません。


ホッキョクグマと同様、人間の所業に反抗するかの様に、こちら側には見向きもせず 近寄っても来ないエゾヒグマ。
人生.....じゃなかった、熊生を半ば諦めてしまっている様に見えるのは、あたしだけだろうか。



束縛されるの大嫌いな あたしが、こんな所に隔離されてたら、頭が禿げるどころか 精神崩壊しますよ。


見学している最中、エゴイスティックな部分ばかり見えてくるのは、あたしがエゴイストだからです。


動物と会話が出来るハイジさんの様に、あたしも会話が出来たら 彼らは何を語るのだろう。



L「私は動物さんと友達だからお話し出来るわ。キムンカムイは今、眠いみたい」
G「お腹いっぱいご飯食べたらしいよ」


そうなんだ。






つづく。











G「次は....ほっきょくぐま館に行ってみよう」
L「私、ホッキョクグマに会うの、初めてなんだ」
G「.....あれ?リサは前に『サンタさんのお家の門番はホッキョクグマだった』って言ってたよ」
L「あ、あれ〜??(きゃ〜!忘れてた!!)」






IMG_3017_convert_20191006194110.jpeg
訳も分からず狭い檻の中に閉じ込められ、極度のストレスで同じ場所を行ったり来たりするホッキョクグマ。


そうだ。
子供の頃から動物園が好きではないのは、こういう事なんだ。
入園料を払い、傍観しているだけの あたしも彼らを苦しめてる1人なんだ。

その感情が幼少の頃から ずっと心の奥深くにあり、どうしても きゃっきゃと騒いで楽しむ事が出来ない。
....こんなこと言ってるけど、また何処かの動物園に行くと思う、あたし。


2〜3分、行き来している姿を見ていましたら。

「頼むから、放っておいてくれ」

と、言わんばかりに背を向け 奥へと行ってしまった。





IMG_3013_convert_20191006194050.jpeg
G「ホッキョクグマの毛って、白じゃなく透明だったとは!」
L「白く見えるなんて、不思議ね」



IMG_2998_convert_20191006194027.jpeg
アザラシ(オットセイだったっけ?)の目線で見たホッキョクグマ

G「海面から ひょいと顔を出したら、そこにはホッキョクグマ」
L「びっくりしちゃう....どころの騒ぎじゃないわよね」



ホッキョクグマの体毛はストロー状で透明であることや、環境によって『着床遅延』という、独特の繁殖方法を得た事など、知らなかったことばかり。

色々と勉強になりました。





つづく。





左 メープル 右 プレーン/BO-LO'GNE



P「リサとガスパール、たいふう こわいね」
L「ペネロペ、どんな時も慌てちゃダメよ。冷静さを欠くと ちゃんとした判断が出来なくなるの」
P「う〜ん、ちょっと むずかしいなぁ」
G「リサとペネロペ。今のうちに 色々準備しておこうよ...お水、缶詰、懐中電灯、ラジオ、飴....」
L「通帳、印鑑、カード、株券...」
P「あれ?これ なぁに?」
G「パンだよ。いざという時のために買ってみたんだ」





番組の途中ですが。
(どっかで聞いたよ、この言い方)

P「ひみつきちで、きいたことが あるよ〜」


台風被害に遭った千葉県の様子をテレビで見て、他人事じゃないと感じまして。

少し前に。
TOKYU HANDSの防災コーナーを ぐるぐるっとしていましたら、カンパンや缶詰は勿論、レトルトパウチなリゾットやカレー、シチューなどが ズラ〜っと陳列されていまして。
で、その中に この缶入りパンもあり、手に取ってみましたら、

5年保存

と書かれていたので こりゃ良いわと即買い。

ボローニャのサイトには 3年間の長期保存が可能、と書かれていますが、今回購入したものは5年先まで(2024年まで)大丈夫らしい。

お味はプレーン、メープル、オレンジの3種だったと思います。


以前、デパートの催事でボローニャのパンを購入した事があり、美味しかったと記憶しているので、今すぐ食べたいのですが........ちょいと我慢。



一応、我が家で用意しているもの。

・水
・飴やお菓子
・カップラーメン
・アーモンド(セロトニンが精神を落ち着かせるのだそう)
・冷凍したご飯
・缶詰
・ティッシュ
・防災セット(アルミブランケット、笛、バンドエイド、消毒薬などが入ったもの)
・ライト(各部屋に用意)
・カイロ
・養生テープ
・ロープ
・ラジオ
・フル充電済みのチャージャー、エネループ
・布(怪我した時に縛る)
・レインコート
・ボディーシート(お風呂に入れない時に)

ドライシャンプーもあれば良いんだけど。



備えあれば憂いなし。


そういえば、以前の職場の先輩が休憩中に、さいとう・たかをさんの『サバイバル』を読んでいまして。
勧められて ちょろっと読んだのですが....もっと真剣に読んでおけば良かった。


皆様もどうぞお気を付け下さいまし。









G「次は....あざらし館に行ってみよう」
L「見てガスパール、あざらしみたいなオブジェがあるよ!」



IMG_2993_convert_20191006194402.jpeg
G「.....ん?」
L「あざらしさん、何してるの?」
あざらし「今までの人生を振り返ってるのさ」
G「人生を振り返るとは....」
L「素敵な人生だった?」
あざらし「捕獲されるまでは幸せだったよ.....」
L「今は幸せじゃないの?」
あざらし「.......色々あるんだよ。色々......」





IMG_2990_convert_20191006194302.jpeg
あざらし館で人気なのが、アクリルのチューブ内を 上へ下へと泳ぐあざらしを見れるコーナー。
姿を現わす度、ヴィジターが歓声を上げます。








つづく。







G「次は.....ペンギンに会いに行こう!」
L「どんなペンギンが居るのかしらね」




IMG_2980_convert_20191006194912.jpeg
アクリルで出来たトンネルの周りを泳ぐペンギン達。





IMG_2972_convert_20191006194848.jpeg
L「ペンギンさん、泳ぐの上手ね!」
ペンギン「ありがとう!君も一緒に泳ぐ?」
L「泳ぎたいけど.....私、水着持ってないのよ」


昔のアイドルの歌の歌詞のような事を言うMassaリサ。
(世代がバレるわ)


....いつもはマフラーしか巻いていないけど、泳ぐ時はちゃんと水着を着るのです、リサとガスパールは。

『裸過ぎるから』
と、Georgさんが言っていた事を思い出した。






IMG_2978_convert_20191006194712.jpeg
G「僕も君たちみたいに上手く泳げたらなぁ」
ペンギン「なら、私たちが教えてあげるよ!」
G「僕もフェルプスの様になれるかなぁ?」
ペンギン「勿論!」



ガスパールって 泳げる様になったんですよね、確か。









つづく。




G「うぅ〜、さ 寒い.....」
L「東京と気温が全然違うね」





IMG_3052_convert_20191006193857.jpeg
この日の旭川の気温、13℃。
確か東京は30℃だったと思うのですが。

東京から飛行機で1時間位の距離なのに、こんなに気温差があるなんて。
勿論、半袖の人など居ません。




IMG_2962_convert_20191006195140.jpeg
園内で飼育されている動物達の『もぐもぐタイム』(餌やりの時間)のタイムテーブル。




IMG_2969_convert_20191006195016.jpeg
L「フラミンゴよ、ガスパール!」
G「フランスのカマルグにもフラミンゴ居るよね」
L「綺麗な羽根ね」

チリーフラミンゴ「どうもありがとう。あら?あなたのボーイフレンドの鼻の色と似てるわね」
ヨーロッパフラミンゴ「君もβカロテンやスピルリナを摂取しているのかい?」
ベニイロフラミンゴ「でも僕たちと違って、鼻だけピンク色って....どういう事だ?」


G「そんな難しい事言われても、僕 分かんないよ〜!」



とっても昔。
『メヒコ』というレストランに行きましたら、客席中央にフラミンゴがおりまして。
勿論本物。
その時見た以来だな、フラミンゴ。

まだ あるのかな、メヒコ。




つづく。






G「こんにちは、ひみつ基地諜報部員のMassaガスパールです」
L「同じくMassaリサです。ねぇガスパール、今回行くところは....旭川?」
G「そうなんだ。僕たちの今回のミッションは旭....」
L「分かった!旭川ラーメンを食べに行くのね!」
G「いや、そうじゃないんだ」



気付けば もう10月ですよ。


先週。
また(副業の)仕事放ったらかして、旭川にちょいと行ってきました。
久しぶりの北海道。何年ぶりだろ?
そして初旭川。

何をしに行っていたのかと言うと.....







IMG_2880_convert_20191006195235.jpeg
L「ガスパール見て!ブランケットにクマさんの刺繍があるよ!」
G「北海道では、街中にクマさんが居るのかなぁ?」
L「きっと、道産子さん達はクマさんとお友達なのかもね!」


街中で熊が闊歩していたら。
.......カオスな事になってるよ。


今回利用したAir Doで借りたブランケット。
こういうの、ちびっこに喜ばれそうですね。


そういえば。
リサとガスパールを連れて北海道に行くのも初めてだなぁ。






閑話休題。






IMG_2960_convert_20191006195213.jpeg
G「旭山動物園で『リサとガスパールミュージアム(仮)』のアイディアを得る為に来たんだよ!」
L「あ、そっか!」






つづく。













前にも話しましたが。
あたしの姪孫がペネロペラヴァーでして。






















姪孫の3歳の誕生日の為に描いた絵。
ペネロペが乗っかっているのは、姪と姪孫が大事にしている ぬいぐるみの『ぴ〜ちゃん』。
(皆は『ぴ〜ちゃん』と呼んでるけど、あたしだけ『ぴ〜』と、呼び捨て)


この ぴ〜。
逸話に富む人生(?)を送っていまして。
(その話は 今度じっくりと)









P「あ、ラベイユのキャンディだ!ラベイユのハチミツって やさしい あじで おいしいよね〜」
G「『お給料』でもらったんだ!」
L「私たち、最近お仕事ちゃんとやっていない気がするわ....何だか申し訳ない気分がする....はぁ〜」
P「あれ?いつも げんきなリサが ちょっと おちこんでいるみたい。ガスパール、リサに なにか いったの?」
G「えぇ!?僕、何にも言ってないよ!」
P「リサ、きいろに かがやく ハチミツキャンディ たべて げんき だして」
L「.......きいろ!....はぁ、きいろちゃん」
G「リサ、いつかまた きいろちゃんに会える日が来るよ!」




ラベイユのハチミツ。
優しいお味なので、大好きです。

花や地域によって全然味が違って、面白いですよねハチミツって。


朝食後にパクッと1粒食べ、気合い入れて (副業の)職場に向かいます。


P「リサは きいろちゃんに あえなくて おちこんでいるのね」
L「.....ペネロペの言う通り、キャンディ頂いて 元気にならなきゃね」
P「そうだよ!リサが げんきじゃないと きいろちゃん かなしむと おもうよ」
G「ペネロペ、いい事言うなぁ」
P「ガスパール!ガスパールは リサと『ジュテーム』な かんけいなんでしょ!」
G「えぇ!」
P「ガスパールが はげまして あげないで どうするの!かんしん している ばあいじゃ ないでしょ!」
G「うぅ.....そうだね」


気分が落ち込んだ時に、ラベイユのキャンディ オススメです。



ごちそうさまです











 

プロフィール

Massami

Author:Massami
Massamiとは...「リサとガスパールのひみつ基地 CATASTROPHE!」諜報部員(役職はロケ地調査班長+アート&クラフト班長)リサとガスパール&ペネロペが大好きで、彼等と色んな場所で遊んでいる道楽者。